*All archives* |  *Admin*

2006/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンちゃん、受難。
この頃、ワンちゃん受難のニュースが多くて、そういう話を耳にするたびに悲しみや怒り、受難の原因が人間であることで情けない気持になりため息が出てしまいます。

私が何気ない検索で知った「めぐろのいぬやしき」「CATNAP」同様、受難に遭ったワンちゃんを保護する団体です。そこでもやはり保護される子たちの中にシーズーがいます。シーズーは保護されたときの状態は酷いようで、特に歯のない子、皮膚疾患の子が多いということです。中にはもとの飼い主がブリーダーだったのか、お腹に赤ちゃんがいた状態で遺棄された子がいました。栄養状態も悪く、結局生まれた赤ちゃんのうち1匹は亡くなってしまったそうです。それでも、仔犬は早々に引き取られて行ったそうですが、母犬は高齢だったこともあり(7歳くらい?)中々引き取り手がなかったとか。でも、今は心優しい方の元で幸せに暮らしているそうで、少し太ってしまったようです。こういう話を聞くたびに、そういう子たちを保護して、新たなしっかりした飼い主さんに引き取っていただけるまでに躾けや諸々の世話をしていただいているボランティアの方々には頭が下がる思いです。その方が書いていらしたのですが「仔犬のうちにもらわれていくコたちは辛い思いというのをほとんどしていないけど、成犬になって遺棄されたコたちは辛い思いをたくさんしていて、その分、心のリハビリに時間をかけてあげなければいけない」また、遺棄されたシーズーについても「シーズーは体型、仕草など本当に可愛い。こんなに可愛かったのかと目からウロコ。この子の可愛かったであろう子供の頃を知らないのが残念」。ただただワンコを可愛がるだけでは、そういうことは出来ないなぁと思う今日この頃です。

動物愛護管理法が改正になり、今年の6月から動物の販売、保管、貸し出しなど動物を取り扱う業者は都道府県から登録を受けなければならないことになりました(今までは単に届出だけでよかった)。これは、動物の健康と安全などを守るためということですが、今までよりも詳細に届けを出したり、また管理責任者が定期的に講習を受けなければいけないなどの決まりが設けられたようです。動物の販売に当たってもその動物の特性や状態についての「事前説明」、また買う側からは「顧客による署名」などが必要になるということです。安易に売買をしないということなのでしょうが、これをどれだけの業者が守ってくれることでしょう。欧米ではペットショップなどの店頭には仔犬や仔猫を置かないことになっています。これは動物を衝動買いしないようにするためでもあると思います。日本でもこうなるといいのにとこの頃特に思うようになりました。

いつも思うこと、流行の犬種を作るのはやめて欲しい。流行犬種は乱繁殖のために病気を持って生まれてくるコが多いこと。そういうコたちの行く末も気になります。そんな話を聞くたびに、動物を売買してお金儲けはしたくないと思います。いまどきは、ブリーダーではない一般の飼い主でも、にわかブリーダーになってしまう人が結構いるらしく。近親交配を重ねてしまうので、障害を持って生まれてきてしまうコも多いとか。そんなコたちの行く末もまた気になります。

せっかくこの世に生まれてきたのだから、どのコにも幸せな一生を送らせてあげたい。ワンちゃん受難のニュースを聞くたびに胸が痛む思いでそんなことを考えいます。私には何が出来るのだろう?

スポンサーサイト
疲れましたです(*_*;
今日はパイの病院の日。11時少し前に着くと、何やら今日はいつもにも増して混んでいる雰囲気。パイ坊ちゃんは待っている間、今日は文句が多く(笑)気を紛らわせるために、病院の近くの山手線の線路脇の桜並木を2回もお散歩させてしまいました。病院を出て帰る方向へ歩かせるとすごい勢いでタッタカと歩くくせに、病院へ戻る方向へ歩かせるとチンタラチンタラ。病院の前まで来たら、踏ん張って動かなくなってしまいましたぁ。滅多に文句や不平を言わないパイのささやかな抵抗かな。やっぱり病院は嫌いなのねぇ(;´ー`)┌ 結局待つこと2時間。病院を出る頃にはもう1時をとっくに過ぎてました。

先週の通院から1週間。特に変わったこともなく元気にしてるパイですが、ここ2~3日お尻の辺りをしきりに気にしてる仕草をしてました。特にお尻を擦り付けるわけでもなく、歩いているときにふっと後ろを振り返っては尻尾の辺りを見るということを何度かやっていました。今日診ていただいたら、やはり肛門腺でした。それもかなり溜まっていたそうです(>_<) それと左目の目頭のところが赤く炎症を起こしていて少し腫れている感じだったので、そちらも診ていただいたら、そこだけでなく両方の目尻のところも同じような状態になってました。分泌液が少し出ている状態なので、今のうちにせっせと消毒しておけば大丈夫とのことでした。あとはいつものように点滴をして終了。帰りがけに先生と先日の検査の結果の話を少ししました。

腎臓の検査はBUN単独で見るのではなく、CREやエコーで撮ったものを組み合わせて判断するそうです(この話は以前にも書いたかも。ボケたかなぁ)。BUNは変動が大きいこと、他の影響を受けやすいことなどで単独ではあまりアテに出来ないとのこと。むしろCREの方が正確だそうですが、CREの数値というのは上限、下限の幅のせまいもので、数値として現れてくる頃には腎臓は半分くらいしか機能しなくなっていることになるそうです。また、エコーで腎臓の形がきれいなソラマメから段々変形してくるそうで、腎機能が衰え始めると形がいびつになったり、周りがデコボコになったりするそうで、パイももう腎臓の形はそうなり始めているとのこと。BUNの数値が上昇し始めた時点で腎臓は全体の4分の3以上が機能している状態で、今のパイがそれだそうです。失われた機能はもう元には戻らないので、今の状態をなるべく長く保っていてあげるというのが現在の課題といったところのようです。そんな話をしていて、結局、家へたどり着いたのがほぼ2時。

慌しく昼食を済ませ、夕食の支度、夕方からの授業の準備などであっという間に午後の時間が終わってしまいました。

近所の公立中学は来週は中間テスト。そのため、夜の中学生の授業はいつもより時間延長で、終わったのは9時^^; なんとも長い一日でした。そんなわけで昨日の続きのお話はまた明日にさせていただきますm(__)m

あれこれと。
ここ2日ほど雨の日が続き、肌寒いし鬱陶しいし・・・なんて思っていたら、今日は2日ぶりの秋らしい晴天。でも、日中の気温は27~8℃くらいまで上昇。晴れれば暑いし、雨が降れば寒いしで丁度良い加減というのが分らないんでしょうか(;´ー`)┌

