*All archives* |  *Admin*

2008/01
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院の日。
ここ何日かちょっと気になることがあってなんだか落ち着かない日々だったのと、頭痛やら頭が重くてちょっと日記をおサボりしておりました。今日はパイの通院の日だったので気になっていたことを聞いてきました。このお話、ちょっと長くなってしまうと思いますので、休み休み読んでいただくか、適当にナナメ読みしてくださいね。

ついこの間の日曜日の夕方、パイが痙攣を起こしたそうです。「そうです」というのは、その時、私は近所のスーパーに買い物に出ていたので、その場面に遭遇していませんでした。買い物を済ませてお店を出たところで夫から電話が入りました。パイが痙攣していて心配だからすぐ帰ってきてというので、慌てて帰りました。当然のことですが、私が帰ったときにはもう痙攣も治まっていて、普通に私を迎えてくれました。夫に詳しい話を聞くと、私が出かけたあともいつものように寝ていたのだけど、寝ながら痙攣が始まったとのこと。四肢を突っ張った状態で目も瞼は痙攣しながらうつろだったそうです。寝ながら身体を揺すっていたりすることはあるので、それかなと思っていたけど、なんだかそれとは違う気がしたし、時間も長かったとのことで心配になったので私に電話したとのことでした。今までに見た事がない様子だったので夫はかなり焦ったらしく、長く感じたけど実際にどの位の時間痙攣していたのかは分らないとのことでした。

以前から寝ているときに身体が動いた状態になることはあり、そういう時は瞼がピクピクとしていたこともありましたが、数十秒で治まっているので特に気にしてなかったのですが、時間が長かったということがちょっと気にかかったので、今日先生に聞いてみました。いつものように長~くたくさんの説明とその内容に関するメモも頂いてきたので、そのメモと自分の記憶を辿りながら、痙攣発作のことについて少し書きますね。

痙攣性の発作というのは脳に関係するものがあって、その中でも2種類に分かれるそうです。1つは「真性てんかん」というもので、これはもう少し若いときに最初の発作が起きているはずなので、多分これではないでしょうとのこと。そしてもう1つは「脳の変化」。これは様々な原因があり、これはまたあとで書きますね。もう1つ内分泌代謝性で起こるものがありこれが「甲状腺機能低下症」だそうです。ただ、これが原因で痙攣発作が起きるというのは病気そのものがかなり進行してからだそうで、その前に色々な症状が出てくるので、これは考えにくいとのこと。それから今回の症状から診ても心臓の疾患とは関係ないとのこと。

「脳の変化」については、脳圧上昇が起こって発作を起こすのだそうですが、その原因としては「水頭症」(シーズーはこの病気の子が結構多いとのこと)、何らかの「炎症」、「認知症」、「脳症」などですが、パイの場合には年齢から考えると「水頭症」「認知症」「脳症(脳腫瘍もこの中に入ります)」のうちのどれかが考えられるかもしれないですが、これはMRIやCTで判断するしかなく、ご存知の通り動物の場合は全身麻酔でしかできない検査なのでパイの心臓のことなど考えると検査そのものをしない方が得策ですよね。ということで結論としては今の段階では「白」でも「黒」でもなく「グレー」といったところで、なんとも判断しかねるということでした。それと寝ている間は脳も安定しているので普通は発作は起き難いとも言われました。

寒い時や季節の変わり目、また気圧の変化のある時には色々な発作がおき易いとのことで、1月、2月は今まで起きなかったものが起きることもあるかもしれないそうで、今後、そういう発作と思われるものが起きたときには、必ずその前にヨダレを流すとか落ち着かないとかという「前駆症状」があるものなので、それを思い出すこと、また、発作を起こしている間の症状、そして治まったあとはどういう状態なのかをメモしておくようにしてくださいと言われました。また、発作を起こしている間はむやみに触らずに(興奮して噛まれることもあるので)、動きが激しいときは周りにあるものを片付けて動物が怪我をしないように、仰向けになっているときは(吐いたりすると吐しゃ物が喉に詰まったりしないように)下を向かせてあげること、あとは声をかけてそれに反応するかどうかを見て欲しいとのことでした。日常の細かい変化や、環境の変化でも発作が起こることがあるので、そんなことがなかったかどうかも思い起こしてみてくださいと言われました。

発作を起こしている間は長く感じるかもしれませんが、せいぜい1~2分のことなので、飼い主が落ち着くこと、等々心構えを聞いてきました。まずは発作に慣れてくださいね言われました。それとまた発作が起きるかもしれないからといって、超過保護にしたり余計な気を使うのも動物にとっては逆効果で、飼い主の変化を微妙に感じ取って余計に環境の変化のように感じてしまうとのことでした。

