*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOEICってどうなの?
なんとなく日差しは春めいた感じなのですが、風は冷たい(>_<) 春はまだ先なのでしょうか。去年の今頃はどんなこと書いていたかなと日記を読み返してみたら、パイさまの夜鳴きのことやら点滴のことなど書いてました。でも、去年の今頃はまだまだ食欲もあり元気だったので7月のお誕生日はクリアー出来るかなぁ・・・夜鳴きが出来るだけのエネルギーあるしなぁ・・・なんて楽観的なこと考えてました。

只今レッスン中~♪


↑これは2006年頃のパイさま。私が授業中で教室の中にいると勘違いしてドアの前でクンクンしていた時です。

私事ですが、今年度限りで英語の教室を閉めることになりました。2~3年前からそれは考えていたのですが、中々1歩が踏み出せないでいました。今日の本題はここから。ちょっと小難しい話になるので興味のない方はスルーしてくださいね。

教室を辞めるにあたってあれこれと考えながら、しかし私って一体どの程度の英語力なんだろうという疑問が湧きはじめました。考えてみれば教室開設18年(しかし長かったですね)その間、そんなことを考えもせずにやってきました。教室を始める前から英語を使って仕事をしていたので、その年数を入れるとなんだかんだ30年以上も英語に携わっている訳ですが、自分をブラッシュアップすることさえしてこなかったので進歩しているわけもなく自分の実力を思い知るためにTOEICでも受けてみようかということになりました。英語の試験はもう何十年も受けてないし(最後に受けたのはいつなのか記憶もない)まずは実際の試験に慣れなければと思い去年の10月に受けてみました。もちろん事前に勉強しましたが、何せ試験勉強さえ何十年ぶり。とりあえず受けることに意味があるなんて、オリンピック参加のような言い訳をしながら試験に臨みました。自分の予想というか目標では750点取れればいいかと思ってました。なぜ750点かというと日本の企業での求人でよく「TOEIC 750点くらいの英語力」となっているので、英語を使って仕事をしてた私としてはそんなもんだろうと思っていたので。

え~とここでことわっておきますが、今日の日記は決して自分の自慢をしようとかそういう趣旨ではありませんので念のため。で、結果はどうだったかというと860点でした。ご存知だと思いますがTOEICはリスニングとリーディングセクションに分かれていてそれぞれ100問ずつ合計で200問の問題を2時間で解いていきます。両方の合計が990点で満点です。初めてだったので周りの雰囲気だの、緊張感もありとりあえず最後まで全部できたものの自分がどの程度できていたのかは全く分かりませんでした。テスト結果をウェッブ上で見たときに小躍りして喜んでいたのですが、その後あれこれと考えているうちになんだか中途半端な点数のように感じてもう一度挑戦することにしました。

そして今年の1月に再度受けてみました。しかし今回は初回の時のように事前の勉強もあまりせず、こんなんでいいのかというくらいだらけ、試験当日の朝など夫に「試験受けるの面倒~。代わりに受けてくて~」などと言うありさまで緊張感ゼロ。受験料を払ってしまったのでもったいないというそういう不謹慎な気持ちで受けました。試験中はもちろん集中してましたが、試験終了の合図でペンを置いてふと間違いに気付いたのですが、すでに時遅し。まあそんなぐーたらな受け方だったので点数も期待していませんでした。ところが試験結果見てびっくり。905点でした。ここでもう一度書いておきますが、自分の自慢話ではありません。つまり、こんな私が900点越える点数取っていいのか?ということです。

多分、TOEICのことをあまり知らない方は900点取るってすごい!って思っていませんか?私自身も自分が受ける前まではきっとそう思っていたかもしれません。でも、2度試験を受けた今は「えっ、TOEICってこんなもの?こんな私が900点取っていいの?」というのが率直な感想です。もちろん長年英語に携わっているのですから、そうでない人に比べたら多少の知識はありますが、まだまだエキスパートと呼ばれる域に入っているとは思えません。

TOEICの試験内容というのはビジネスを主体としているので社会に出て多少を英語を使うような仕事に何年か携わっていれば試験の内容をある程度は理解できると思うのですが、まだ社会へ出る前の学生にとってはどうなんでしょう?社会へ出て色々なことを経験した上で覚えることってたくさんありますよね。それから試験を受けるのでもいいのではないかとも思ったりします。また日本の企業が人材を募集する時の英語についての条件が「TOEIC 750点」というのは中途半端な点数で、この点数で何が出来るのだろうと疑問に思いました。もちろん英語だけ出来れば仕事が出来るというものではないので「エクセルなどを使いこなせ、事務経験もあり、多少英語もできますよ。」みたいなスタンスなのでしょうか。

結局TOEICの試験だけで英語力そのものを判断するのはどうなんだろうというのが私の疑問。採点方式も試験を受けた人全体の統計で点数が決まるという偏差値のようなもので、その時に受けた人によって自分の点数が微妙に違ってくるということで、どうしてそういう採点方式なのでしょう。

結局自分の真の英語力がどの程度か分からないままなので、この際今後はTOEICは満点の990点を目標にして勉強してみようかとか、比較的新しいTOEICのSWテスト(スピーキング、ライティング)を受けてみようかしらとか只今模索中です。

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。