*All archives* |  *Admin*

2011/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パイといつも一緒。
まだ梅雨も明けてないのに毎日真夏の暑さですね。今からこんなでは8月になったらどうなってしまうのでしょう。パイにはこの暑い夏を越えるのはむりだったかなぁ・・・と思っています。

今日も素敵なお花が届きました。

あずママさんより。
あずママさんより。

リーchanママさんより
リーchanままさんより。



お二人ともHPやブログを通じてのお友達です。パイのことや仕事であれこれと忙しい時はほとんどお友達のブログやHPにも遊びに行けなかったのに気にかけていただいてありがとうございます。優しいお心遣いとても嬉しかったです。




そしてこちら↓
カプセル

このカプセルは高さ4センチ、直径1.5センチくらいのものですが、中にパイの遺髪と乳歯を入れてます。遺髪は去年の1月頃だったと思うのですが、自慢の長かった尻尾の毛を切ったもの。捨てるのがもったいなくてなんとなく取っておいたものの一部。そして乳歯はもちろん永久歯に生え換わる時にたまたま気がついて抜けたものを捨てないで取っておきました。お骨を分骨していつも身につけている方もいらっしゃるようですが、私は遺髪と乳歯にしました。これでいつもパイと一緒。パイが私を守ってくれています。




スポンサーサイト
パイのいない日々。
まだ実感できないでいる私です。
パイが寝ていた場所はリビングのソファのすぐそば。私がキッチンに立って家事をしている時に一歩後ろへ身体をずらして顔を左に向けるとパイが私の方向に頭を向けて寝ている姿を確認できました。いなくなった今でもついその動作をしてしまって、パイがいないことに気がついては、涙がじわーっと出てくる始末。こんなものなのでしょうね。

それに何をしていても涙が突然出てきます。朝の仕事を終えて家へ帰る途中、自転車を走らせながら突然涙が出てくることもあります。なんだか日が経つにつれてパイがいなくなったという現実に気がついているようです。ほんとに寂しさを感じるのはこれからなのでしょうね。

今日も素敵なお花が届きました。ふむふむさんからこんな↓素敵なお花が届きました。プリザーブドフラワーなのですが、ボックスに入っていて右側にお花、左側には写真が入れられるようになっています。白いリボンが掛かった箱を開けた途端に、涙が出てきました。温かいお心遣いが嬉しかったのですが、写真立ての方に入っているワンちゃんの写真を見たらなぜか涙がだーっと流れてきてしまいました。パイの写真ではないし、よく写真立てに入っている飾りの写真なのですが、なぜだか分からないのですが、その写真を見た途端に涙がとめどなく出てきてしまい、しばらくその写真立てを持ったまま泣いてました。ふむふむさん、ありがとう。

ふむふむさんより。


ありがとうございます(その4)
今日も素敵なお花が届きました。パイさま、お花屋さんになったみたいです(*^_^*)

ぶんままさんより。
ぶんままさんより。

ふろまぁじゅさんより。
ふろまぁじゅさんより。

Mさんより。
夫の友人のMさんより。

mickmeguさんより。
mickmeguさんより。

さぶ母さんより。
さぶ母さんより。

フックママさんより
フックママさんより。


皆さま、本当に優しいお心遣いありがとうございました。パイもこれだけのお花に囲まれたら寂しくないでしょう。



ありがとうございました(その3)
今日は午前11時半よりパイの葬儀でした。ほんとにほんとにこれでお別れ。出かける前にパイを抱っこして我が家の各部屋にお別れをしました。小さい頃からの思い出が一気に蘇って涙で前が見えなくなりました。色々なことがあったよねぇ、パイ。

葬儀場へ行く途中にも、かつて元気な頃にお散歩をしていた公園、通院でよく通った道などほんの短い時間ですが夫に車で通ってもらいました(:_;) パイの魂は何かを感じてくれたでしょうか。

葬儀場の入り口ではこんな↓メモリーボードが私たちをお出迎えしてくれました。
メモリーボード


私たちが手続きをしている間、パイはこのバスケットの中で待ってもらいました。こうやって横になっている姿を見るとまだ生きているのではと錯覚してしまうくらい自然な姿でした。
バスケットの中で。