発作を抑える薬のお話も聞いてきましたが、今はまだその段階でもないのでそれはまたそうなったときに書きますね(覚えていたらの話ですが)。

とここまでが先生が説明してくれたお話の一部です。ま、日曜日の段階ではなんとも分らないので私も日記に書くのはもう少しはっきりとした話が書けるまで待とうと思っていました。特に、今回は私がその場にいなかったので余計に説明しにくかったこともありました。

で、私自身はどう思っているかというと今の段階ではやっぱり何とも言えないし、今日も検査は神経反応しかしていないので、先生もそれほど重篤なものだと判断していないのではないかと思います。16歳という年齢を考えればあれこれと色々なことが起こっても不思議ではないので、今のように日々、美味しくゴハンが食べられて(#^.^#) 家の中でお日様を追いかけながら日向ぼっこができるような穏やかな時間が過ごせるのなら、あまり深く考えないでいこうと思います。発作が頻繁になりパイにとってもかなり負担になるようなら、その時には↑でも書いたお薬で抑えることを考えるかもしれませんが、今はまだまだ様子見ですね。先生が仰るようにまずは私たち自身が発作に慣れることから始めないとと思います。

それから、寝ているときに足を動かしたり、声をあげたりするのは夢を見て反応をしているので発作ではありませんとのこと。人間もそういうことがありますよね。

ひゃ~~、久々に長い日記になりました。最後まで稚拙な文を読んでいただいた方、ありがとうございましたm(__)m もう少し短く出来ないものかと思いますが、何せ文才がないもので
(^^ゞすみませんです。
スポンサーサイト
頭痛がぁ~~
はぁ・・・今朝から頭痛いっす~~(>_<) もともと頭痛持ちなので、こういうのはしょっちゅうなんですが、1日頭痛いとなんか疲れます。結局お昼ごはんを食べてから鎮痛剤のお世話になってますが、私の場合持病があって鎮痛剤は飲んでいいものとそうでないのがあるのですが、飲んでいい鎮痛剤はあまり効きが良くないのです。だから、すっきりと頭痛が取れなくて、結局一日中頭痛でした。お天気も低気圧接近中なのでそんなのも関係あるのかなぁとは思うのですが、寝ても起きても頭痛ぁ~。明日はすっきりと治っていますように。

昨日、厄払いに行ったばかりなのに厄は落ちてないのでしょうか。
墓参り&厄払い。
今日はお墓参り(と言っても私の実家のですが)と厄払いに行ってきました。本当はもう少し早くいくつもりだったのですが、夫がここのところ仕事が忙しく休日出勤が続いたりしてこんな時期になってしまいました。

ここのところ寒い日が続いている東京ですが今朝も冷え込みました。お寺の実家のお墓までの道の所々に霜が残ってました。我が家の周りには土の部分が少なくてそんなことに気付きもしませんでしたが、そんなに寒かったんですね。そんな光景は久しぶりでした。お寺のご住職に聞いたらここ2~3日は毎日霜が降りてるとのこと。お墓のお掃除をして(いつもお掃除はほとんど夫がやってます^^; )お花をお供えしてあれこれとお願いしてしまったので、まめに行くわけではないのにあれこれとお願いしてごめんねと最後に謝っておきました。ここのところ悩みやら落ち込むことなど多くて、ちょっと元気の出ない私でしたが、お墓参りしてなんとなく気持ちも落ち着きました。親がまだ元気だった頃は知らず知らずのうちに親の影に隠れたり親に頼ったりしていたのでしょう。親がいなくなってみて人間としてちゃんと生きていくって大変なことだなぁと感じることが多くなりました。はぁ~~、もう十分いい歳なのに育ってませんね~私。あの世でさぞかし親は頭を抱えていることでしょう。めげずに日々を送っていかないとね。

で、お墓参りも済ませその足で西新井大師に厄払いに行ってきました。もう厄年はとっくに過ぎている私たち夫婦ですが、毎年、その年の初めに護摩を炊いて厄払いをしていただいてます。今日は1月最後の土曜日ということで結構な人がお参りをしてました。

気になっていたことも済ませ、ほっと気持ちが落ち着いた1日でした。

あ、パイさまには今日は3時間ほどお留守番をしてもらいました。帰ってきたらもちろんいつもの歓迎ぶりで、しばし大騒ぎ。こういう大騒ぎに付き合ってしまうからお留守番が苦手になってしまうのだというのは分っているのですが、こんなに歓迎してくれているのに無視はできませんよね?

