*All archives* |  *Admin*

2008/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬に逆戻り?
いや~、寒い1日でした。朝から冷たい雨。雨が降っている間は6℃くらいまでしか上がらなかったようです。先週の月曜日も雨。春になるとお天気が周期的に変わるものですね。冬の間は雨がなかなか降らずに異常乾燥注意報まで出ていたのに。

午後雨が止んでからクリーニング屋さんに行って、お店の人と話していて私が「なんだか寒いのに、みんな薄着なのよね~。」と言ったら、「みんなもう厚手のものはクリーニングに出しちゃっから、もったいなくて着ないんじゃないの~」とお店の人の返事。そっか、もう皆さん冬物はしまっちゃったのね( ̄□ ̄;)

パイのお腹ですが、お薬が効いていることもあり下痢は止まっています。ウ○チもちゃんとしたのが出ています。ゴハンは今日の夕方からいつもの量の半分に戻しました。このまま具合が良ければ明日の朝から全量に戻します。当然のことながら、お腹が空いているのでゴハンを食べ終わったあとも、しきりに私の方を見ては「もうないの?」という顔をしてます。もう少しの我慢だよ~。

ふと思い出したのですが、何年か前のお花見の時期にも下痢をしていたことがありました。その日はちょうど友人たちとお花見に行く予定だったのですが、パイが朝から下痢ピーで、何度もトイレと部屋を往復しているのに、そんなパイを置いて出かけるのも可哀想なのでお花見はパスしたのでした。やっぱりお花見の時期は体調を崩しやすいのかもしれないですね。こんなことを書いている私も実は今日はお腹の具合がイマイチ。なんとな~く身体がだるいのでひょっとしたら風邪かも?皆さんも体調を崩さないようにお気をつけくださいね。
スポンサーサイト
冷えてます。
朝からどよんとした空模様で、なんとなく肌寒い日。お昼過ぎから雨が降り始めました。時間が経つに連れて気温も少しずつ下がってきました。結局、一日中、低い温度で暖房を入れてました。こういうのを「花冷え」と言うのでしょうね。開花から満開になるまでのスピードが早かった東京の桜。もう散り始めているでしょうか?明日は午前中には雨が残るという予報でした。

で、こんな「花冷え」の日、パイさま下痢ピーです(;_;) 昨日の疲れからか朝は中々起きてこなくて、ちょっと心配だったのですが、やっと起きてきたら普通にゴハンを食べ、その後普通にウ○チしていたのに、遅いお昼ゴハンを食べたあとにトイレに走っていきました。ん?もしや?と思って慌ててついていくと、やっぱり・・・粘液のくっついた下痢ピーウ○チでした(T_T) それにニオイも下痢の時のものでした。昨日の疲れと、ここ何日かの気温の変化でしょう。2月の初めにお腹の具合が悪い時があったので、2ヶ月ぶりくらいかな。頻繁とは言えないですが、2月の時も先生から「久々の下痢ですね。」と言われたくらいここ何年かは下痢になる間隔が開いていたので、この短い間隔はお腹に何か変化でもあったのでしょうか。

夕方までに頻繁に下痢をするようなら、下痢の時の基本の「絶食」にしようと思っていたのですが、下痢ピーウ○チは1度のみだったので、いつもの量の3分の1だけ食べさせて、頓服でいただいている薬を飲ませました。今のところウ○チはしていません。このまま明日の朝までお腹が落ち着いていてくれれば、明日はまたもう少しゴハンが増やせます。パイ自身はいつものように普通にしています。特別に元気がないとかっていうこともありません。明日はもう少しゴハンが増えるといいね、パイ。
眼科受診の日。
今日はパイの眼科受診の日。マイボーム腺のつまりもなくなり、目ヤニも少なくなりました。ただ、まだ量は減ったもののまだ涙が流れでています。

目の状態を診ていただいたのですが、相変わらず目の表面が凸凹しており涙が均一に目の表面を覆うことが出来ないので、目を傷つけやすいとのこと。またマイボーム腺からの脂の分泌が少ないので、涙が蒸発しやすい。でも、これらは以前から指摘されていることで、これが原因で涙が流れ出てしまうのかどうかは先生にもはっきりとは分らないようです。先生はむしろ皮膚に問題があるのではないかと言ってました。季節的なもの(花粉症とかホコリとか)またはアトピーのようなアレルギーが原因のもの。今後、また涙がひどく流れ出てしまうときは、いつどんな状態でそうなったのか、分る限りで状況を覚えておいて欲しいとのことでした。

いずれにしても涙が流れ出てしまうと、パイの場合↑のような原因で更にドライアイに拍車がかかることもあるので、抗生物質の目薬だけはもう少し続けることになりました。また、人工涙液もヒアルロン酸の含有量が多いヒアレイン・ミニ0.3に戻りました。マイボーム腺からの脂の分泌が少ないので濃い人工涙液の方が目の表面に涙が留まっている時間が長く、その方がパイには良いようです。