昨日はお昼ころに凄い雨と雷で、一瞬、物凄い音がしたので近いところに落ちたかなぁと思っていたらうちのすぐ裏にある中学校に落ちたそうです。この時もパイは動揺することもなく、ほんの少し落ち着きがない程度でしたが、それも束の間。あっという間にいつものパイに戻ってました。音が聞こえにくいというのは言い換えれば、余計な雑音が聞こえずに穏やかな日々を送れるということですね。

今日はお昼頃、我が家の前を近所のシーズーの女の子「あんずちゃん」が通りかかりました。あんずちゃん、我が家の玄関先がお気に入りで、まるで我が家のワンコのように玄関の前にお座りしては道行く人を眺めています。お母さんが「帰ろう」と言わなければ、一日中でもそこにいそうな雰囲気。ワンコって外をぼーっと眺めているのが好きですね。あんずちゃんは小さい時から皮膚疾患でおとなになっても完治というわけに行かないようです。お母さんもあれこれと色々なことを試しているようで、一番ひどい時から比べたら今は大分軽減されているようです。お耳も風通しが良くなるようにと、いつも両方の耳を一つにゴムで留めてお散歩してます。カイカイが少しでも減るといいね。

それにしてもシーズーは皮膚疾患の子が多いですね。日本の気候が肌に合っていないのでしょうか、それとも元々肌が弱い子たちなのでしょうか。遺棄されたシーズーもほとんどの子が皮膚疾患だそうで、保護されたときはかなり酷い状態なのだとか。シーズーほど飼いやすい犬種はいないと思うのですが、遺棄する人たちは全く逆のようで、被毛の手入れが大変だとか、皮膚が弱く手がかかる、お金もかかるなどの理由で捨ててしまうようです。だったら最初から飼わなければいいのに。ペットショップやブリーダーさんは、飼う前にそこまで説明をして相手がよく理解をしていることを前提に売買をして欲しい。いつも思うことですが、飼う前に飼い主適正検査みたいなのをしてもらえるといいなと思います。この話、長くなるので明日に続きます。
なんか寒い~~(>_<)
今日はお昼少し前から雨が降り出し、夕方頃から大雨。それに寒~い一日でした。辛うじてお散歩には行けました。それに昨日シャンプーしておいて良かったぁ(^_^)v

いまどきの子供は雨でも長靴をはくと習慣がないのか、夕方来た小学6年生の子たちは大雨のせいで下半身ずぶ濡れ。穿いていたジーンズは雨をすっかり吸ってしまって重たくなってしまったし、スニーカー、靴下はびちゃびちゃ。授業中、教室の窓のところに靴下干してました。

そんな中私は銀行に用事があって駅のそばのM銀行(名前がひらがなのあの都市銀行です)まで行ってきました。合併後に支店の数がどんどん減ってしまい、商店街を抜けたところにあった支店も閉鎖になって、駅のそばにキャッシュコーナーだけがあります。とっても不便なんだけどヽ(`⌒´メ)ノ そのキャッシュコーナーもとっても不親切。現金振り込みが出来ないのです。自分の口座からじゃないと振込みできません。要はそこの銀行に口座がある人じゃないと振込みができないということで、他の銀行のお客さんには用はないということなんでしょうね。他の銀行のATMの機械がどうなっているのか知りませんが、そこの銀行の口座がない人は自分の口座がある銀行の支店かATMでなければ出来ないってことなんです。ま、我が家はたまたまそこの銀行に口座があるから、キャッシュカードで振込みが出来ますが。この頃の銀行ってみんなこうなんでしょうか?それに普段、キャッシュコーナーには無人。物騒だし、聞きたいことがあっても誰にも聞けない(ま、分らないことはATMについている電話で聞けばよいのでしょうが)。この頃、人の手を煩わせるとお金がかかる時代になってしまって、なんだかなぁ・・・という感じ(って、私はしょっちゅうこういうことで文句言ってるような気がする)

で、せっかく駅まで来たのだからと、駅の近くにある輸入の食料品を中心に置いてあるお店を覗いてこんなもの買ってきました↓(*^_^*)
えへへへ(^^ゞ

一番上がバタートフィー(ミルクキャラメルをもう少し軟らかくしたようなもの)その下の段の左がリンデンのハーブティー。右はアップルティー。そして一番下がストロベリークリームのビスケット。リンデンのハーブティーは夜よく寝られるようになるらしいです(あ、私の場合そんなもの飲まなくても、布団に入ればバタンキューですけどね)。バタートフィーは甘いけど中々美味しいっす。リンデンのハーブティーは???美味しいとは言えないけど、飲めないこともない^^;そこのお店、中々面白いものがあって、特にお菓子がたくさんあるので、そこへ行くとあれこれと目移りしてしまう私です。う~ん・・・食欲の秋が怖い( ̄▽ ̄;A

う~ん・・・
ネタがない・・・。穏やかな日が過ごせたということで喜ぶべきことなのですが、日記のネタがない。

今日も抜けるような青い空でカラっとした良いお天気でしたね(ネタがない時は天気の話題でも・・・( ̄▽ ̄;) ここのところ急に湿度が低くなって、ワンにはいいのでしょうけど、お肌の曲がり角をとっくに過ぎてもう一回りしてまた戻ってきたようなオバハン(って、どんなんだよ!)には、恐ろしい肌がカサつく季節到来です。ついこの間まで台所の水仕事をしても手荒れするなんてことなかったのに、ここ1週間くらいで一気にガサガサ。指先がひび割れしそうな勢いです。それにお風呂上りに化粧水をサボっているとなんだか顔が突っ張る{{{{(;>_<)}}}} もうあの蒸し暑さは来なくてもいいけど、それにしてもあまりにも極端に肌のカサカサを感じる今日この頃です。

敏感肌(性格は敏感というより鈍感なんだけど)の私は、直接肌につける化粧品は合わないものも結構多くて、香料が強いものやアルコールが入っているものはどうもダメみたいです。肌に密着するファンデーションも苦手。目の周りに塗るアイシャドーとかマスカラとかも刺激があるようで、出来ればあまり使いたくないものなのです。でも、どこへ行くにもすっぴんって訳にも行かず(夫曰く、だ~れもあんたに注目してないと思うから気にすることはない)、電車に乗って出かける時と冠婚葬祭の時などにはお化粧していきますが、帰ってくるとすぐ落とします。

ところがこの頃鏡を見るたびに老けゆく自分の顔に愕然として、やっぱり出かけないときでもお化粧していた方がいいのかなぁと悩む日々です。どなたか、肌に負担のかからなくて、肌がいつも呼吸していられて、かつ顔が多少見栄え良くなるお化粧の仕方ご存知ありませんか~?無理なこと要求してるかしらん?

