*All archives* |  *Admin*

2011/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月命日。
昨日の日記にも書きましたが、今日はパイの月命日。亡くなって3ヶ月が経ちました。私の心の中にはまだ亡くなった日のことが鮮烈に残っています。そう思うと月日は経ってもまだ私の時間は進んでいないようなそんな感覚です。

よく、知り合いや友人から「ワンちゃんがお散歩をしているのを見るのは辛いでしょ?」とか「抱っこしたり撫でたりするの辛くない?」とかって言われるのですが、不思議とそういう気持ちにはなりません。朝、仕事に行く途中に大きな公園があり、そこでたくさんのワンちゃんに会います。撫でたりすることもありますが、ワンコはやっぱり可愛いなぁと思ったり、やっぱり好きだなぁと思ったりしますが、辛いという気持ちにはなりません。ただ、パイのことを思い出すとやっぱり辛いし、悲しいし、寂しい気持ちになります。きっとこの寂しさはどんなことでも埋めることはできないと感じています。例え、新しいワンちゃんを迎えたとしてもパイの代わりにはならないので寂しい気持ちは紛れても、本当に埋めることはできないのではないかと思ったりもします。

シャンプー後?



↑2年前の今頃です。毛の濡れ具合から見てシャンプー直後ではないかと思います。多分、シャンプー後にもらっていたボーロ目当てでその場所にたたずんでいたのではないかと思います(^.^)

パイが家のコになったのが丁度9月の今頃なのでほんとに20年が経ちました。まだまだ納骨する気持ちにはなれない今日この頃です。


スポンサーサイト
お彼岸ですね。
先日の台風の被害などはなかったでしょうか。今年ほど自然に対して私たち人間は無力であることを痛感させられた年はないように思います。あらためて被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。それにしてもつい1週間前までは厳しい残暑にうんざりとしていたのに、お彼岸を境に急に秋らしい気候になってきました。夜などは窓を開け放しておくと寒いくらいになり身体がついていきません。皆さま、体調にお気をつけくださいね。

さて巷では3連休ということでいいお天気の中お出かけの方も多いことと思います。そんな連休の初日(23日)、私はパイの葬儀を行っていただいた「ペットエンジェルゲイト」へ「お彼岸供養祭」というのに参加するために行ってきました。まだお骨がお家にある場合はお骨と一緒にということだったので、パイと一緒に会場へ。葬儀をしていただいた場所と同じ2階。受付を済ませてその部屋に入った途端に胸がキュンとしてしまいました。開始の時間までぼーっと椅子に座って待っていたのですが、パイの葬儀の時のことが蘇ってきて思わず涙が。「あ”~こんなとこで泣いてはいかん!頑張れ~私~!」と必死に涙をこらえようとしたのですが、そう思うとどんどんと涙が出てきてしまって。始まるまでに顔がすごいことになってました^_^;参加した方の中には我が家のようにまだお骨がお家にある方もいらっしゃって、前にある祭壇にはお骨や写真、お供え物でいっぱいになってました。

ご導師様の読経が終了後は法話をしていただいたのですが、これがまた退屈なお話で、ついさっきまで涙が止まらなくて困ったいたのに、その退屈なお話のお陰で一気に涙が乾きました(-_-)zzz まあご導師様も人間ですから、お話が得意な方、そうじゃない方いらっしゃいますよね。その後、お骨をお持ちになった方は皆さん、またお骨を抱えて帰途に。そこに納骨なさっている方はまた納骨堂でも御経をあげていただけるそうです。

夫は野暮用で参加できなかったので、パイと2人で久々のお出かけでした。パイちゃま、繁華街(何せ池袋にあるので)の空気はどうだったかな。

明日はパイの月命日。亡くなって3ヶ月が経とうとしています。時間の流れは早いけど、相変わらず私は3ヶ月前のまま。4ヶ月、5ヶ月・・・1年と過ぎていけばこの気持ちも変わってくるのでしょうか。

*********************

飾ったものはこちら↓(実際の祭壇の写真は撮ってません。こういう時にカメラのシャッター音は迷惑かなと思ったので)

パイと一緒に。



カゴの中にはボーロ、ささみ(ソフトジャーキー)とリンゴを入れたのですが、このリンゴがイマイチ(イマ3くらいかな)だったので、リンゴのコンポートにしました。中々美味しくできましたよ~ん。もちろんパイちゃまのお供えなのでパイちゃまにもコンポートをお供えしました。

リンゴのコンポート



今回はリンゴの皮をいれたのですが皮の量が少なかったようで、うっすらとピンク色になったのはシロップだけ。でも、このシロップが中々美味しい。ごくごくと飲んでしまいました。




こ、これは一体・・・?