また1ヵ月後の受診の予定です。

眼科から帰ってきて近所の公園に桜を見に夫とパイと一緒に行きました。ちょうど、夕方のワンちゃんお散歩タイムで、以前お散歩で一緒だったコたちに久々に会いました。ここのところずっと会っていなかったから、きっとみんなパイはもう・・・なんて思っていたでしょうね。お散歩大好き、ミックスのももちゃんや、シーズーのウィンちゃん親子(娘のピースちゃんは相変わらず人見知り)、シーズーのダウちゃん。久々に3匹でお尻をクンクンし合ってました。

ここ1~2年は自分のペースのパイですが、やはりお友達ワンコと会うのは刺激になっていいでしょうね。これからは季節も良くなるからまたいつもの公園にほんの短い時間でもいいから連れていってみようかなぁなんて思いました。
今日はパイの病院。
病院は休み明けで混んでました(-_-;) 私はカン違いをしていたようで、病院、実は今週の火曜日までお休みでした。水曜日は手術日なので一般の診療はお休みということで、今日が休み明け初日。

目は目ヤニや赤味はなくなってきたものの相変わらず涙が多め。そのために目のすぐ下の毛が目ヤニと涙でグチャグチャ状態のため(毎日こまめに拭いているのですが、どうしても毛の奥の方にくっついている目ヤニがきれいに取れないのです(;_;))このままにしておくとまたマラセチアを再発してしまう恐れありということで先週から抗真菌の外用薬で消毒しています。目の下や周りの毛が邪魔で中々消毒がしにくいので以前のように目の周りをバリカンで刈られてしまいました。目に入りそうな睫も全部抜いてもらったので、パイさまのお顔、ちょっと見はぎょっとします。でも、私にとっては涙を拭くのも、目の周りを消毒するのもやりやすくなりました。

バリカンで刈ったり睫抜いたりの処置にかなり時間がかかり、その後に点滴だったのでとても疲れたパイさま。いつものように全ての処置を文句も言わずにいい子で頑張りました。春休み中だから、午後はいつもに比べると時間に余裕があるので、パイも落ち着いて寝ていられたようです。疲れが少し取れたのか、夕方、いつもの時間になったらトコトコと起きてきて「ゴハン~~~」の催促。バリカンでツルツルにされてしまった部分がカミソリ負けのようになっているようで、いつもにも増してこすりつけているので、晩ゴハン後はしばしエリザベスちゃんでいてもらいました。

東京の桜は今日、満開とのことで帰りはちょっと遠回りをして染井霊園(昔の著名人のお墓がたくさんあることで有名)の中を通ってきました。いつもに比べると霊園の中を歩いている人が多かったので、きっと皆さん、桜満開のニュースを聞いてゾロゾロと出かけてきたのかもしれないですね。中途半端な写真ですが、染井霊園の中の桜を途中でパチリ。
さくら~~♪

通院日。
と言っても私のです。ここからは私の病気の話なので、適当に読み飛ばしてください。なんとな~くぼやいてみたいだけなので。

前回の受診で血小板の数値がまた70万になってしまって、次回70万を超えるようなら薬の量を増やさないといけないと言われて凹んでましたが、今日はまたまた64万に下がってました。完治はしないので今後も同じ薬を続けていかないといけないので(新しい薬が認可になるといいのですが)なるべく薬の量は一定にしておきたいところです。

先生曰く、薬の量を増やせば当然血小板の数値は下げることはできるけど、今の状態で体調に特に問題がなければそのままでいいのではないかと。ここ1年60万から70万の間でウロチョロしているということは、私の体の中で血小板がせめぎあいをして70万を超えようとすると抑える(もちろん薬が抑えているのですが)という状態なので、私の場合上限を70万下限を60万として考えてはどうかということでした。60万から(私の場合)下がってずっと下降線をたどっていくという状態になった場合、他の骨髄性の疾患に移行している可能性があるので、そういうことを把握するためにもムリに薬で普通の数値に近づける必要はないという分ったような分らないような説明を聞いて帰ってきました。

ま、今のところは体調も特に悪いわけでもないし、薬の副作用というものもほとんどありません。大怪我をするとか抜歯、手術などをするなんてことがない限り、普通に日常生活が送れます。世の中にはもっと大変な病気で苦しんでいる人がたくさんいるわけで、日常生活が普通に送れる私が不平、不満を言ったら罰が当るでしょうけど、10年後のことを考えるとちょっと不安な私です。

そうそう、今日採血をしてくれた人はかな~りふくよかな方で、手の甲なんか盛り上がっていました。上背もある方で、採血をしている人の中でもひときわ目立ちます。でも、いつもニコニコ顔で今日も「この仕事、色々な人にお会いできるので楽しいですよ~」(ほんとか?)と言ってました。こういう人に採血をしてもらう方が安心できると思うのは私だけかなぁ?実際、採血、上手でしたよ~ん(#^.^#)
暖かかったので。
昨日の冷たい雨から一転、今日は暖かい1日でした。こんな日はシャンプー日和。でも、目はまだ抗生物質の目薬をつけているところなので、いつも入れている眼軟膏は今お休みしています。そんな訳で目を保護する軟膏を入れられないので、シャンプーは首から下だけにしました。本当は一番洗いたいのは顔と首なんですけどね。

顔と耳を洗わないのでラクチン。あっという間にシャンプー終了。全体の毛が伸びてしまったので、
ドライヤーにはちょっと時間がかかりましたが、それでもいつもに比べればかかった時間は短縮でした。フワフワ、サラサラのパイの写真を撮ろうとしたのですが、相変わらずの「あっち向いてホイ!」状態。

そんな写真ばかりの中で唯一、まともなのが↓かな?毛が随分伸びてしまって、フルコートのシーズーさんに近い状態です。
成功!