本日の一枚。本文とは全然関係ないですが(いつものことです)、私がキッチンで料理しながらちょこっと内食してたら、素早く音を嗅ぎつけ『あんた、なんか食べてるでしょ』とじっと見つめるお坊ちゃんです。最近、とっても食べることに貪欲です( ̄▽ ̄;A ま、いいことですけどね^^;

何やってるの~~?


お墓参り
お彼岸ということで本日は実家の菩提寺へ墓参り。我が家からも近いところにあるので今日はパイも一緒です。さすがにお寺の多いところなので、狭い歩道をお花を抱えた人がゾロゾロ。いつも閑散としているお寺も今日はお墓参りの人たちで賑わって(?)いました。ご先祖様たち、お墓の中でその賑わいを楽しんでいたでしょうか。

お墓参りを済ませ実家へ寄りました。父が亡くなってから誰もいない実家へはとんと足が向かなくなり、訪れたのは1年ぶりくらいかも。兄夫婦が少しずつ家の中を片付けており、4月の法事の時に欲しいものがあったら持っていくようにと言われていました。父が具合の悪かったときに週末、パイを連れて泊まっていたことがあり、その時に使ったものなどもそのままになっていたので、それも持って帰ってこなくてはと思ってました。

今はもう誰も住んでいない家なので、鍵を開けて中に入ると、なんとなくカビ臭いような埃臭いようなそんなニオイがしました。パイのオシ○コシートも袋に入ったまま置いてあったので一枚出して敷いてみたら、クンクンしながらシートの上でさっそくオシ○コしてました(*^_^*)夫とあれこれチェックしながら、結局もらってきたのは来客用の布団一式、湯のみ(お墓にお水をお供えする時に、慣れたものの方がいいかなと思い)、それから父が使っていたであろう、ぐい飲み。2階のかつて私が使っていた部屋に置いてあった母の扇子。夏の暑い時期に扇子を買おうと思いつつ、とうとう買いそびれてしまったので(今さら必要ないかもしれないですが)。

帰ろうと思って外へ出ると、お向かいのリブちゃん(柴犬の女の子)が尻尾フリフリ私たちの方へ。我が家を改築する時に、実家に何ヶ月か居候していたのでリブちゃんとは仲良し(あ、パイではなく私がです)。いつも実家へ行くとリブちゃんちの前を通っていくので、リブちゃん、私の姿を素早く見つけてはお部屋の中をくるくると廻ってまるで「あ、○○ちゃんが来た~!」と言っているかのように大騒ぎしているとお向かいのお家の長男の○○ちゃん(と言っても、もう60歳を過ぎてる白髪頭のおっさんですが、昔からそう呼んでいたので)が言ってました。可愛かったリブちゃんももう10歳。まだまだ元気ですが、お顔に少~し白いものが目立ってきたかな。リブちゃん、覚えていてくれてありがとうね(^・^)

親がいなくなってしまうと中々実家へ行かなくなりますが、それでも、実家がなくなってしまうことを思うと一抹の寂しさがあります。でも、不思議なもので自分が昔住んでいた家なのに、実家にいるとなんとなく落ち着かない。今の自分の家に帰ってくると「やっぱり我が家はいいなぁ・・・」などと思ってしまいます。実家で暮らした日々の方がまだまだ長いのに、不思議な感覚ですね。

で、本日の一枚。本文とは全然関係ないですが、パイの可愛い~寝姿を撮ったつもりが起きてましたぁ。それもとっても迷惑顔。
あ、また写真撮ってる!


病院でしたぁ。
今日はパイの病院の日。この1週間、パイは特に変わりなく元気に過ごしてます。皮膚も足のパッドの部分が少し赤くなっていますが、そこ以外は特にひどくなっているところもなく大丈夫のようでした。いつもは目や耳の炎症、お腹の具合など他に診てもらうところがあり、そのためにお薬を頂いたりで支払いもそれなりに加算されていくのですが、久々に点滴以外何もない日でした。

明日は祝日なので病院はお休み。そんなこともあり混んでました((+_+))10時過ぎに家を出て、結局帰ってきたのが1時頃。パイも私も疲れました。でも、真夏と違って吹く風も爽やか。今日は日差しもきつくなく、カラっとしてとても気分のいい日でした。やっと夏も終わり、秋の到来ですね。病院の行き帰り、あちこちで金木犀の香りが漂ってました。これから初冬までのほんの何ヶ月間か、ワンちゃんにはお散歩日和のいい季節が続きますね。パイも暑かった夏をどうにか乗り越えてくれました。人間もワンコも食欲の秋。しっかりと食べて、体力をつけ寒い冬に備えましょうね。

そうそう、今日の病院はなぜかアメコカの日。待合室に3匹。外に1匹の計4匹もいました。とっても人懐こいコ、ワンコにも人間にも無関心で、ひたすら飼い主さんの足元で寝てるコ。はたまた、どんなワンコにも吠えかかるので、待合室では待てずに外で待ってるコ。当たり前ですが、同じ種類でもそれぞれですね。
秋ですねぇ。
昨日のフィラリアのお薬の話でふと思い出したのが20数年前のお話。

その頃、一番最初に勤めた会社から転職しようとあちこちの会社に面接に行ってました。そのうちの一つでドイツの医薬品会社(○イエルという名前で、アスピリンとかで有名かも)に行ったことがありました。元々は人間の医薬品の会社ですが、その頃、動物用の医薬品部門を日本で発足することになったので人材を募集しているということでした。面接したのは3人のドイツ人。待遇面では(お給料とか勤務時間、休暇など)良かったのですが、勤務地が少し遠かったこと、これから立ち上げる部門だったので、多分すごく忙しくなるだろうということで、その時すでに結婚することが決まっていた私としては、残業時間が多くなることも少し不安でした。それと、一緒に仕事をしていくのが面接をしたドイツ人3人。面接で会っただけでは分りませんが、「ドイツ人=暗い」というイメージが私の中にあって、結局そこの会社はお断りしました。

それから何年か後にワンコと一緒に暮らすなどその頃は想像もしてなかったことで、もしその会社に勤めていたらパイは我が家の子になっていたかなぁ・・・なんて、今でもその会社の名前を見るたびに思い出します。

ちなみに、今日ネットで検索してみたら人間用の医薬品会社の傘下ではあるものの、もう独立した会社になっており場所も引っ越してました。その頃は人間用の医薬品の会社と同じビルの隅っこを借りているような感じだったので、ペットブームというのもあるでしょうけど、成長したんだなぁと感慨深かったです。

この頃、昔のことをよく思い出す私。ひょっとして年とったかな。それとも本格的な秋になってちょっとセンチメンタルになっているのか?

