*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初七日。
亡くなった日を含めて7日目なので今日が初七日になります。ただ人間と違うので特に初七日の法要とかはしません。私にとってはそれよりも亡くなった土曜日の方が感慨深いだろうと思います。

明日の午後4時頃にはパイのことを思って黙とうしようかしら・・・。

今日は近所に住む友人のFちゃんが「初七日に」と言って可愛いプリザーブドフラワーをくれたので、そのお礼に朝の仕事の帰りに働いているお花屋さんに寄りました。お花屋さんには看板犬のレオくんがいます。いつも私が行くとお店の奥の方から出てきて「抱っこ~」をせがみます。今日もレオくんを抱っこしながらパイの話しをしていたらやっぱり涙が。涙が出ない日は当分ないのですね。

今日も素敵なお花が届きました。

優奈さんより。
優奈さんより


ゆうさんより。
ゆうさんより。



お二人とも、温かいお心遣いありがとうございました。

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
明日(もう今日ですね)で一週間になるのですね。。。
フォトフレーム、あんなにもパイの母さんを号泣させてしまったなんて…
ごめんなさいです。。。
きっと、今はお散歩中のワンちゃんや、テレビで映るワンちゃんを見ても
涙してしまっていると思います。
うちの伯母も、吉五郎が亡くなってもうすぐ4年になりますが、いつも
肌身離さず、ミニ位牌をポケットに入れて、吉五郎に話かけています。
吉五郎はセレモニーカーで火葬したのですが、火葬室のそばに、伯母の
手や身体の匂いを付けた、スタッフが毛筆で書いてくれた位牌を置いて
くれ、いつでも一緒にいられるようにと、葬儀の後伯母に下さいました。
お骨は今も家にあり、伯母が「私が死んだ時はお墓に一緒に入れて」と、
もう既に伯母が作っているお墓に、伯母の生前戒名の隣に吉五郎の名前と享年、
ワンの足跡のイラストをお墓に刻みました。

伯母も一時はどうなるかと思ったのですが、伯父が亡くなってから色々
やらなければならないこともたくさんあったので、悲しみに暮れる暇が
なかったことに、少し助けられていたようです。
でも、一人になって、思い切り泣く時間も必要だと思い、敢えて一人に
させた時もありました。

パイの母さんも、今は我慢しないで、泣きたい時に泣いて下さいね。
いつまでも寂しい気持ちは変わらないと思いますが、時が経つにつれて、
楽しかった思い出に、微笑むことができるようになると思います。

今はお疲れが出ていると思いますが、休める時にゆっくり休んで下さいね。

P.S. 私が先日送ったメール、携帯が壊れて新しい携帯にしたばかりで、
ぎこちない感じで、しかも最後の文章が変な風になってしまってましたm(__)m 
いつもドジってばかりですみません(><)
No title
パイちゃんからずっと元気をいただいてました。
パイちゃん、ありがとう。
向こうでリクを見つけて一緒に遊んでね。
パイ母さんもパイ父さんもお体をご自愛くださいね。
私はリクが居なくなって暫く食事が出来なくてゲッソリしてしまいました。
(今はすっかり元に戻り過ぎてしまいましたが)
何を見ても涙が出て言葉を発すれば涙が出て・・・。
きっとパイ母さんも同じだろうと思うと辛いです。
でも姿は見えなくてもパイちゃんはパイ母さんの近くに。
リクは私の近くにずっといてくれると思うから。
くれぐれも体調を崩されませんように・・・。
気の利いた事言えなくてごめんなさい。
パイちゃんは私の希望です。
リクにとってもくぅにとっても^^
くぅにはパイちゃんのように長生きしてもらいますので。

パイちゃんのご冥福をお祈りしています。
ふむふむさま、
フォトフレームありがとうございました。
どうしてか私もよく分からないのですが、箱を開けてフォトフレームを見た時に「あ~、ここにパイの写真を入れられるようになってる・・・」と思ったとたんにポロポロと涙が出てきてしまったのです。まあ何を見ても、聞いても涙がぽろっと出てくる時だし、仕方ないなぁとは思いました。

伯母さまと同じように私も私が死んだららパイを一緒にお墓に入れて欲しいと思っています。でも、家の場合ちょっと難しいかなぁ。

悲しみは中々癒えるものではないでしょうけど、きっといつか心から笑って話しをできる日が来ると思っています。今はまだまだ自分でムリしているなぁという時の方が多いように感じます。
ご心配ありがとうございます。
Tokkoさま、
今はパイの話をするとまだ涙が出てきます。
一週間経ってしみじみと「寂しいなぁ・・・」と思う日が増えてきました。きっと少しずつパイがいないことを自分で理解できるようになってきたのでしょうね。

幸いというか何というか、食欲は衰えていないので体重が減るということもないでしょう。夜もよく眠れています。肉体的に疲れもピークだったのかもしれません。

パイはリクくんと会うことができたでしょうか。
ちゃんとご挨拶したかな?
リクくん、パイのことよろしくね。

プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。