残りの写真は↓こんなのや・・・
こんなの1


↓こんなのも・・・
こんなの2

取り留めのない話。
春になってお天気が周期的に変わるようになりましたね。確か先週の月曜日も雨が降ったような記憶があります。休み明けの月曜日が朝から雨だと憂鬱な気分が倍増になる人も多いのでは?カーペンターズの歌に「雨の日と月曜日」というのがありましたよね(古ぅ~)「雨の日と月曜日は私をいつも憂鬱にさせる」みたいな歌詞だったと思いますが、まさにその歌の通りの日でした。

今日は少し気温も低く、雨が降っている間は低い温度で暖房もつけていました。明日はまた一気に17~8℃くらいまで上がるそうで、こんなに寒暖の差が激しいと持病を持っている子や高齢の子は体調を崩さないように気をつけてくださいね。

本日のパイさま、ダルダルは相変わらずですが、食欲も普通にあり元気にしています。本当は今週、木曜日に膀胱炎の方の尿検査の予定だったのですが、目のための新たな抗生物質は始まってしまったので、尿検査もまた2週間の延期になりました。このままだと当分カット延期かなぁ・・・。今年の冬は本当に厳しい寒さの日が多かったので、家の中にいても薄手の洋服を着せていたせいか脇の下や胸の辺りに毛玉がたくさん出来てます(;_;) ブラッシングもしているのですが、適当にやっていてはダメですよね~。日々、脇の下の毛玉と格闘していますが、たまにお坊ちゃまのお口が「ガウ」となるのが怖いです~。

そろそろ家のなかでの洋服はいらなくなりますね。一般的に気温が20℃以上になったらワンちゃんには洋服を着せない方がいいとか?ワンコの洋服も衣替えの季節ですね。厚手のものはお洗濯をして、また来年も着られますようにと願いをこめてしまうことにしますね。
春休みと言えば・・・
今日は暖かな1日でした。九段の靖国神社の桜は何輪か咲いたようです。来週1週間も暖かい日が続くようなので、そろそろ桜の開花の便りがあちこちから聞こえてきそうですね。

この時期になると思い出すのが一昨年の春休み。肛門周囲腺腫の摘出のために5日間の入院をしました。肛門周囲腺腫は雄性ホルモンが原因でなる病気で、今後のことも考えて去勢の手術をその時に一緒にしました。もっと若いときに去勢の手術をしていれば14歳という高齢になって手術をしなくても済んだのにと、その時は随分悔やみました。パイが小さい頃は去勢の手術をすることにたくさんの迷いがあり、結局手術せずに14歳まで来てしまったのでした。その時すでに腎臓も心臓も健康な状態ではなく、でも、まだ手術には耐え得る状態ではあるので手術をするなら今と獣医師から手術を勧められました。手術に万全な体調で臨めるようにと術前、術後を含めて5日間の入院でした。

女の子も男の子も若い頃はホルモンが原因で病気になる確率は低いと思うのですが、長生きをすればするほどその確立は高くなります。でも、それはあくまで確率なので、ラッキーにも生涯そういう病気に罹らない子もいます。パイの場合、前立腺肥大にもなっていました。去勢をしている男の子は前立腺肥大にもならないとのこと。先生から色々と手術のことで説明を受けた後、つくづくパイに申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。

去勢や避妊の手術は飼い主次第です。確かに自然のままがいいというのも1つの考えかもしれません。でも、ワンコの平均寿命がどんどんと延びていくのであれば、ホルモン系の病気に罹る確率も高くなります。病気に罹る確率を少しでも低くして心配事を減らし、出来る限り快適なシニアライフを送らせてあげるのも飼い主の義務ではないかなと思います。パイがもっと若い頃に、このことに気がついていればなぁと今でも時々思うことがあります。

↓は退院の日の朝、病院の外のベンチで朝ゴハンを食べるパイです。左前足にまだ点滴の留置針が入っていて黄色の包帯を巻いている足が見えるこの写真を見るたびにいまだに「i痛い思いをさせて、ごめんね」と心の中で謝る私です。
病院にて。