さらし首のようですが・・・



さて、これは一体何でしょうか?

この間からビーズでシーズーを作ろうと頑張っているのですが、試行錯誤を繰り返してやっと出来上がったのがこれ。頭の部分です。胴体部分を今作ろうとしているのですが、途中で何回ほどいたことか・・・。ビーズの編み図が迷路に見えまする~~~。いつか出来た暁にはここにアップしますね(いつになることやら)





あれ?気がつけば・・・
ぐすん(:_;) 今、せっかく書いた記事間違って全部消してしまいましたぁ(:_;)仕方ないので思い出しながらもう一度書きますね。

前回の更新から気がつけば2週間が経ってしまいました。その間、日本列島は夏から秋へと季節が移り変わろうとしていますが、台風が猛威をふるっていきました。あちこちで大きな被害が出ているようですが、皆さんのお住まいのところは大丈夫だったでしょうか。東京は台風の間もスコールのようなゲリラ雨に襲われこそしたものの、それほどの被害はなかったようです。ここ2日ほど秋らしいからっとした晴れの日が続いていますが、明日からまたあの夏のいや~な太平洋高気圧が日本列島に戻ってくるらしくまた暑い日が続くそうです。もうあの蒸し暑い夏はいらないって(;一_一)

パイが亡くなってからもうすぐ3ヶ月。この頃は亡くなった直後とはまた別の悲しみが襲ってきて、何をしていても「心ここにあらず」な状態です。今朝がた誰かに「パイが死んじゃったの~」と話している夢を見ました。でも、相変わらずパイは私の夢の中には現れません。虹の橋の向こうの生活が楽しいのかなぁ・・・?とそんなことやあんなことを一日の終わりに小さな「ありがとうろうそく」に火を灯しながら、パイに話しかけています。ちょっと不気味な絵かもしれませんが、私にとっては心が落ち着く時間です。あ、でも私は元気にしています。ご飯もしっかり食べて、夜もぐっすり寝て、ちゃんと仕事にも行ってます、何か物足りなさを感じていますが、毎日しっかりと生きてますので^_^;

パイが使っていたものなど少しずつ片付けて、大量に買ってしまったご飯やお薬などすぐに使えそうなものは動物保護団体に送ったりしていますが、まだまだ「どこ片付けたの?」状態で、あらためて20年という期間の長さを感じます。そうそう皆さんにもらっていただこう(押しつけよう?)と思っている洋服ですが、ここのところお天気がいいのできれいに洗濯をしています。それが済んだら写真を撮ってここに載せますので、よろしくお願いします。

もうそろそろお彼岸ですね。パイが家のコになったのが丁度9月のお彼岸の頃でした。だから、もうすぐ本当に20年が経ちます。その頃は私も若くて今よりもっと元気だったなぁ・・・なんてふと思い出しました。パイが家へ来た時のことは思い出すとまだまだ涙が出てきてパソコンのスクリーンが曇ってしまうので、またの機会にしますね。

パイのかかりつけの動物病院の先生から聞いたのですが、動物の内臓というのは大体10年くらいしかもたないように出来ているのだそうです。ちょっとびっくりでした。今は小型犬だと平均寿命が15歳くらいかな?その差は、動物医学の発達(とくにこの頃は予防医学という言葉もよく使われるようになりましたねぇ)ご飯などもあるでしょう。それに飼い主さんたちの意識も昔とは大きな差があるでしょう。とにかく色々なことが日進月歩ですよね。パイの19年と350日も(もちろんパイ自身の生命力もあるでしょうけど)色々な方に助けていただいたお陰だと思っています。

↓これは2006年のちょうど今頃の写真です。カメラを向けるとこうやってうま~く顔をそらせてました。15歳の頃です。まだまだ元気な頃でした。

秋深し、何を思うやら?




プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。