↓は落ち着いたあとのパイさま。今日、着ているのは雪の結晶模様がついているパーカー。フードに白いポンポンがついていて可愛いのですよ~ん(#^.^#) これと一緒に結晶の模様がついているエンジのマフラーがついていたのですが、これがなんとパイの首にはかなりきつそうです^_^;元々首が太いのにお肉が更に付いてしまったのねぇ・・・はぁ、やっぱりおデブだわん(^^ゞ
後ろ姿よん。ポンポン見てね。


まぐれでカメラ見てしまったの~~


昨日は病院の日でした。
朝起きたら良いお天気~ということで、病院へgo!診察券を出しに行った時は珍しく受付をして待っている人は1人だけ。この頃よく一緒になるシェルティーちゃん(ジャスミンちゃんというお名前でした)でした。私は受付をして一旦家に戻り、パイにゴハンを食べさせたり、お洗濯したりなどいつものことを一通り済ませて病院へ。ん?なんとなく雰囲気が違うなと思っていたら、受付のところに「緊急手術中」の札が下がっていました。私が受付をして帰ったあとに急に運び込まれたようでした。

手術中でもいつもより時間はかかるものの、ちゃんと他の子も診てくれるので、そのまましばし待合室で待ってました。30分くらい待ってパイの番に。実は前日からちょっと憂鬱でした。というのも、次回、お尻の腫瘍の部分が大きくなっているかどうかのチェックをすると、先週、言われました。大きくなっていたらどうしようとドキドキだったのですが、大丈夫でしたぁ(^v^) 昨日はその他に耳の毛を抜いてもらい、点滴をして終了。思ったよりも早く終わりました。

そうそう、昨日は長老のヨーキーのゴンちゃんと一緒になりました。飼い主のおばあちゃんと話していたら、ゴンちゃんなんと平成元年生まれだそうです。ってことは20歳?去年18歳だから今年は19歳になるものだとばかり思っていたのでびっくり 人間と違ってワンコのこの1歳は大きな違いですよね。ゴンちゃん、相変わらず元気です。白内障が大分進んできたようですが、まだお家の中では普通にしているし、トイレもいつもの決まったところでするそうです。ただ、おばあちゃんが言うには、この頃以前ほど吠えなくなったとか。以前は待合室で他のワンコに会うと必ず吠えていたので、おばあちゃんは外のベンチで待つことが多かったのですが、そう言われてみればこの頃は中の待合室にいます。おばあちゃんが「ボケちゃったのかしらねぇ?」と言ったとたんに隣のワンちゃんに向かって吠え始めて、思わず笑っちゃいました。しっかりと会話を聞いていたのかもしれないですね
ゆ~きやコンコン♪
関東は朝から雪模様。湿った雪なので積もりそうもありませんでしたが、それでも雪から雨に変わるまでは数センチは積もってました。ま、雪国の方たちからは鼻で笑われそうなくらいの積雪量でしたけどね。それにしても今日は寒かったです~~(>_<) 朝から気温が上がらずに、むしろ下がっていったようで最高気温が1~2℃だったようです。やっぱり今年の冬は寒い!この寒さ1月いっぱいまでは続くようです。2月に入ると少しずつ寒さも和らいでくるとのこと。今朝の雪景色です↓
ゆ~~き~~

下町のごちゃごちゃしたところにある我が家、どの方角の窓を開けても隣家の軒先に手が届きそうです。↑の写真は家の2階の窓から見えるすぐ裏にある中学校の校舎です。1シーズンに1~2回ちらつく程度の雪にしか縁の無い子供たちは、どんな種類の雪でもうれしいらしく窓を開けて騒いでました。

こんな寒い日はパイと一緒に暖かい家の中でぬくぬくとしているに限ります。というわけで体力温存のためにパイは日がな1日マザーボールでウダウダしてました(#^.^#) 明日パイは通院の日なんですが、どうもお天気が荒れ模様らしく北風ピューピューの寒い1日とか。明日はパスして金曜日にしようかとお悩み中です。
は~い、本日も寒い1日でした。お坊ちゃま、もう長~い間トリミングに行ってないので、かなりのもじゃおになってますが、ここのところの寒さなのでトリミングは当分先になりそうです。ということで本日、ちょこっとママトリ。お顔周りの毛と足の裏のパッドの毛をカットしました。耳の毛も伸びてきてしまったのでついでにカット。ところが出来上がったパイの顔を真正面から見たら、左右の耳の毛の長さがかなり違ってます。やっと終わったところなので、これからまた長さを調整するのは可哀想なのでまたの機会にすることに↓
左右の長さが?