春休み~~♪
ほほほのほ~~、本日で本年度の授業も終わり、明日から2週間の春休みでごわす~~♪ってなわけで今日はちょっと浮かれております。それでこんな風に浮かれていたので、何人かの生徒に渡した修了証に自分でサインをするのを忘れたのに、ついさっき気がつきました(-_-;) まあ、私のサインなんてあまり意味のないものだと私は思っているのですが、空の修了証渡すのはまずいですよね。とりあえず明日生徒に連絡しないと。自分に喝だ!ま、いつものことですが、こうやって浮かれているうちにあっという間に2週間終わって、またまた重い気持ちで新学期に突入するんですね。あー、こういう生活を私は何年やってるんだろうと思いつつも心は「花見はいつにしようかな」なんてことも考えたりしてます(#^.^#)

お話変わって、本日のお坊ちゃま相変わらずだるそうです。それでも昨日から飲んでいる整腸剤のお陰でウ○チはとっても立派なのをなさってます(笑)それにだるい割りには食欲は普通です。ま、これはいいことなんですけどね。だるい上に更に食欲がなかったら、心配で春休みどころではありません。月曜日から飲んでいる抗生剤も半分を飲みきりました。目はかなり良くなっているように見えます。早くお薬が止められるといいのになぁ。

↓ダルダルで寝ているお坊ちゃま。こんな風に寝入ってしまっているのに不思議とゴハンの時間にはちゃんと起きてくるのです。もしかしてこれは薬のせいでだるいのではなく老化が進んでいるのか?なとど考えたりもしたのですが、どうでしょうね。
(~-~)...zzzZZZ乙乙乙


そう言えばつい何日か前の朝の情報番組で犬と猫の平均寿命が10年前に比べたら倍くらい延びているというのをやってました。朝、ぼーっとしながら見ていたのでうろ覚えですが、犬が15歳で猫が16歳だったような気がします。この頃は家の中で飼うお家が多いせいで、昔に比べるとストレスが少ないこと、獣医療の進歩、ドッグフードの多様性などが理由だそうです。で、寿命が延びていることで動物用の介護用品が売れているとか。床ずれ防止用のマット、オムツ、カート等々。確かに我が家にもこれらのもの備えてます。寿命が延びたことで飼い主さんたちは嬉しい反面大変なのは医療費。何処も同じですね。

あれれ?
気がついたら日記をおサボリしておりましたですねぇ(^^ゞ 今週が終わると教室は2週間の春休みに入るので、なんだかその前哨戦みたいな感じで(こういう時に前哨戦という言葉は使わないのか?)すでにだれております私でございます(;´ー`)┌ で、本日はパイの1週間に1度の通院日。世の中は春分の日でお休みですが、病院は明日あさってとお休みで今日から4連休なので、パイのように定期的に通院する必要のある子のみ予約診療で診てくれます。

目のための抗生剤を飲み始めてから、どうも身体がだるそうでゴハンを食べてからすぐ寝てしまったり、朝は中々起きてこなかったりとちょっと心配でした。それと火曜日以来ウ○チが出ていなくて、それも気になっていました。眼科でいただいてきた抗生剤をネットで調べてみても、副作用に身体がだるくなるとか便秘とかという症状はないし、でも、こういう状態になったのは抗生剤を飲み始めたからだしと思い、今日、病院で相談してみました。先生は多分抗生剤が影響しているのではないかと言ってました。特に、膀胱炎で抗生剤を飲んでいたこともあり身体全体に疲れが出ているのかもしれないとのこと。お腹もやはり腸の働きがあまりよくないことと、また少し張っているようでした。それと身体がだるくと動きも悪いので便秘気味になるということもあるかもしれないです。出来れば抗生剤は飲まない方がいいけど、目のこともあるので何とも言えないとのことで、とりあえず今飲んでいる胃の薬を粘膜を保護するものからまた以前の制酸剤に変えていただき、整腸剤を新たに加えてもらいました。その後、いつもの点滴をして終了。今日は完全予約なので待つこともなく30分ほどで終了しました。

今日は冬に逆戻りしたような陽気で寒い1日だったので、その後すぐに家へ帰ってきて夫と私はお汁粉なんぞ作って食べてましたが、パイさま起きませんでした。いつもだったら何か食べている雰囲気を察知したらすぐに起きてきて「ボクにもクレ~~」が始まるのですが、やはり身体がだるいのと、通院疲れなのか起きてこなかったので、そのまましばし寝かせておきました。1時間くらいして整腸剤を飲ませるのに起こしたら、自分はお昼ゴハンを食べてないと気がついたようで、「何かくれ~~」が始まったので、いつもより少し控えめにお昼を食べさせました。その整腸剤が効いたのか、晩ゴハンのあとにすご~~く立派なウ○チをしましたぁ( ̄▽ ̄;) 身体はだるそうですが、食欲はバッチリ(^_^)v 何よりです(#^.^#)

そうそう、目の方は一時に比べたら目の周りの腫れは大分治まったような気がします。また、目ヤニも少なくなり普通のものに戻りました。でも、涙はまだ流れ出ているようで目の下がしっとりと湿っている状態は変わらずですが、多少少なくなったかなぁ・・・?早く抗生剤が止められるといいのですが。