パイは昨日に比べたら少し元気になったようです。でも、まだイマイチという感じなので、今日は足と尻尾だけシャンプー。足のパッドの赤味はまだ残っているし、シャンプーをサボっているとパッドの伸びた毛に分泌物がくっついてたりしてます((+_+))
原因は?
今日のパイ、なんだか一日中デレデレ、ゴロゴロ。ま、デレデレ、ゴロゴロはいつもそうなんですが、いつもとちょっと違うのです。メリハリがないというか、何というか・・・。でも、ゴハンはしっかりと食べてます。なんだろうなぁとあれこれと思いを巡らせて、ふと気がついたのが、フィラリア。昨日はフィラリアのお薬を飲ませたのでした。中途半端な日でしょ?本当は毎月15日なのですが、その日はちょうど山の家に行く日だったので、具合が悪くなっても困るしと思い、帰ってから飲ませることにしてました。1週間くらいだったらズレても大丈夫と言われていたので。いつも気のせいかなぁと思ってはいるのですが、どうもフィラリアのお薬を飲んだ次の日はなんだか元気がないような気がするのです。

フィラリアのお薬が合わない子もいるらしく、下痢をしたり吐いたりするそうです。そんなときは病院で別のフィラリアのお薬と変えてもらうといいそうですが、パイはそういうことは今までなかったものの、以前の病院で頂いていたチュアブルタイプのフィラリアでも同じように飲んだ次の日はだるそうにしてました。やはりお薬そのものが強いのでしょうか。

フィラリアのお薬、今のように1ヶ月に1度飲ませるタイプのものが開発される前は、夏の何ヶ月間は毎日飲まないといけないというお薬だったようで、飲み忘れると大変だったそうです。今のように1ヶ月に1度になってから、飼い主の負担がかなり軽減されたとか。以前にも書いたかもしれないですが、1ヶ月に1度飲んでも、お薬が1ヶ月間ずっと効いているのではなく、それを飲んだときにだけ効いて心臓にフィラリアの幼虫がいた場合に殺してくれるというものです。卵から幼虫になるまでに1ヶ月かかるので、1ヶ月に1度飲めば有効ではないかということです。

フィラリアのお薬は飲んでいても、不幸にしてフィラリアにかかってしまうことがあるということで100%安心ということではないようです。だから、毎年フィラリアのお薬を飲む前の血液検査、大事ですね。今ではどこの病院でも必ずやってくれるでしょうけど、パイが以前行っていた病院の先生は必要ないと言ってやってくれませんでした。心臓の中でミクロフィラリアが大きく育っている場合、フィラリア予防のお薬を飲ませるとショック死することがあるので、事前の検査は必ずすることと本で読んだ覚えがあったので、先生にお願いして血液検査をやってもらっていました。今、考えるといい加減な先生だったのかなぁなんて思うこともあります。何を根拠に事前の血液検査が必要ないなんて言ってたのでしょうね。

ま、そんな訳で(話が長くなってしまいましたが)多分明日になったらきっと元気になってくれると思います。

ウシシシ~
何が「ウシシシ~」かって、大したことじゃないんですよ。↓の写真なんです。ワンコがこうやって後足の肉球の裏を出してペタってフセ状態になってる姿がとっても好きで、大急ぎで撮った写真です。

こういう体勢になっていても、肉球の裏を出してフセをしているのって中々ないのです(パイの場合)。この後もすぐ足を引っ込めてしまい、肉球の裏をコチョコチョが出来ませんでしたぁ( ̄▽ ̄;)
おちりの辺りがでっぷりになったかな?


皆さんのおうちのワンコのどんな格好、仕草が好きですか?どんな格好も可愛いけど←超親ばか発言、↑の格好とか、おもちゃを両前足で押さえてカミカミしているところ、前足で「ねぇねぇ」という感じでちょっかいを出すところ等々、それぞれの格好を見ては目尻を下げてニンマリしてしまう私です。

大した話じゃなかったでしょ(笑)

本日・・・
本日、下山してまいりましたぁ。山はひんやりとしていて、着いた日は日中でも20℃に届かず、夜になると更に冷えて暖房が欲しいくらいでした。パイにも一枚タンクトップを着せて置きましたが、それで丁度良かったかも。夜の寒いだろうと思い、バスタオルを掛けてあげましたが、さすがにそれは暑かったらしく、夜中に移動しながら、バスタオルを剥いでました。

今回畑仕事がメインのような感じでさすがの私も腕が筋肉痛で、腰は痛いしで、つくづく畑仕事は大変だわいと感じました。野菜作り、手間がかかる割には見返りが少ない、自然相手の仕事だから天候に左右されることも多く、収入の面で不安定なこともあるだろうし、後継者が育たないのも分るような気がします。有機農法も体にはいい野菜ができますが、その分、手間がかかるからどうしても高くなってしまうのは仕方ないのかなと畑仕事をやるようになってから理解できるようになりました。田舎暮らし、決して楽ではないですよ~ん。

本日、ちょこっと疲れ気味なので、これにて失礼いたしますm(__)m

明日はまたまた山のような洗濯物と格闘予定の洗濯ババアです。お天気どうかなぁ?

パイ坊ちゃんはお疲れ気味ですが、ゴハンだけはしっかりと頂いております。明日は一日ゴロゴロ予定だと思います(ってかいつもだけど)(笑)
今日もボクだよん。
今日もお母さんはバタバタと忙しいので、ボクが日記担当です。

今日は久しぶりに雨も上がってカラっとしたお天気だったので、お母さんとお散歩に行ってきました。ボクはこの頃、お散歩に出てなかったので、今日はウォームアップとかであまり歩かなかったんだ。ボク、今日はやる気まんまんで歩きたかったのに、お母さんから「今日は足慣らしだから、あんまり歩かなくていいんだよ」って言われちゃった。ま、これから涼しくなったらたくさん行けるしね。

そうそう、この頃ね、お母さんとお父さんはボクに「ねぇねぇ、パイ~シーズーのもくちゃんって知ってる?」って聞くんだよ。お父さんなんか「もくちゃん、うちの子にしてもいい?」なんて聞いてくる。ボク、もくちゃんなんて知らないし、うちの子になるなんてお母さんは言ってなかったよ。でも、お母さんも「お父さん、もくちゃんをうちの子にするなんて言ってるけど、パイはどう?いやだよね?」う~ん、ボクは今の生活、とっても満足してるし、幸せだよ。新しい子がきたらお父さんとお母さんをその子に取られちゃうかもしれないから、ちょっとやだなぁ・・・。って、ちょっと心配なボクです。

明日の朝からお父さんとお母さんと一緒にお山へ行ってきます。お山はきっと寒いだろうからって、お母さんはボクの洋服をバッグの中にたくさん入れてました。ボク、体一つしかないんだから、そんなに持っていかなくてもいいような気がするんだけどなぁ・・・。
何か用ですかぁ~~?