全身カットしたわけでもなく、シャンプーもしていないのになんだかいや~に疲れたようで、その後はこんな感じでずっと寝てました。この寝方とっても可愛いくて大好きです。
(~-~)...zzzZZZ乙乙乙

今日は大寒。
昨日から今日は雪の予報が出ていたのに、見事に大ハズレ。朝起きたら雪かなぁ・・・なんて密かに期待してたりもしたのでちょっと残念でした。結局、雨も降らずに一日中はっきりしないお天気で寒かったです~(>_<) 今年の冬は寒い日が多いですね。

こんな寒い時に灯油が値上がりして、この冬の寒さは余計に身に沁みますね。我が家はガスストーブなのですが、今月から都市ガスも料金が値上げになり、ついこの前きた検針票を見て計算したら寒い間の1ヶ月のガス代が我が家の場合600円くらい上がりそうです。ん?これから電気代も上がるんだったかな?とにかく公共料金だけでなくその他のものが値上げになるので
今年はほんと寒さが身に沁みる冬ですね。

そんな寒い1日でしたが、パイさま穏やかな時間を過ごしてました(#^.^#) 昨日の話ですが、私が洗濯物を畳んでいたとき、パイの子分のハスキーの上にこれからたたむ洗濯物を無造作に置いておいたら、パイがトコトコとやってきて洗濯物の山からちょこっと顔をだしているハスキーをクンクンしてました。そのうちに私が洗濯物をハスキーの上に置いたのが気に入らないのか、ハスキーの鼻の部分を咥えて一生懸命に洗濯物の山の中から引っ張り出してました。「オレのハスキーに何するんだよ!」ってとこでしょうか。さすがに洗濯物が重くてハスキーをレスキューすることが出来ないようなので、私が「はいはい、分かったよ。」と言いながら洗濯物の山をどかしてあげると、ハスキーの鼻の部分を咥えて引っ張っていきました。こういうところはまだまだお子ちゃまなんですけどねぇ・・・16歳も6ヶ月が過ぎていきました。
気をつけましょう~
何なのさこのタイトルって言われそうですね。それは今日の昼下がりの出来事。クリーニング屋さんに行こうといつもの道を自転車を走らせていたら、途中の道端に軽のバンが停まってました。バンを2~3人の人が取り囲んでいる状態。歩道を占拠しているので通れなくて、すごく邪魔~なんて思っていたのですが、よく見たら色々なものがその周辺に散乱してました。ありゃ~~交通事故でした。その散乱していたものはミニバイクに乗っていた人のカゴの中のものだったようです。

道路の真ん中を横断してその反対側に廻ってみたら、バイクに乗っていた人が道路に座ったまま起きられずにいました。そばにはバンを運転していたであろう人がそのバイクを運転していた男の人に話しかけていましたが、バイクの運転手の方は痛みがあるのか顔をしかめていました。その後すぐに救急車が到着。救急隊員の人が「遅くなりました~」と言いながらそのバイクの運転手に話しかけているうちに他の隊員がストレッチャーを運んできました。

思わず一瞬、現場の写真を撮ろうかしらん?なんて思ってしまいましたが、怪我をしている人もいることだし不謹慎なので止めました。狭い道路なのでスピードもそれほど出ていなかったのでしょう、そんなに大きな事故ではなかったようですが、バイクの人ヘルメットかぶってなかったみたいでした(散乱しているもののなかにそれらしきものがなかったみたいなので)。

その道路ですが、T字路になっていて一方通行ですが、幹線道路への抜け道になっているので右折や左折してくる車が結構多いのですが、道が狭いし、商店街へ通じる道でもあるので人通りも結構あるし、私のように自転車で通る人もいて、いつも危ないなぁと思って通ってました。更に、そんな狭い道なのに角にはコインパーキングがあるので更に危険度が増してます。信号を設置するほどではないかもしれませんが、せめてミラーをつけるなどの対策を立てて欲しいなぁ。ひやっとする一歩手前のことは日常茶飯事ですから。

というわけで、タイトルの「気をつけましょう」は交通事故に気をつけましょうでした(^_^)v ほんの小さな事故でも怪我をすると後遺症に悩まされることもあるかもしれません。皆さんも気をつけてくださいね。「そういうあんたもね」と言われそう(;´ー`)┌ 

それほど大きな事故でもないのに話、長ぁ~~( ̄▽ ̄;) 失礼いたしましたm(__)m

うっ、寒い(>_<)
いや~、ここのところ冬らしい寒~い日が続いていますが、日本列島、どこもかしこも寒いのでしょうか?こんな寒い日にトリミングに行ってきました。と言っても私のね(^_-) さっぱりしたけど首が寒いっす~~。風邪引かないようにしないと。ほんとはパイもトリミングに行って欲しいところなのですが、この寒さの中、トリミングの疲れや寒さで体調を崩しては困るので、もう少し我慢してもらいます。ま、パイにはどっちでもいいことでしょう。むしろトリミングに行かなくて済んで大喜びかもしれないですね。

ここ1週間くらい朝方も結構冷え込むのにパイさま朝起きてくるのは早くなったのです。もちろん、一旦起きてきて2度寝をするのは同じなのですが、以前のように私たちが起きたあとも布団でずーっとぬくぬくと寝ているのではなくて、一旦私たちと一緒に起きるようになりました。う~ん、なんででしょうね。夫と2人「人間の年寄りと同じで朝早く目が覚めるようになっちゃったのかな?」と話していたのですが、どうなんでしょうね?