ここのところまたまた闘病日記のようになりつつありますが、パイ自身は身体のだるそうなのを除けばまあ元気にしています。目のこともあり当分カットは先送りなのでかな~りのもじゃお君で、そのもじゃもじゃのお顔をゴハンを食べたあとあちこちに擦りつけたり、夫を顔を擦りつけるのに使ったりして私に叱られています。笑ってしまうのは擦りつけると叱られるなぁというのがわかっているらしく、擦りつける場所を探しながら私の顔色を窺っています(* ̄m ̄)プ 

春の訪れとともに明るい話題を提供できるといいなぁなんて思ってますので、気長にお付き合いくださいね。
眼科に行ってきました(あ、パイのね)
11時半の予約で眼科に行ってきました。先週、金曜日に予約を入れたときにはそれほどひどくなかったのですが、その後目ヤニの量が増え、右目の目頭の辺りが上下瞼とも腫れてきてしまい、その部分がまた脱毛してきてしまったので早く診てもらった方がよかったかなと後悔してました。

涙の量は普通で特に問題はないようですが、マイボーム腺がかなり詰まっており、瞼がデコボコになっているとのことで、それで炎症が起きて腫れてしまったのではないかとのことでした。目ヤニを調べてもらったのですが、普通の細菌で特に変わったものではないそうです(普通の細菌ってなんだ?と思ったのですが、悪いものではないと言われて、そのまま追求せずでした)。脱毛してしまったのは先生も良く分からないようでした。以前行っていた眼科でマイボーム腺が詰まって脂が分泌しないと禿げてくると言われたことがあるので、それかなぁ?右目も充血がまた少しひどくなってしまったのですが、こちらは多分白内障からきているものでしょうと言われました。

マイボーム腺の詰まりが少しひどいので抗生物質の内服薬と目薬で少し様子を見ることになりました。黄色っぽい目ヤニがかなり出るので、朝起きたときに目が鬱陶しいのかしきりにこすろうとするので、慌てて止めさせてますが多少の痒みもあるようです。そんなことも説明したらステロイド剤も処方されたのですが、飲ませようかどうしようかと悩んでます。ほんの少しの量(5mg)を朝1回だけなのですが、身体に全く影響がないわけではないだろうし、以前何度か飲んだ時の、食欲亢進、水のがぶ飲み、すぐに興奮状態になること、息遣いが荒くなってしまうことなどを考えるとちょっと躊躇してます。痒みが今以上に酷くなって、しょっちゅう目をこするようであればやはり飲ませた方がいいかもしれないですね。

膀胱炎のための抗生物質がやっと先週金曜日に終わったと思ったら、今度は目のための抗生物質。今回はとりあえず10日間の服用ですが胃に影響が出ないといいのですが。膀胱炎のために抗生物質の時にはやはりウ○チが少し緩くなってましたが、下痢ピーになるほどではありませんでした。そんなこともありやっと終わってほっとしたところだったのになぁ・・・。抗生物質はどうしても腸内の必要な菌を殺してしまうという性質があるようで、ウ○チが緩くなるのは仕方ないことのようです。

抗生物質の目薬を1日3~4回点眼とのこと、その後に人工涙液の点眼でこれからしばし、またまた一日中目薬ばかりの日々のパイさま、只今お疲れでマザーボールの上でお昼寝中。食欲も元気もありますのでご心配なく(^_^) 今日もおとなしくいい子で眼科受診でした。先生、看護士さんから「おとなしくていい子だね~」と褒められてました(#^.^#)

そんな訳でトリミングは当分先になりそうです。ま、トリミングに行かなくてもどうってことないし、むしろパイにとってはトリミングは迷惑なものだろうしねぇ。
春かな?
昨日、今日とほんとにぽっかぽっか(と言うよりは暑いくらい)のお天気でしたね。春到来?

昨日は久々にパイといつもの公園にお散歩に行きました。寒くなってから定期的にお散歩に行っていなかったので、ちゃんとしたお散歩は久々かも?右前足が少しずつ変形してきて歩きにくそうなので、お散歩に出ても歩くのはほんの少し。パイ自身もお散歩にはあまり積極的ではなくなりました。ただ、お外の空気は好きそうなので、カートに乗せて外へ出ると結構おとなしくウォッチングを楽しんでいるように見えます。これから梅雨に入る前のほんの少しの間、ワンコさんたちにとってはお散歩に一番言い季節なので、なるべくパイと一緒に外出しようと思います。

昨日は暑さもあってちょっとお疲れ気味のパイさんで足のこともちょっと心配だったけど、今日は普通にしてました。相変わらず食欲旺盛。夕食も済んで私がキッチンで洗い物をしている間、まだ何か食べるものでも出てこないかなぁとキッチンとリビングの境目で待っていましたが待ちつかれて寝てしまったパイさま↓ 小さい頃は、私がキッチンに立っている間はいつもこうやって私の方を向いて寝ていたなぁと、ふと思い出しました。甘えん坊さんはずっと変わらないのですが、この頃は自分のペースで甘えてくるというパターンになりました(*^_^*)
待ちくたびれたよ~(=_=)

なんとな~く気になること。
なんだか今日はヘンなお天気でしたね。あ、これって東京だけでしょうか?午前中は小雨で晴れ間が覗いていたときもあったのに、午後になるに従ってどんどん荒れ模様の天気になってきて、夕方は雷&大雨。今は更に強風まで加わって、春の嵐でしょうか?