病院に行ってきました。
今日は病院の日。血液検査のためにパイは朝食抜き。昨日は手術の日で一般の診療はお休み。明日から病院は3連休なのでいつもより混むだろうと思い、まず私だけ行って診察券を出して受付を済ませてから一旦家に帰りパイを連れて行きました。

病院に着くと座る場所がないほど混んでいたのですが、先に受付しておいたのですぐに順番がきました。採血してから点滴へ。気になる検査の結果ですが、2週間前よりも下がっていてBUN26.4になっていました\(^o^)/ 2週間前は36.6という高い数値だったので、10くらい下がっていることになるのですが、理由ははっきり分らないそうです。夏場だったら水分摂取が足りない、下痢、嘔吐で脱水状態になったり、検査前日に肉類をたくさん食べると次の日にBUNが上がるなど、色々の要因があるようで、元々変動が激しい数値だそうです。なので、その他の腎臓の状態を表すリンやクレアチニンは前回と変わらずということで今のところはそれほど心配はいらないそうです。ただ、エコーで見たように腎臓の形がもう正常ではないので、やはり機能が落ちていることには変わりはなく、今の点滴は続けていかないといけないそうです。

また、食事についても相談しましたが、腎臓の場合 1.点滴、2.投薬 3.食事 の順で効果があるそうで、今パイは1と2実施しているので、それに3を加えてもあまり効果はないかもしれないとのこと。動物性たんぱく質はなるべく少なくする方がいいけど、たんぱく質を全然摂取しないというのも栄養的には問題とのことでした。また、腎臓用の療法食はたんぱく質、リンが抑えてあるものの、リンに代わるものとして脂質が多くなっているのでカロリーが高めになっているとのこと。パイが食べている缶詰は腸が弱い子用プラスウエイトコントロールにもなっているので、脂質そのものも少なくカロリーが低くなるように作られています。どこのメーカーも大腸炎用のものはウエイトコントロールにもなっているので、長年そういう缶詰を食べてきたパイにとってはここで脂質の多いものに変えると途端にお腹を壊すことにもなるし、嗜好性の問題も出てきます。ということで、今、療法食を変えてもあまりメリットがないかもしれない。予防の意味で早くから療法食を食べさせるというのであればそれなりに効果はあるかもしれないけど、治療をするようになってからでは大きな効果は期待できないとのことでした。そんな訳でここのところ食べることが楽しみになってきたパイにとっては、美味しいと思って食べてくれている今の食事の方がいいということでしょう。ちなみにリンが含まれている食品は卵、魚、肉、海藻類、乳製品、胡麻、などだそうで、骨を形成するのに重要なミネラルで不足するとクル病になったりするそうですが、今は色々な食品に入っているので(コンビニ弁当やポテトチップスなどあらゆるもの)摂取不足よりも摂りすぎの方が問題のようです。

そんなこんなで終わってしまった一日。今日は疲れましたぁ。
パイだよ~。
今日はボクが日記担当です。とっても寒い日だったけど、ワンコのみんなは元気にしてるかなぁ~~?お母さんは今日は寒いからってボクにタンクトップ着せてくれたんだけど、それがね、ブタさんのイラストが描いてあるんだ。そのイラストのブタさん、「Boo Boo」って鳴いてるんだ。お母さん、ボクがこの頃おデブになったからぴったりだって言うんだよ。とっても失礼だよね(-d-)# プンプン!ボクが人間の言葉をしゃべれたら「自分はどうなんだよ!」って言ってやりたいよ。

お母さん、今日はお鼻の具合が悪くてクシャミをクシュン、クシュン、鼻水ダラダラなんだ。頭も痛いんだって。だから、今日はボクがお母さんの代わりに日記書いているんだけどね。それでね、本当は今日、ボクはシャンプーされるはずだったらしいんだ。でも、急に寒くなったし、明日は病院だし(また朝ごはん食べられないらしい(;_;)、お母さんもお鼻が調子悪くてシャンプーしている間にハナタレ小僧(小僧というよりはババアだと思うけどね)になっちゃうからって、今日は中止。へへへ、ラッキー(^_^)v ボク、シャンプー嫌いだもんね~。助かったぁ~。ブタさんのタンクトップ着て寝てるボクだよん。
写真撮るなよ!


背中向けて寝ちゃうもんね~


ハスキー相手に・・・
朝から雨の鬱陶しいお天気。涼しくなってきたので足慣らしのために短いお散歩に連れていこうかなと思っているのに雨ばっかり。涼しいとパイの動きも違うようで、この頃はゴハンのあとハスキー相手に遊んでみたり、廊下をバタバタ走ったりしてます。今朝もゴハンを食べたあとにころがっているハスキーをブルンブルンと引っ張りまわしていたので、動画を撮ろうとカメラを向けたら途端に固まってしまいました。カメラを段々と近づけていくと、ゆーっくりと顔をそむけます。その仕草、可笑しいので見てやってください(うぎゃ、今回もパイの襖街道バッチリ)



結局、カメラで撮られているので、ハスキーと遊ぶのも一時休止。いつからこんなにカメラ嫌いになったのかしら。呼んでもまともにカメラの方を見ないから、こんな写真ばっかり<(; ^ ー^)
写真撮らないで~~


このやる気のないモデルをなんとかしようと悪戦苦闘(でもないけど)結局、「兵どもが夢のあと」みたいな写真しか撮れずに撮影会は仕方なく終了。逆さになっているハスキーいと哀れなりぃ~~(;_;)
キティちゃんもうなだれる・・・


あ、そうそう、365カレンダーのシーズーは目標達成しました。これで来年もたくさんのお友達に会えます。皆さん、ご協力感謝ですm(__)m


あぢぃ~~~!
はぁ~今日はなんと暑い一日だったのでしょ。空は秋なんだけど、なんだか蒸し暑い一日でした(最高気温33℃とかって言ってたような・・・)。いつになったら爽やかな秋になるんでしょうね~。さっき天気予報を見ていたら、秋雨前線が来て残暑が収まるのは月曜日とか?ほんとかなぁ・・・?