それにここ2~3日いや~に私の行動を目で追ってます。ちょっと席を立ってトイレに行けば、なんとなくじーっと後ろに視線を感じるし、バッグのファスナーを開ければ『どっか行くの?』という目で見てるし。冬休みにべったりと一緒にいたから、まだそこから抜け出せていないのでしょうか。そんな感じなので昼間はゆっくりと寝ていられなくてなんだか可哀想。今までのペースを早く取り戻して欲しいものです。


続けて通院。
うぅぅ~~寒い。こんなに寒いのにうちの夫は「今年は暖冬でしょ?」とかって言ってます。昨日の夜なんか東京は雪がちらついたようです。

昨日は私の月一の通院の日。年明けすぐは混んでいるので2週間ほどずらしてもらって昨日になりました。例によって、朝、パイのじとーっとした目に見送られながら病院へ^_^; 予約の時間を朝早くしてもらっても午前中ギリギリの時間にしてもらっても結局午前中潰れるのは同じなので、この頃は午前中最後の時間にしてもらってます。病院以外は他に何の用事もなかったので、昨日は病院が終わってから久々に大きな本屋さんに寄りました。最近は近所の本屋さんで閉店してしまうところも多く、滅多に本屋さんに行ってなんとなく本を探したり立ち読みしたりすることがなくなりました。時間に余裕があればそれはそれで楽しいものなのですけどね。目的のものを買った後、他のコーナーにも寄ってみたかったのですが、朝、家を出る時のパイのあのじとーっとした目を思い出して早々に家路に。

家に帰るといつも通りの大騒ぎの歓迎。私が玄関のドアを開けて靴を脱いでいる間も「クゥ~~ン」だの「フン!」と鼻息も荒く騒いでいる間に2階のゲートをカサカサと引掻いたりしてました。そんなに騒いだから疲れたのか、私が2階に上がっていってひとしきり歓迎したあとは、もう寝てる(;´ー`)┌ 留守番の間、寝ていなかったのねぇ(;_;) お留守番は嫌いでも、小さい時から留守中にいたずらをするということはなく、ひたすら待っていたという感じでした。16歳になった今でもそれは同じ。快適にお留守番をしてもらうにはどうしたらいいのだろう?と相変わらず悩んでいる母でございます。

そして今日は1週間に一度のパイの通院日。先週から特に大きく変わったこともなく、この1週間も元気に過ごしました。先週から足先を洗うシャンプーが変わりました。お尻と足をコラージュフルフルで洗っていたのですが、それを足先だけ茶色でコールタールのようなニオイのシャンプーに変えました。毛穴をきれいに保ってくれているものだそうですが、足先だけしか使わないのに、お風呂場がコールタールのニオイでいっぱいになってしまいます((+_+)) でも、シャンプーでお尻も足先もかなりきれいになってきました。もう少しかなぁ。

動物病院も風邪が蔓延しているらしく、いつも4人いる先生のうち2人が風邪でお休み。先生が2人しかいなくて大忙しという感じでした。気温も低くなってきてインフルエンザがまた流行の兆しです。皆さまもお気をつけ下さいね。
連休2日目。
パイ父は今朝早く山の家に行きました。パイと私はお留守番チーム。パイ父からお昼少し前に電話があり、雪こそ降ってませんが、と~~~っても寒いそうです。

朝早くまだ私たちが寝ている間に出発してしまったので、パイはいつものように会社に行ったのだと思っていたらしく(会社に行っているかどうかは分ってないと思うけど、パイ父をいつも昼間は家にいない人だと思っている)、自分が晩ゴハンを食べた後に帰ってくるので、ゴハンを食べたあとしばし2階の廊下へ出てはゲートの間から鼻を突き出してクンクンを階下の様子を伺っては、リビングに入ってきて私に何か言いたそうな顔をしてまた廊下へ出て行くというのを1時間くらい繰り返してました。今日は風が強かったので窓や雨戸のガタガタという音がすると聞き耳を立てていました。↓この姿、パイ父が見たら泣いて喜びそうです( ̄▽ ̄;)
帰ってきたかなぁ?


ねぇ、お父さんは?