こんな荒れ模様のお天気が今日で良かった。昨日はパイの病院の日でした。この1週間、特に大きな変化もなく、心配していた嘔吐もありませんでした。お腹の張りも今のところないようです。抗生物質の内服薬は今日で終了。2週間後に尿検査の予定です。胃薬も明日からは胃粘膜を保護するタイプのものに変わります。肛門腺を絞ってもらい、その後点滴でした。↓は終わってお疲れのパイです。さすがにちょっと情けないお顔ですね。そろそろカットに連れていきたいところですが、先生からもう少し体調が安定してからの方がいいかもしれないと言われました。もじゃお状態がもう少し続きそうです。
疲れたよ~。早く帰ろう~!


で、この↓の写真を見ると、右側(向かって左側)の目の下が濡れているのが分るでしょうか。ここ2週間くらい、いやに涙が流れ出て(両目とも)目の下がいつもしっとりと濡れている状態なのです。右側は目の下の毛が元々薄い茶色なので、濡れるとその部分が濃い茶色になって左側に比べると目立ちます。目ヤニも普段に比べると多いようですが、特に目がしょぼしょぼしているとか開けにくいという状態ではないので、どうしたものかなぁと悩んでます。目ヤニと目の下はまめに拭いて濡れた状態にならないようにしているのですが、今までドライアイと言われていたので急に涙の量が増えるというのは考えにくいし、このままにしておいてもよくないので、来週の月曜日に眼科で診てもらうことにしました。
証拠写真

あ、パイ自身は元気ですよ~。相変わらず食欲旺盛。時たまお茶目なことをやってます。気温の上昇とともに朝起きる時間がほんの少し早くなりました(#^.^#)
足とお尻の日。
昨日は日中、ちょっと暑くてちょっとの間、窓を開けておいた時間もあったのに、今日はまた少し寒さが戻ってきてしまいました。さて、タイトル通り、今日は1週間に1度のパイの足とお尻のみのシャンプーの日。足とお尻限定なのでシャンプーは比較的早く済みましたが、この頃カットに行ってないので毛がモコモコでドライヤーで乾かすのにちょっと時間がかかりました。

で、終わっていつものようにオヤツのボーロの袋に手をかけながら、ふと「へへへ~、この手があるじゃん」とパパラッチに変身。今日はこの間に比べるともう少しマシな写真が撮れました。では怒涛の3連発をどうぞ↓

ドライヤーが終わっておくつろぎのパイさん「おやつだよ~」と言うと「えっ?オヤツ?」と半信半疑で近付いてきました。相変わらず目は全然違う方向へ。カメラを構えているから一瞬止まるんですね。でも、食べ物にはやっぱり逆らえないパイ。
おやつ、ください!


急に寄ってきたからピンボケ。でも、久々にどアップです。相変わらず目は違う方向に泳いでます。
あれ?ないの? 


こうして見るとずいぶんと耳の毛が伸びました。お顔も横に広がってるし。洋服の首のところがきつくなってしまい、ボタンがかからなくなってしまったので、この洋服を着るときはいつもこうやって毛が出ている状態です^_^; やっぱ、カットに行かないとだわん。来週は暖かさが安定しているようなので、そろそろかなぁ。
おやつ・・・早くしてください。

パイのこだわり。
パイさま、只今抗生物質と胃薬は散剤を飲んでます。サプリはピルクラッシャーで砕いてゴハンに混ぜて食べさせていますが、お薬(心臓と腎臓)は単独で飲ませています。腎臓と散剤はガムシロップを混ぜて飲ませていますが、朝晩と日中にも飲ませるので、今はガムシロップの使用量がちょっと多くなってます。カロリーも気になるところなので、カロリーゼロのガムシロップを試してみました。結果は・・・全然ダメでした。クンクンとニオイを嗅いで「これ、いらな~い」と拒否されてしまいました。カロリーゼロなので普通のに比べると多少甘味の濃厚さが少ないかなと思ったのですが、口にする前にすでに拒否されたということはニオイがダメなのでしょうね。人工的なニオイがしたのかなぁ?ま、あげればなんでも食べてしまう食欲大王のパイでも一応、こだわりがあるのでしょう。散剤はずっと続くわけではないので、期間限定で良しとするしかないですね。

今日のパイの写真を撮ろうと頑張ったのですが・・・
失敗その1
シャッター押したと同時にこんな具合にかわされました(;´ー`)┌


めげずにまたトライ。
失敗その2
あれれ、また失敗。どうしてそんなに嫌かなぁ・・・。


でもって、またまたトライ。
失敗その3
あと少しだったのに・・・


いい加減、意地になってる私は、またまたトライ
失敗その4
え~~、これってあんまりだぁ(;_;)