夕方買い物に出たときに途中で携帯電話を忘れたのに気がついたのですが、ま、買い物だからいいかと。買い物途中に夫に電話して、「あれ、いる?これ、いる?」だのと聞くこともあるけど、今日はほんの少しの買い物ですぐ終わるから・・・なんて思っていたのですが、結局、やっぱり家に電話をする用事が出来て、公衆電話を探すことに。この頃は携帯電話の普及で街に公衆電話(緑色の電話や電話ボックス)が極端に少なくなったような気がします。買い物に行くときにいつも通る病院の前に公衆電話があったのを思い出したので、そこへ行きました。受話器(重かったぁ)を手に持ち、ボタンを押すのに、無意識のうちに03(東京の市外局番)から始めてました(^^ゞ

本日の日記のネタにしようと我が家のお坊ちゃまの何気ないショットを撮ろうと思っているのに、相変わらずいいお顔をしてくれませ~ん。カメラを向けると見事に顔をそむけてこんな感じに↓
知らないよ~~!


で、もういっちょう、とってもわざとらしい顔のそむけかた。
ふん!


↓のボケボケ写真は私が昼寝をしているときにパイが私を起こしにきたところを夫が携帯で撮りました。私の頭のあたりをクンクンしているパイの鼻息で起こされました。いえいえウソです。本当はその前に目が覚めていて、でも、ウトウトしていたのですが。小さい頃は寝ている私の髪の毛を引っ張ったりしていたのですが、おとなになったらいつの間にかそれはやらなくなりました。あ、私の逞しい腕は見なかったことにしてくださいね~ヽ(´▽`)ノ
起きろ~!



無事終了!
法事無事終了で、ほっと一息。

今朝はパイを焦らせないために6時少し前に起きて、ゆったりとした朝を過ごしました。6時半ころに夫と2人朝食を食べていたら、いつもはまだ寝ているパイなのに、今日は起きて私と夫の間にお座りして、熱い視線でゴハンの催促。ん?こんな時間に食べるの?と慌ててゴハンを用意したらペロリと完食。朝ゴハンを食べてくれるかなと心配していたので「パイは今日私たちが出かけるのが分るんだ~。エライね~。頭いいね~。いい子だね~。」と夫と2人で親バカ夫婦でした。ゴハン後、留守中目薬を点すことができないので、いつも夜寝る前に入れてる人工涙液の軟膏を入れたり、お耳掃除をしたりして、出かける準備万端。私たちが家を出るときは自分はお留守番しなきゃいけないことに気がついたらしく、ちょっと慌てていました。

我が家のお墓は神奈川県の相模原の霊園にあります。道が空いているときでさえ1時間半くらいかかるので、11時からの法事に間に合うようにと余裕を持って8時に家を出ました。結局都内がすご~く混んでいて、東京を抜けるのに1時間半ほどかかってしまい、霊園に着いたのはぎりぎりの10時半過ぎ。無事法事を終え、会食も済んで、挨拶もそこそこに東京へ。途中、都内に住む甥を送っていき、家にたどり着いたのが5時でした。ぴったり9時間のお留守番。

玄関の鍵をそーっと開けて、恐る恐る2階への階段を昇っていくと、廊下と階段のの境目につけてあるゲートの隙間からパイの鼻が見えました(^_^) 私がドアを開けた音が聞こえたらしく、クンクンニオイを嗅いで、鼻で私の行方を追っていたようでした。廊下で大騒ぎの大歓迎。廊下の端にあるパイのトイレには長いお留守番の時にはいつものシートを2枚並べて大きさを倍にしておいていきます。今日は左半分にはオシ○コ、右半分にはウ○チときれいに分かれてしてありました。ウ○チもいたずらした形跡も足で踏ん付けた形跡もなく、ほっと一安心。パイ、長いお留守番、お疲れさん。お蔭で無事に法事が済んだよ~。


バタバタ~~~ε≡ε≡ε≡
本日朝から明日の法事のことでバタバタしております。買い物も雨が降ったり止んだりで傘を持って歩くものだから、思うように荷物が持てなくて、商店街と家を2往復もしちゃったし・・・。腕、逞しくなったかも?

で、夜の中学生の授業も悲惨。先週から来ている新入生(中一)がいて、この子が1学期の後半になって英語がどうも怪しくなってきたようで慌てて勉強する気になったらしい。やる気はあるんだけど、かなり理解できていないようで、今後のことを考えると頭が痛いっす・・・。他の子たちより30分早くきて勉強して、授業が終わってもまだ残ってやってます。今日も40分オーバー。その子だけには物凄い量の宿題を出したのだけど、大丈夫かなぁ・・・。救いは本人のやる気。そのやる気をいい方向に持っていってあげないと。頑張ろう!

今日のパイさん、昨日の疲れが尾を引いているようで、朝からデレデレしてました。でも、相変わらず食欲は旺盛。寝ていても、私がゴハンの支度をしてテーブルまで持ってくると、むくっと起き上がってダイニングテーブルの下から出てきて、伸びをしてました。食べる前のウォームアップでしょうか?昨日の検査の結果でちょっと凹んでいた私でしたが、パイも頑張っているんだよなぁと思ったら、私が凹んでいる場合ではないわっ!気合だぁ~~!と自分に喝を入れました。と言いながらもまたヘナヘナ~~となることはあるでしょうから、そんなときはぜひ「そんなことでどーするんだぁ~~!」と一喝してくださいね。お願いしますm(__)m

明日、パイにはやっぱりお留守番をお願いすることになりそうです。明日は今日みたいに、変わり易いお天気で雨も突然降ってくるし、蒸し暑い一日になりそうです。長い時間になりそうですが、なんとか頑張ってお留守番よろしくね、パイ(^_-)-☆

そうそう、それから先日の血液検査の項目で心不全などが進行している時に心臓から産出されるホルモンはhANP(心房性ナトリウム利尿ペプチド)と呼ばれるもので、心筋に対する負荷を判定するものだそうです(腎不全が進行する時にもこのホルモンの量が増える)。このhANPの数値も正常値でした。
行ってきました、病院へ。
本当は明日の金曜日にしようかと思っていたのですが、土曜日に私たちが出かけないといけないし、お留守番にしても、一緒に出かけるにしても疲れていては可哀相なので、一日早くしました。

病院は混んでいてかなり待ち、結局午前中一番最後になってしまいました。気になっていたエコーの結果ですが、心臓、胆嚢、肝臓は前回と特に変わっていなかったのですが、やはり腎臓の状態が前回に比べると少し進んでいるようで(腎不全に向かって進んでいるという意味です)、先週の血液検査の結果を裏付けたことになりました。腎臓は1度働きが悪くなるとそれ以上良くなるということはないので、今後も腎臓の働きを助けてあげながら行くしかないようです。4月まではずっとBUN20台をキープしていてとてもいい状態だったので、大丈夫かなとは思っていたのですが、先週の36.6という数字はやはり間違いでも、突発的なものでもなかったようで(心の中で、それを少し期待していた部分はあったので)、ちょっと凹みました。いつかはそういう日が来ると自分でそれなりに覚悟はしておかないとと思うのですが、やはり現実を突きつけられると凹むものですね。今後どの位のスピードで腎不全に向かって進んでいくのかは分りませんが、なるべくゆっくりと進んでいってくれるように願うばかりです。来週もう一度血液検査をしてとりあえずの結論が出ることと思います。