そして棺に納められたパイ。パイの好きだったボーロやりんごなどを一緒に納め、去年の12月に日清ペットフードから頂いた「長生き表彰状」のコピーも一緒に入れてあげました。お花で飾ったあとは私たち夫婦とパイの3人だけのお別れの時間。夫と2人でよく泣きました。2人とも「親が亡くなった時よりも泣いてるかもしれないねぇ」と言いながら泣いてました。
お花で飾られて・・・

祭壇



パイさま、こんなに小さくなってお家に帰ってきました(:_;)
お骨になったパイ。



そして今日もきれいなお花が届きました。

クラチさんより
そらままさんより


ピノコさん&スリーピーちゃんより
ピノコさん&スリーピーちゃんより



はるさんより
はるさんより


みくさんより
みくさんより


みなさま、温かいお心遣いありがとうございました。お骨になってもパイはお花に囲まれて賑やかに過ごしています。そして私はまだ無意識のうちにパイの姿を探してます。

とりあえず葬儀のご報告まで。







ありがとうございました(その2)

lotsofflowers


昨日の記事にコメントをありがとうございました。お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。もう少々おまちくださいね。またお電話やメールで私のこともご心配いただき本当にありがとうございました。

パイは今たくさんのお花に囲まれて静かに眠っています。今日はネットでお知り合いになったびんちぇさんとコロニャンさん一家がパイにお別れをしにきてくれました。びんちぇさんは愛犬チェリーちゃんを、コロニャンさん一家は愛犬なっつくんを連れてわざわざ遠くから足を運んでくださいました。ありがとうございました。

明日11時半から葬儀の予定です。今日が本当にパイと過ごす最後の日になります。

パイにいただいたお花たち↓素敵なお花をありがとうございました。

びんちぇさんより
びんちぇさんより。



ぶべははさんより
ぶべははさんより。


コロニャンさんより
コロニャンさんより


ももママさんより
ももママさんより


Fちゃんより
Fちゃんより








ありがとうございました。
本日夕方4時頃にパイが旅立ちました。

満身創痍の中、本当によく頑張ってくれました。残念ながら7月10日の20歳の誕生日を迎えることはできませんでしたが19歳と350日ほぼ20歳までよくぞ頑張りました。ここ2~3日食欲も極端に落ちて、昨日からお水を飲むこともしなくなってしまいました。でも、最後の力を振り絞って私と夫がお休みの今日まで旅立つのを待っていてくれました。私たち2人が見守る中静かに息を引き取りました。今日の夜は静かにお別れをしたいと思います。

今は、悲しくて何をどう書いたら良いのか分かりません。今まで応援していただいた皆さま、本当にありがとうございました。辛い時も皆さまの「頑張って」というお言葉で本当に励まされました。また気持ちが落ち着いたらパイの最期の様子などアップするつもりでいますが、とりあえずお知らせさせていたきました。

亡くなった直後のパイです。とても穏やかな表情でまるでいつものように私の姿を探しているような顔です。
最後の一枚。


超ご無沙汰ですみませんです^_^;
ブログにアップせねばと思いながらも日々どんどんと増えていく「しなければいけないこと」に追われていて、気がつけば毎日寝るのが1時過ぎ。パソコンの前に座ると居眠りをしてしまう今日この頃です。皆さまに聞いていただきたいことがわんさとあるので日を遡って書いていきますね。ちょっと長くなりますが休み休み読んでいただければ幸いです。

まずは5月23日のこと。夫のブログを読んでいただいている方はご存知かと思いますが、この日、パイは右腕と右肩の床ずれの部分をレーザー蒸散という方法で焼く?処置をしました。関節の部分の床ずれの一部から骨が露出してしまったこと、また他の部分の床ずれが少し広がってしまったのでこれ以上広がらないように、そして骨が露出してしまった箇所については骨にまで浸潤しないようにということでレーザー処置をすることになりました。その2~3日前から食欲が少し落ちていて、通院日当日にはゴハンをまったく食べなくなってしまったのでひょっとしたら痛みもあったのかもしれません。待合室で待っている間、皮膚の焼け焦げるような臭いの中であれこれと考えていたらどよんと暗い気持ちになってしまい、更に処置が終わったあと、診察台の上に横たわっているパイを見たら切なくて涙が出てきました。こんな風にしてしまって本当にゴメンと心の中でひたすらパイに謝りました。病院ではいつも良い子のパイなので、その日も先生から「パイちゃん文句も言わずによく頑張りましたよ。」と言われました。その日は食欲もないかなと思っていたのですが、朝ゴハンも食べなかったので少しお腹もすいたのでしょう。ササミとスープで遅い晩ゴハンを食べました。