この出たり入ったりを繰り返したあと、諦めたらしくやっと寝ました。
寒い~~(>_<)
朝から冷たい雨の1日でしたね。昨日のお留守番やその他もろもろ(って何だ?)で疲れ気味のパイは、朝からずーっとネムネムモード。いつもより大分遅い朝ゴハンを食べた後も、すぐまたマザーボールに戻っていつの間にかコテンと寝てしまいました。

雨の日はいつにも増して丸くなって寝ていることが多いような気がするのですが、以前にちらっと聞いたことがあるのは、野生の動物は雨の日は狩りが出来ないので体力温存のために丸くなってじっとして動かないのだそうで、人間と一緒に生活している犬や猫もその名残で狩りが出来ないような天候の時には体力温存のために動かないことが多いそうです。こんなにどっぷりと人間の生活に浸かっているのに、野生の名残があるなんていうのも信じ難い話ですが、まあ今日もパイは体力温存のために寝てました。でも、しっかりとゴハンは食べましたけど(^^ゞ さすがにお昼ゴハンの時には起きてきませんでした。

↓で、こちら体力温存中のパイ。ま、いつもの写真です。
(~-~)...zzzZZZ乙乙乙


明日から寒い日々のようですので皆さま、体調を崩さないようにお気をつけくださいね。特に、シニアワンコがいるお家では気温の急激な変化にお気をつけください。パイも今日は暖かくして寝かせようと思います(*^_^*)
気持ちを切り替えて。
いつもだったら昨日の病院での出来事をずっと引きずって今日一日過ごしていたかもしれないですが、幸か不幸か今日はまたまた研修の日。通院疲れのパイを1人でお留守番させるのはとても心配だったのですが、出席しないと結局またあとでツケが廻ってくるので、後ろ髪を引かれながらも朝9時過ぎに家を出ました。

洗濯をしながらお疲れのパイにいつもよりかなり早めに朝ゴハンを食べさせてから、目薬だぁ、眼軟膏だぁと慌しくパイのお手入れ。時間がないのでお顔をきれいにしたり、お耳掃除に目のマッサージ、そのほかのあれこれは今日は大幅に省略。一日くらいサボっても大丈夫だよね。オシ○コシートをいつもより多目に敷いて準備万端。出かける用意をしているとパイは、私が出かけることを察知してそばには寄ってきません。遠くからじとーっとした目で見つめてます。この物分りの良さがねぇ・・・余計に後ろ髪を引かれます。

ギリギリの時間に家を出たので駅までまた走りました。しかし、おばさんが重い体をゆすって朝からドタドタと走っている姿って他の人の目にはどう映っているんだろう?

研修中、あれこれと昨日のことをまた考えてました。シニアワンコがいるお家ではきっとみんな多かれ少なかれ病気との闘い。病気の種類は違うけれど、同じ思いを抱えて毎日を過ごしていることでしょう。あまり先のことを思い悩まずに今のこの瞬間を大切に過ごすことしか私には出来ないのだと改めて思いました。何かあるたびにいつも同じことに気がつく私。学習してませんねぇ。いつもだったら家にパイと2人、あれこれとクヨクヨしていたかもしれませんが、研修があったお陰で少し気分転換が出来、気持ちを切り替えることができました。いつも「このクソ忙しいのに・・・」と文句を言いながら出席している研修も役に立つことあるじゃん(役に立つところが違うだろ~~!というツッコミはなしで・・・)

さてさて、終了後大急ぎで家へ帰ると、多目に敷いていったオシ○コシートにはオシ○コとウ○チが散乱してました(;´ー`)┌ 昨日点滴してきたばかりなので循環が良くなっていて、いつも次の日にはオシ○コの量が増えます。そんなオシ○コも立派なウ○チもパイが元気な証拠
(*^_^*) 私がそれを片付けている間も大騒ぎで私の後をくっついて歩いてました。パイ、お留守番ご苦労さん。
病院の日。
今日は今年初めての通院の日。1月3日に点滴だけには行ったので、正確には2回目ですね。まあまあ普通の混み方。

実は今週の月曜日だったと思うのですが、お尻にいつものように薬をつけている時に肛門の左斜め下の方にしこりを見つけました。今日はそれを診ていただいたのですが、11月に肛門の下の奥の方に見つかった毛芽腫が大きくなって、肛門腺が張っていたために位置が左下にずれたような状態になったのだそうです。11月の時には0.5ミリくらいだったのが今日は1センチになってました。2ヶ月くらいの間に大きくなっているので、このまま大きくなっていくと肛門に近いこともあり排便障害などがおきてくる可能性もあるそうです。その場合は手術で切除しないといけないとのことで、日々、家で注意深く見ながら通院のたびに大きさをチェックしていくことになりました。