心臓も肝臓も現状維持でまあまあの状態だったので、ちょっと残念ではありますが、逆に言えば、現状維持で悪くなっていなくて良かったと思います。腎臓が悪くなり始めているのに、更にその他の臓器もということだったら、今よりもっと落ち込んでしまうかもしれないし・・・。そんなわけでなんとなく複雑な思いで帰ってきましたが、お蔭さまでパイは元気です。月曜日に嘔吐したこともすっかり忘れて、食欲旺盛。帰宅してからも疲れているだろうに、オヤツ(山羊ミルクボーロと乾燥リンゴ)を食べて、只今、私の足元で爆睡中です。

今日は朝、病院に電話をして様子を聞いたら、それほど混んでないといわれたので大急ぎで行ったのですが、病院に着いてみたらいつもの通りの混み具合になってましたぁ(;´ー`)┌ それに、新患の具合の悪い猫ちゃんがいて、その子にかなり時間がかかっていました。飼い主さんに聞くと、15~6歳で、もうあちこち悪いのだけど、今まで行っていた獣医さんがいい加減な人で、ある程度の年なんだからもう仕方がないで全て済ませてしまい、ろくな治療も検査もしなかったようです。年だから仕方ないのは分るけど、自分が出来ることはしてあげたいし、自分が納得した治療をして欲しいと言ってました。
元気になりつつあります。
お蔭さまで今日も嘔吐は落ち着いているようでした。今日は涼しかったせいか、いつもに比べると動きも良く、ゴハンもしっかりと食べました。東京は雨模様の一日でしたが、今日は足と尻尾だけシャンプーしました。

足のパッドの間と指の間はすぐ脂っぽくなると言われて以来、足を洗ったり、洗えないときはアルコール入りの消毒液で拭いたりしています。先週、美容院に行ったときも、足が脂っぽいと病院で言われたと話したら、トリマーさん、足のパッドの間に指を入れて「あ、ほんとだ、脂が溜まっているわ」と言ってました。それ以来、私もそうやってパッドの間に指を入れてチェックしてます。やはり、あの足のニオイはその脂のニオイのようです。

ところで昨日から夫と私の間の話にしばしば登場するのが、CATNAP(殺処分になる前のワンちゃん、ネコちゃんを保護する団体です)によって保護され今は一時預かりされている杢くんです(預かり日記「はじめのいっぽ」はこちらです。)。杢くんを飼ってあげたいけど、15歳という年齢になったパイのことを考えると、それはやはり無理だろうと諦めています。ただ、杢くんがこの先幸せな犬生を送れるように早く飼い主さんが見つかって欲しいと願うばかりです。

今日の一枚。シャンプーが終わってほっと一息。オヤツをもらっているパイです。嘔吐をした一昨日と違って、今日はオヤツを見ると目がキラ~ン。目がオヤツを追ってます。早く気候が安定して快適な毎日が過ごせますように。
オヤツ~~♪


とりあえず・・・
パイのゲーは今のところ治まっています。食欲もいつもの勢いはないものの、用意して出せば食べています。一日中寝ているのはいつもと同じですが、起きているときにどうも覇気がないかなぁ・・・なんて思っていたら、夕ゴハンを食べたあと珍しくハスキーを相手に遊んでました。でも、この頃、遊んでいても長続きはしないので、あっという間に終了。今はもう横になって寝ています。このまま落ち着いてくれるといいのですが。

今週の土曜日は姑、舅のそれぞれ17回忌、13回忌で、私たちは朝早く家を出て帰ってくるのは夕方。法事なので当然パイにはお留守番してもらわないとならず、ちょっと心配です。以前は近所に預かってくれる方がいたのですが、今は引越ししてしまいました。10時間くらいのお留守番になると思うので、義姉たちも「パイちゃんどうするの?」と聞いてくれました。夫は、一番上の義姉がお墓にも近いところに住んでいるので、義姉のうちまで連れていってそこでお留守番させてはどうかと言ってますが(その方が1人でいる時間が短くて済むので)、私は、慣れない義姉のうちで1人でお留守番も不安ではないかと思うのです。はぁ~、どっちがいいのでしょうね。ここのところ、それでずっと悩んでます。

そうそう、それから同じ犬種が集まって作るカレンダー。シーズーがまだ目標に達成していません。この日記を読む方は皆さんご存知かとは思いますが、まだの方、ぜひぜひ登録してシーズーカレンダーを一緒に作りませんか?サイトはこちらです。

今日の一枚。本文とは全然関係ないですが、背中合わせに寝る父と子です。なぜかこの2人、いつもこういう寝方をしています。付かず離れずと言ったところでしょうか?
(~-~)...zzzZZZ乙乙乙



あちゃ~(>_<)
今朝もいつものように私が起きると一緒に起きて来ては、またテーブルの下で寝ていたのに、その後なぜか部屋の中をウロウロ。キッチンにまで行ってウロチョロしているので、ゴハンかなぁと思い、慌てて朝ゴハンを用意していたら、テーブルの下で体が大きく波打っている・・・あちゃ~(>_<) その場でゲーしちゃいました。吐いたのは黄色の胃液。ウロチョロしていたのは気持悪かったのね。とりあえずパイの顔を拭いてから、ゲーをしてしまったところのタイルカーペットだけ剥がして洗いました。さすがに食欲はないようで、作ったゴハンにも見向きもせずにそのまま寝てしまいました。吐いて少しはすっきりしたのでしょうか。元気もない様子なので、そのままお昼くらいまで寝かせておきました。

お昼、私がご飯を食べようとテーブルにつくと、ふと顔を上げました。試しに、「パイ、ゴハン食べる?」と聞いても反応なし。朝ゴハン用に茹でたササミを鼻先に持っていくと、クンクンして私が持っていた小さなかけらを食べました。もっと食べるかなとあげると、また食べる・・・そんなことを何回か繰り返したので、小さなお皿にササミと茹でたスープを入れて出すと、スープをゴクゴク飲み、ササミを食べました。そうやって少しずつあげていき、結局、缶詰をいつもの3分の1、ササミを半分食べました。もう少し食べたそうだったのですが、お腹の具合が元に戻ってないかもしれないので、お昼はそれで止めておきました。

その後はやはりだるそうに一日中寝ていました。先週の検査の結果の腎臓の数値のことが気になっていたので、もしこのまま嘔吐が続くようなら午後病院へ連れて行こうかなと思っていましたが、一応お腹は落ち着いているようなので明日一日様子を見ることにしました。

ここのところ朝晩、急に冷たい風が吹くようになった割には昼間は結構暑いので、体がついていかないのかなぁ?それとも夏の疲れが出てきたかしら?