ということで、こんなところまで追いかけてついに成功!お前はパパラッチかと言われそう。
ついに成功~~♪
ははは~~、トイレまで追いかけて行きました。さすがにお坊ちゃま、油断してます。


以上、何の意味もない5連発でした(^^ゞ
お彼岸も近いので・・・
今日は実家のお墓参りに行ってきました。ポカポカで春の陽気の東京地方。お寺の境内にある梅の木からは良い香りが漂っていました。春ですねぇ。友人が勤めているお花屋さんで用意してもらったお供えのお花も春らしい色合いの可愛らしいものにしてもらいました。3月5日は亡母の誕生日だったので、お参りしながらお誕生日もお祝いしておきました(#^.^#)

お墓参り後、ちょっと買い物に寄りました。お腹が空いていたのですが、お留守番しているパイのことを考えると、どこかに寄って食べていくより何か買って帰ろうと途中でマックのドライブスルーへ。夫も私もお腹が空いていたので途中で車の中から見たとある看板「かに井」と書いてあったのに、それが「かに丼」に見えてしまって大笑い。

夕方、横になってウトウトと居眠りしていたらパイお坊ちゃまから舐め舐め攻撃で起こされました。ん?と思ったらトイレでオシ○コをしたので教えてくれたんですね~( ̄▽ ̄;) つまり夕方のゴハンの時間で、いつものパターンで「オシ○コに行ってからゴハンを食べる」ので、「オシ○コしたから、ゴハンくれ~」という意味なんですね。正確な腹時計だこと(;´ー`)┌ 食欲旺盛で何よりです。胃薬のお陰で今のところ嘔吐もありません。このまま良い体調を保ってくれますように。 
本日通院日なり。
今朝、病院に電話して受付をお願いしたら「今日は10時半に新患の方の予約が入っていて11時に皮下点滴の方がいます。それで今は急患が入っているので、かなり混んでいます。多分、お待ちいただくことになってしまうと思います。」と言われてしまいました(-_-;) あれれ~~仕方ないので11時過ぎに病院へ。混んでましたぁ(・_・;) 結局1時間くらい待ったでしょうか。

今朝、パイはいつもの時間に起きてきたのですが、それからまた2度寝に入り、私が朝ゴハンの支度をし始めるといつもだったら起きてくるのに中々起きませんでした。いつもより30~40分くらい遅く朝ゴハンを食べた後、口をピチャピチャとさせていたのでひょっとしたら気持ち悪いのかなと思って、嘔吐しないかとひやひやしながら見ていたのですが、なんとか大丈夫でした。

病院でその話をして診ていただいたのですが、お腹が痛い様子ではないのだけどお腹がかなり張っていて、ゴロゴロと音がするのでお腹にガスが溜まっているのではないかとのことでした。抗生物質の服用が長くなっているので胃が少し荒れているか、胃酸過多になっているかもしれないそうです。ただ、せっかく膀胱炎が治まっているのであと1週間は抗生物質を続けた方がいいとのことで、とりあえず今日から朝晩、胃薬を飲むことになりました。この頃、ゲップが多いこと伝えたら、お腹に溜まっているガスが原因でしょうと言われました。オ○ラもしませんか?と聞かれました。そう言われれば、1週間くらい前に私と2人でいるときに「ん?なんかくさいぞ~~。」という時があり、私には覚えがないし^_^; んじゃパイかなぁと思って、お尻のあたりをクンクンしたら、ビンゴ~~!オ○ラをするというのはパイにとってはかなり珍しいことなので、なんだろう?と思ってました。お腹にガスが溜まっていたのね~。

いつものように点滴をして今日は爪を切ってもらって終了。家へ帰ってきて時計を見たら1時半になってました。パイ、疲れたねぇ。

↓家へ帰ってきてお昼ご飯を食べて、さぁ~て寝るか~~のパイ。
ボク寝るよ~(=_=)


物思いにふけってるパイお坊ちゃま。この写真見ると、やっぱり老けたかなぁと感じます。
全体に色が薄くなったもんね。
ぼ~~


なんで?
今朝のこと、私が夫のトレーナー(洗濯済みのもの)を畳んでいたら、それまで寝ていたパイがふと目を覚ましトコトコと私のそばまでやってきて、私の顔をじーっと見て、その後畳み掛けのトーレーナーのまん真ん中にお尻からどーんと乗ってきました。しかも私の方にお尻向けてるし ^^; どいて~って言っても、私の方をちらっと見てそのまま寝てしまいました。ワンコってどうしてこういうこと好きなんでしょうね。これは甘えているのでしょうか?ワンコってシニアと呼ばれる歳になってもこういうお茶目なことをやるところがほんと可愛いです(#^.^#) しかし↓この写真しげしげと見たら、相変わらずでっぷりなおちりですわん( ̄▽ ̄;A 

あ、写真の下の方に見えるブルーの丸太のようなものは私の足(ひざ小僧のとこ)です。パイのむっちりおちりに負けず劣らずむっちりとしておりますです(*v.v)ハズイ...
ボクの場所~~♪