処置後は一日に一度患部をぬるま湯で洗い抗生物質のクリームとワセリンで保護しているのですが、とにかく骨が突起している部分のガーゼがずれてしまって患部があらわになってしまうこともしばしばです。あまり空気に触れない方がいいとのことなのでとにかく気を使います。

毎日、毎日、ガーゼを換えながら患部を見るたびに、ずっとこのままなのかという不安ばかりでしたが、そんな中でもパイが淡々と日々を過ごしてくれていることで随分救われているような気がします。

レーザー処置から2週間経った今週の月曜日(6月6日)右前足の甲の辺りの部分に新しい皮膚が再生し始め、レーザーで焼いた傷跡が小さくなってきました。骨が露出していた箇所も少しですが皮膚が再生し始めていて、先生が「パイちゃん、すごいですよ!」とびっくりしてました。少し明るい兆しが見えてきて胸をなでおろしたのもつかの間、パイの枕に血と膿が混ざったような分泌物が着いているのを発見。少しずつ増えてきているのと、食欲がまた落ちてきたので、木曜日(6月9日)たまたま朝の仕事が休みだったので午前中に病院に行ってきました。

右上奥歯に溜まった歯石が原因で歯茎がかなり腫れていること、更に右下に口内炎が出来てかなり腫れていること、そして更に右上奥歯がその腫れた箇所に突き刺さっている状態だったそうです。パイはきっと痛かったでしょう(T_T) 歯がぐらぐらしていたら抜歯するつもりだったそうですが、歯はしっかりしていたのでとりあえず歯石だけ取っていただき、後は家でひたすら口の中を洗うようにと言われました。原因はやはり免疫力の低下だそうです。この頃、歯磨きまで手が回らなかったのでさぼっていたのも悪化に拍車をかけたようです。ほんとにトホホな気持ちで待合室で待っている間、何も考えられずにぼーっとしてしまった私でした。その日は抗生物質などのお薬は一切なし。口の中の状態やパイの今の体調を考えると服薬などはしない方がいいかもしれないとのことでした。

そんな状態なのでもちろんその日は食欲ゼロ。翌日になって多少楽になったのかほんの少しゴハンを食べてくれました。ここのところ比較的安定していた食欲だったので、これが原因でまた食べなくなってしまうことでパイの体調が落ちてしまうのも困るしなぁと思い病院に電話して相談しました。結局、服薬ではなく抗生物質の注射を打つことになり、前日に続いてまた病院へ。右下の腫れは取れて、そこの部分がクレーター状になってました(@_@;)が、腫れが引いたことでパイはかなり楽になったのではないかと思いますが、しかし、今度は左側の奥歯がやはり歯石が原因で赤く腫れていました(:_;) ただ、右ほどひどくないので取りあえず歯石を取って、あとはひたすら家で洗うようにとのこと。

一緒に来ていた夫が人間だったらビタミンBを飲めば治るのにという話を先生にしたところ、犬の場合はビタミンBよりCの方が効くとのことで、昨日からビタミンCを飲ませていますが効果はどうでしょうか?また緑茶もいいとのことなのでゴハンのあとにお茶を飲ませています。普通口内炎にはステロイドの軟膏など使うのですが、パイの場合、免疫力が落ちているので今は使わない方がいいとのこと。もう少し良くなればイソジンを塗布するのもいいそうですが、ひどい時には効果がないそうです。そんな訳で今はひたすらお水で洗ってます。

食欲ですが、う~ん、イマイチ。全然食べない訳ではないのですが、量がかなり少なくなっています。まだお口のなかがすっきりしないかなぁ・・・。早く食欲が復活しますように。

そんな訳で今週はちょっと元気のないパイですが、少しずつ元気復活しているように感じます(単なる私の希望的観測かもしれませんが)。でも、ギリギリのところで頑張っています。

長々と書いてしまいましたが読んでいただいてありがとうございますm(__)m
プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。