夜のゴハンはいつものように食べましたが、何となくだるそうな感じです。明日はもう少し元気になってくれているといいのだけど・・・。

イライラ・・・
何がイライラって大したことじゃないんですが、今日、朝食の納豆を用意している時に、パックの中に一緒に入っているたれの袋を切ろうとしてイライラ。ちょっと前からよくある「マジックカット」というもの。袋の端っこに小さいく「こちら側のどこからでも切れます」って書いてありますよね。どうも私はあのマジックカットが不得意で結構な割合で切るのに失敗します。あれは1度切るのに失敗すると、あとが中々うまくいかないのです(これって私だけかしら?)。

で、そんなことを考えていたら最近、台所回りでこの種のイライラが多いことに気がつきました。ペットボトルをリサイクルに出すときに、ラベルを剥がして洗いますが、ラベルはほとんどのものが点線が真ん中あたりにあって、そこから切れという意味なのですが、これがどのラベルも中々その切り取り線からきれいに剥がれなくて、結局はいつもハサミで切ってます。また、お酢などのビンのふたも同じ。キャップを取り外してきれいに洗ってリサイクルに出すのですが、このキャップも一応取り外しやすいようにと線が入っているのですが、これをきれいに取るには結構な力とコツが入るみたいで、私は半分くらいの確率でいつも失敗。そのたびに自分が不器用なのかと思ってしまいます。

ふと、もっと年をとって非力になったらもっと大変になると思うのだけど、それを作る企業はそういうことはあまり考えていないのかしら?

って、まあどうでもいい話ですけどね(^_-)-☆ 
犬それぞれ。
昨日の病院での出来事。パイが検査している間にチワワがキャリーバッグに入ってやってきました。受付を済ませて待合室にいる間、ずっとそのキャリーバッグに入っておとなしく床の上に。その後、問診も終わり看護師さんが迎えにきたとたんに凄い勢いで歯を剥き出して、鼻に皺をよせ唸り始めて看護師さんにガンつけてる。飼い主さんが叱っても全く聞いちゃいない。看護師さんが抱っこしようと手を出したら、噛み付きそうな勢いでした(本当にそうなりそうな感じ)。その間、そのチワワはずっと飼い主さんの膝の上にいたので、看護師さんが「床に降ろしてください」と言って引き綱を持ったら抵抗して動かない。でも、まあチワワなのであっという間にお座り状態のまま診察室までズルズルと引きずられていきました。まるで床掃除をしているみたいで、待合室にいた人全員、その光景を見て大笑い。

診察室でも「ウギャウギャ~~、ワンワン」と大騒ぎ。先生が「イケナイ!」と何度も叱ってました。

その後診察が終わって待合室に戻ってきてまたキャリーバッグの中に入っていたのですが、別の患者さんの問診をしていた先生に噛み付こうとしてました。不意打ちをくらって先生はびっくり。

一概に犬種の違いで性格を決めることはできませんが、シーズーでそんな凶暴な子に出会ったことはないので、やはり犬種からくる性格というのはあるかなぁと思った光景でした。

そうそう、それにワンちゃんは飼い主に似るような気がします。義姉のところで飼っていたシーズーはお散歩中に嫌いな子に会うと吠える、訪問者には吠える・・・とよく吠える子でした。女の子で体型もパイよりも小さかったので吠える声が甲高い。夫がある日「姉さんにそっくりだ」とぼそっと言ったことがありました。

パイのぼーっとしたところは私似?
今日は病院の日。
今日はパイお坊ちゃんの病院の日でした。実は先週病院に行ったときに、体調も良さそうだし、耳や肌の状態もいいのでステロイドを切って2週間経過しているということで、9月末に予定している検査を少し早めて今週にしてはどうかと言われてました。今週1週間様子を見たところ体調が良さそうだったので、今日検査をすることにして今朝は朝食抜きで行ってきました。フル検査なので、血液、心電図、エコー、レントゲンの予定でした。でも、今日は採血で時間がかかり、レントゲンでかなりイヤイヤをしたらしく、これ以上はやらない方がいいとの判断でエコーは来週に持ち越すことになりました。

心電図、レントゲンは特に前回とかわりなかったようですが、脾臓が少し腫れているかもしれないとのこと。ところが角度を変えて写すと腫れが見えないので、これは来週エコーをとれば分るようです。

気になる血液検査の結果ですが、肝臓の数値が非常に良くなっていて、コレステロール値など全て正常範囲内。ところが一つだけ、気になるものが・・・腎臓の数値(BUN)が36.6ml/dlと3月(28.4 正常値は29.2)に比べると高くなっていました。その他の腎臓疾患の値を示すクレアチニン、リン、ナトリウムなどは全て正常範囲内なので、腎臓そのものよりは、以前にも書きましたが、他のことが原因で腎臓の数値に表れているのではないかとのこと(腎前性)心臓の病状が少し進んでいるかもしれないとのことで、心不全の際に循環する有害なホルモンの量を調べるための血液検査をしていただき、あとは来週に持ち越したエコー検査の結果を待つことになりました。で、今日のBUNの数値をどう捉えるかというのを少し先生と話しました。

BUN36.6というのは微妙な数値で、点滴を今の週1回から週2回にすればBUNは下がるだろうけど、今のパイの体調を考えると、そこまでしなくてもいいのではないか。むしろ週2回に通院を増やすことが却ってパイを疲れさせたり、ストレスを増やすことになるかもしれない。今のパイの状態を理解した上で、パイが見た目、元気もあり食欲もあり日々気分よく暮らしていけるのならそちらを優先させるべきではないか。ということになりました。ただ、36.6という数値が急激に上がったのかそれとも徐々に上がってきたのかを判断するために2週間後にもう1度腎臓のみの血液検査をすることにしました。

肝臓の数値がとても良くなっているのは術後の体調が落ち着いたことが大きいのではないかと言ってました。それから、手術前の検査で分った肥大していた前立腺ですが、腫れが小さくなっているとのことでした。やはり、前立腺肥大はホルモンが原因なので、去勢をすることで腫れの原因は取り除かれたようです。

検査が終わって家へ帰ってきたのが12時半少し過ぎ。朝から絶食のパイに大急ぎでゴハンを作ってあげたらペロリ完食。その後は、この頃の定位置、ダイニングテーブルの下で寝ていました。

パイ、お疲れさん。来週のエコー頑張ろうね。結果がいいものでありますように(^^)

プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。