パイ自身はとても元気にしています。食欲も旺盛。毎日をひたすらのんびりと穏やかに過ごしています。ここのところ体調も落ち着いていたので安心していただけに、これにはちょっと凹みました。どうしたらいいのかなぁと病院から帰る途中も考えたりしていました。今のパイの心臓などの状態で手術ができるかどうかは分りませんが、その腫瘍がパイの身体に影響を与えないようにひたすら祈るばかり。

この頃、よく病院で一緒になるシェルティーの女の子(あれ?名前、ど忘れ)のお母さんと待っている間に話をしていたのですが、シニアになると体調がいいなと思って安心しているとまた別のところが悪くなってきたりの日々で、これはみんな同じなんだなぁと思いました。そのシェルティーちゃんも去年の年末に腎臓の手術をしたばかり。いつもおむつをつけて病院に来るのですが、とても元気な女の子です。でも、お話を聞いていたら日々のケアはほんとに大変で、1日の大半をその子に使っているのではないかと思うくらい。私も頑張らないとと改めて感じました。

パイも一緒に仕事始め。
七草も過ぎてしまうとお正月気分もほとんど抜けているものですが、玄関に飾ってある鏡餅が辛うじてお正月を忘れさせずにいる存在になってます^_^;

昨日からうちの教室は授業開始。いつもだとお正月気分が抜けずに教室が始まるのを親子共々忘れてお休みしてしまう生徒がいるのですが、たまたま昨日は学校も幼稚園も3学期の始業式だったのでうちの教室の存在を覚えてくれていたようです(*^_^*) 生徒も私も2週間お休みしてしまったので、なかなか英語モードのスイッチが入らずに出欠をとるのに名前を呼ぶと「はい」な~んて日本語で返事されちゃいます(普段は英語でお返事してもらいます)。

そんな授業中、パイはおとといの眼科受診の疲れもあり珍しく幼稚園生と小学生の授業の時には2階でおとなしく寝てくれてました。小学生の授業が終わる頃になってやっと目覚めたようで、2階の廊下で「キューン」とか「フン!」とかと騒いでました。

夜の中学生の時間になるとなんだか落ち着かないようで、いつもは教室のある1階の廊下で寝ているのに昨日は教室の前を行ったり来たりしたり、ドアのところにつけてあるゲートの間から教室を覗いたりしてました。途中、生徒に問題をやらせている間に私がちょっと廊下に出て「もう少しで終わりだからね、ちょっと待っててね」と言ったら、まるで「早く終わらせてよ~!」と言わんばかりに顔をペロペロと舐めてました。普段、私が「しゅきしゅきして~~(ペロペロしろという意味」と言っても、気が向かなければしないくせに^^; 2週間、べったりとくっついていたので、パイもお休みモードから抜け出せていないのでしょうね。

↓これは昨日の写真。夫婦揃って「パイ、可愛い~~!」を連発してました。ゴハンを食べる時に耳の毛を結んでいるゴムの位置がいつもより後ろになっているせいなのか、幼い感じがしていつもだとすぐ取ってあげるゴムをしばしそのままにしておきました(*^_^*)
おやつくれるですか~~?


それにしてももじゃお君、カットに行った方がいいのですが、明日からまた寒くなるらしいのでいつにしようか思案中。
おやつじゃないですか・・・チェッ

眼科に行ってきましたぁ。
ほぼ4ヶ月ぶりの眼科の受診でした。いつものように涙の量を測ったり眼球の検査など一通りしていただきましたが、大きく変わりはありませんでした。相変わらず涙が乾きやすい状態で、これは以前にも日記に書きましたが、上瞼のところにあるマイボーム腺からの脂の分泌が悪く、涙の量はそれほど少なくないのに涙が乾いてしまうようです。それと今日は上瞼を押したりして診ていたのですが、マイボーム腺が詰まっているようなので内服薬を飲んで様子を見ることになりました。ところどころ瞼がデコボコしているのはそれが原因なのでしょうか。それから、マイボーム腺の働きをよくするために1日に1回熱く感じない程度の蒸しタオルで目の上を温めてあげるように言われました。以前通院していた眼科でも言われたのですが、蒸しタオルをパイが嫌がるので途中で挫折してました。パイが心地よく感じる熱さってどの位なんだろう?