そうそう、日曜日に近所に買い物に出かけて帰ってきて玄関のあたりをうろちょろしていたら、ご近所の方がワンちゃんをお散歩させながら我が家の前を通りました。挨拶したらおもむろに「パイちゃんは?」と聞かれたので、「?」という顔をしながら「家の中で寝てますけど?」と答えたら「あ、あ、そうよね。ごめんね。」と言うのです。その返事もなんだかヘンだよなぁと思ったのですが、多分、この頃、パイと会わないのでどうしたのかと思ったのでしょうね。

ご近所で愛犬を亡くされた直後、皆さんほとんどの方が「中々外に出る気にならなかった。人に会うのがいやだった。」と言うのは、自分の愛犬が亡くなったことを敢えて他人に伝えたくないし、「ワンちゃん、どうしてる?」と聞かれるのも辛いものがあるのでしょうね。私がもしそういう立場になったら、やっぱりそういう風に聞かれるのも辛いだろうし、元気にしている今でさえ興味本位のように「どうしてる?」と聞かれるのはやっぱり嫌な気分です。だから、歳を取ったワンちゃんの飼い主さんには敢えてワンちゃんのことは聞かないようにしています。だって、元気だったら自分からワンちゃんの話はするだろうしね。

滅多にないことですが、
パイが「ガゥ~」とすることは滅多にないのですが、ほんのたま~に威嚇のつもりで「ガゥ~」とお口が出ることがあります。ほとんど(100%と言っていいほど)はクシで毛玉を梳いているときです。多分、引っ張られて痛いので、お口がガッっと出るのでしょう。もちろんそこで咬んでも、ほとんどの場合は力が入っていないので「何するんだよ~~。咬むぞ~~!」と脅かしているんですよね。「あ~~ごめんごめん。痛いねぇ~。」と言いつつもコーミングは止めません。

冬の間、家の中でも洋服を着ているので、どうしても脇の下とか首のところに毛玉が出来てしまいます。この頃、毎日ブラッシングしていないので余計に毛玉大王になっちゃうのでしょうね。ブラッシング以外にもやることがたくさんあって、パイも疲れちゃうかなと思って、つい後回しにしてしまうので気がついたときには毛玉大王に(;_;) 今日もなぜか前足の甲のあたりでクシが引っ掛かるので、なんでこんなところが毛玉なんだろうと、よく見てみたらお薬を飲ませるときに使っているガムシロップが落ちたようで毛がガムシロで固まってましたぁ('_') シーズーの魅力はきれいな被毛にあるのですが、やっぱり手入れは大変ですよね。とてもじゃないけどフルコートはムリ。暖かさが安定してきたらカットに出そうと思っていますが、まだ当分先かなぁ・・・。
今日から3月。
パイの嘔吐は治まっています。ご心配をおかけしました。昨日はイマイチだった食欲も今日は元に戻っており晩ゴハンは催促されました(-_-;) ただ、いつもに比べると元気がないと言うか、動きが悪いように感じます。こういう時こそ人間の言葉がしゃべれたらいいなぁとつくづく思います。まあしばらくはパイにぴったりと張り付いて様子を見ていないと(パイにとってはとっても迷惑なことだと思うのですが)。

私も少し神経質になりすぎかなと思うのですが、パイがクチャクチャやってたり、ゲップを「ゲッ」としただけでも「え、え、ぇ、大丈夫~~~」とパイを覗き込んではとっても嫌がられております(*_*;

今日から3月。今年も2ヶ月(6分の1)過ぎ去ってしまいましたねぇ。そして3月は別れの月。うちの教室に来ている唯一の中学3年生も今年度で終了となります。小学生の頃から友達と通っていたのですが、中学生になると毎年、1人減り、2人減り・・・結局最後まで残ったのは彼1人。でも、1人になっても頑張って通ってきました。

この頃は中学生になるとほとんどの子が塾通いを始めるので、うちのように英語しか教えていない教室は余程英語が好きとか他に行くところがないという子以外は学年が変わるごとに減っていきます。親にしても続けさせたいのは山々だけど、1ヶ月の塾の費用だけでも結構な金額になるので余裕もなくなりますよね。事情はよ~く分るのですが、せっかく小学生(または幼稚園生)の頃から育ててきた子をいつも途中から塾にさらわれるような気がして、悔しい思いをしています。どんな形にせよ英語を続けてくれればそれでいいと自分を納得させるようにしているのですが、まだ修行の足りない私は、中々自分の気持を切り替えることができません。

で、件の中3生ですが、やはり受験科目の中では英語が一番秀でているのでなるべく英語で点数を稼ぎたいと一生懸命に勉強していました。今どきの子にしては珍しく塾へ行かないと宣言していた子なので、自力で受験勉強を頑張ったお陰で志望校に受かって私もほっとしています。本人もほんとに嬉しそうでした。うちの教室はもう卒業していってしまうので、この先、どんな風に成長していくのかその過程が見られないのがちょっと残念ですが、諦めずに色々なことに挑戦して自分の未来を築いていって欲しいなぁと思います。
プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。