病院は今改装中で4ヶ月前に行ったときよりも待合室が狭くなっていて今日は私たちが着いた時には待合室がいっぱいの状態でした。でも、診察室はきれいになっていて目の状態を映してくれるパソコンも新しくなってました(*^_^*)

パイはいつもの病院ではないのでまた違った意味で緊張していたようで、診察台に乗せられたら珍しく私を探してました。でも、いつもと同じで検査中はとってもいい子で先生からも「はい、いい子だったね~」と褒められてました。この眼科の先生はあまり口数の多い人ではないのですが(かと言って怖い人ではないのですよ)診察台の上で緊張しているパイに「パイちゃん、こんにちわ」と話しかけてました(^_^) 病状を説明する時以外はあまり口を開かないので、思わず笑っちゃいました。

今日は電車でのお出かけだったので、パイさま終始緊張していたのか帰ってきてお昼ゴハンを食べたらその後は爆睡でした。お疲れさん。
休みも今日で終わり~~(;_;)
お正月休みも今日で終わり。何せ2週間もお休みだったので、なかなか仕事モードに戻れません(;´ー`)┌ とは言うものの明日は元々授業がお休みの日なので、いつもの月曜日って感じです。パイもまた1日のうちで何時間かは気が抜けないといういつもの生活に戻ります。なんだか憂鬱な気分なので、文字色をブルーにしてみました^_^;

明日、パイは眼科の受診です。本当は12月に行くつもりだったのですが、結局忙しいうちに年末を迎えてしまったので、1月になってしまいました。今、特に悪いところはないと思いますが、前回の受診から3ヶ月経っているので、念のためにに診てもらおうと思います。そんな訳で明日は朝から出かけなければいけないしということで、今日はお天気もよく暖かかったし、お尻と足だけでもシャンプーしようと思ったのですが、何せお坊ちゃま、よく寝る寝る。ほんとに気持ち良さそうに寝ているので、起こすのが可哀想になってしまい、結局シャンプー出来ませんでした。う~ん・・・今度のチャンスは水曜日かな。

この2週間のお休みの間、パイは良く食べ、良く寝て、のんびりとした日々を過ごしました。明日からまた私が授業をしている間、パイは落ち着かない時間を過ごさなければいけないのは可哀想な気がしますが、君の病院代を稼がないといけないもんね~我慢してくれ、パイ。
なぜかハイテンション。
右手です。
はてこれは?これは私の右手の甲(こうやって見ると結構シワがありますねぇ)。手を横にした状態です。画面の左上の方が小指になります。よく見るとお分かりになると思いますが、ちょっと赤くなってミミズ腫れのようになってます。この写真だと分りにくいですが、左上の方に歯型もついてます。今朝、パイが朝ゴハンを食べたあとにひとしきり私と遊んでいたのですが、なぜか段々と興奮してきて、そのうちに私の手に噛み付いてました。ま、力を入れて噛むことはないのですが(いわゆる甘噛みというヤツです)、それでも噛まれると歯型がつきます。ミミズ腫れになってしまったのは私が中途半端に手を引いたので当った歯に引っかかれた状態と言った方がいいかも。

お坊ちゃま、時々こういうことがあります。痛いときは泣きそうな声で「痛いよ~~(;_;)」と言うとすぐ止めます。その後なぜか自分が噛んだところをクンクンとニオイを嗅ぐパイ。何なんでしょうね。パイが若いときからこういう遊び?はよくやっていたのですが、これって躾けの上ではあまり良いことではないのでしょうね。但し、この頃はあまり長続きしなくなりました。やっぱりシニアなんですね。

普段はこんな優しい顔をしているのに(^^ゞ↓そういう時は結構ワイルドなパイになってます。
仙人みたい?

今年初めての病院でした。
今日は今年初めてのパイの通院日。病院はまだお正月休みなのですが、パイのように定期的な治療が必要な子のみ予約で診療してくれます。今日は11時半の予約だったので少し早めに病院に到着。11時からの予約の人は終わって帰ってしまったのか、病院には誰もいませんでした。

先週の通院以降の1週間の様子を伝えて、その後すぐにいつもの点滴。終わった後に切開した部分のチェックで終了。ものの20分くらいでした。いつもこうだといいのになぁ(#^.^#) パイが終わるのを待っている間にまた新たに患者さん登場。シーズーの男の子イチローくんです。おじいさんが自転車の前カゴに乗せて連れてきました。まだ若い子みたいだけど、やっぱりパイと同じ点滴組でした。パイより小さい子で羨ましいくらいに毛もフサフサの艶々。

お正月中は入院している子が一人だけ。その子も昨日、退院していったそうです。不思議と急患が少ないとか。動物も分っているのかなぁ。
(_ _)...zzzZZZ乙乙乙

↑またしても寝ています(^^ゞ
明けましておめでとうございます。
おめでとう~

なんだかんだ言いながらも2008年が明けてしまいましたねぇ。今年は平成20年。平成生まれの子たちは二十歳になるんですね。私にとっては平成元年なんてつい昨日のことのように思えるのですが(^^ゞ

「一年の計は元旦にあり」ですが、皆さんは今年はどんな年にしますか?私は去年と同じく「1に健康、2に健康、何が無くとも健康」かな。

昨年は色々とお世話になりました。HPの更新が滞り勝ちなこの頃ですが、今年もまたよろしくお付き合いくださいませm(__)m
プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。