*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院に行ってきました~(パイのです)
今日は1週間に一度の通院の日。病院へ着いたのは11時少し前。なぜか今日も待合室にはだ~れもいませんでした。夏休みだからなのでしょうか?すぐに問診が始まりこの1週間のパイの様子や気になることなどを話して、パイは診察室へ。パイを待っている間にあっという間にまた患者さんがきて待合室はいっぱいになりました。

目の充血は大分薄くなってきたし、目やにも減ってきたので念のためにもう少し点眼を続けることに。やはり睫を抜いてもらってから、目の充血が良くなってきました。以前は睫が目を刺激するなんてことはなかったのですが、去年、涙を溜めることができるようにと目の縁を少し縫って縮めたのが原因なのでしょうか。

気になっていた足の甲の部分はやはり治りかけなのですが、毛がカサブタに絡み付いていたので、周りを少しバリカンで刈って傷の部分に毛が触れないようにして、抗生物質の塗り薬をつけることになりました。もう治りかけているので、内服薬までは必要ないでしょうとのこと。ただ、気になって舐めるようなら、包帯かエリザベスカラーをするようにとのことなので、今は傷がくっつかないようになっている滅菌ガーゼをして包帯をしてます。何も原因がなくこうやって舐めたり掻き崩してしまうときは腫瘍が出来ていたりすることもあるようですが、今日診ていただいた限りではそういうこともないようです(ほっ)。

それと、昨日何気なく右前足のパッドの部分を触っていて気がついたのですが、パッドの奥の部分が少し赤くなっていて、なんだか皮のようなものがガビガビと着いている感じでした。診ていただいたら、やはりパッドの奥の方が軽い炎症を起こしていて、ガビガビになっていたのは分泌物が固まったものだそうです。それほど酷いものではないようで、パイ自身も気にして舐めるということがなかったので気がつきませんでした。とりあえずはまめにシャンプーして脂分を取るのが一番いいそうです。今までこんな風になったことがなかったので、年を取ったのかしらなどと思いました。でも、ふと、お散歩に出ていないことが原因ではないかと気がつきました。

夏の暑さが本格的になってからは、パイをお散歩に出していません。パイがお散歩に出たがらないというのも理由の一つですが、もう一つはやはり暑くて外へ出るとすぐヘロヘロになってしまうことです。今まで毎日お散歩に出ているときは家へ帰ってくると必ずぬるま湯で足を洗っていました。洗剤を使わなくても、足をお湯で洗うことで脂分が適当に取れていたのだと思います。早く涼しくなってお散歩が出来るようになるといいのですが・・・。

そんな訳で、目、耳、足、とあちこち診られておまけに足の一部をバリカンまでされてしまい、更にいつもの点滴なんぞやられてしまったパイさん、今日はと~~ってもお疲れでした。

笑える話を一つ。パイが行っている病院は診察中は飼い主は診察室には入れません。飼い主が一緒だとどうしても動物に甘えが出て、治療が思うようにいかないこともあるとの理由からです。で、ごくたま~に状態を見ながら飼い主に確認したりすることで診察室に呼ばれることがあります。まさに今日がそんなときで、皮膚を診ていただいている時に私が呼ばれました。パイは私が迎えにいったものとカン違いしたのか、診察台の上で大騒ぎ。「あ、お母さんだ~。ボク、ここ(診察台)いやだ~、お母さん抱っこ~~」とすごい勢いで暴れ始めたので、先生が「じゃ、お話の間お母さんに抱っこしてもらおうか」と言ったので、私が「おいで~」と言ったら慌ててしがみついてきました。その後、話が終わって私が待合室に戻ると、パイが「ヴ~」と文句を言っているのが聞こえました。全部終わってから先生に聞くと「は~い、今日は随分と文句言ってました(笑)」と言われました。いつもは我慢しているんだね~。

↓ちょっと分りにくいですが、パイの毛を剃られた足の甲です。
毛、剃られたぁ~~!



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お疲れ様でしたっ。
あーパイちゃん「痛そう」ですっ。
「羽」のように軽い素材の「エリザベスカーラー」は存在しないのだろうか。
あしなめはじまるとそう思うぶべははです。

足を「洗う」ことはぶぶにとっては「治療」の1つなのだと実感しています。
一日一回足回りのシャワーすると足なめはやはり「改善」されています。
シャワーとドライヤーはセットなので「疲労が心配」
あちらをたてればこちらがたただず・・・です。

ぶぶの病院はできるだけ飼い主の補綴を要求されます。
甘えがでると「はい、お預かりしますっ」と奥へ連れてゆかれるんですけれど。

パイちゃん「わーいお母さんとこのまま帰れるっ」
思い込んでしまったから「ヴ~」だったのですね。
お疲れ様でした。
病院でじたばたするのもも元気のめやすだと思うこの頃。

えっとパイ母&パイ父さんご夫婦。
「いて当たり前」そういえるっていいですよ~
「空気みたいな存在」かしら。
うちはたぶん22年目かなあ。忘れちゃった(^^ゞ
「漫才みたいな夫婦」と外では言われるけれどうーん。
ぼちぼち再度観察してみます。
中はよくないかなあ~

スリーピー王子くんのおかあさんはじめまして。
パイちゃんのご両親夫妻の正しい情報ありがとうございますっ\(^o^)/
「My Angel SLEEPY」お気に入りにいれさせていただき「のぞき」専門のぶべははと申します。
書き込みは「縄跳びしている最中に」「タイミングを合わせて」「ぽんっ」と入るような難しさを感じています。
こちらにも11月から勝手にお邪魔していてやっとこ「えいっ」と書き込みさせて頂きました。
ピノコさんのお宅にもそのうちぶぶとべいとお邪魔させていただきますっ。
その節はよろしくお願いしますっ。

本日ぶぶは今のところ食べる気配はなし~

もう一度トライして寝ます(*^_^*)
おやすみなさい。



"お手手・・・"
★の甲・・・・痛々しい(><)ですねぇ~。
けど・・・怖いのでなくてそれは“ホッ”ですね。
ねぇ~言葉が話せるなら・・・「気になったり痒いのは分かるんだけど・・パイchanの為だから・・・・の方がすぐ治るからね!」・・・って説得したいところなんですけどねー(汗)。

パイchan・・・頑張っててパイの母さん来たから帰れるかと思いきや(笑)・・・・文句も言うよねぇ~(ププッ)。

ぶべははさま、
パイがお尻の手術をした時にしていたエリザベスカラーは
紙(というより布のようなもの)で出来たもので、
ふにゃふにゃしてとても軽いものでした。不通のエリザベスカラーと
違ってふにゃっとしてるので、実際あまり役には立って
いなかったかもしれないですが、抑止効果があるようで、
それをすると舐めませんでした。でも、もう少し改良
されたものが出来るといいですね。

シャンプー剤を使わなくても、お湯で洗うだけで大分
違うように思います。これから当分は足だけ週に2回
シャンプーするように言われました。ま、足だけなので
それほど負担にはならないですよね。

診察室のパイを見てはみんなで笑ってました。とにかく
診察台の上で動く動く(^^) 私が抱っこするとおとなしく
なるのですが、診察台に戻すと「やだ~」とばかりに
また大騒ぎ。「わん!」とは吠えないのですが、
「ヴ~」だの「うぅぅ~~」だのと文句を言っていた
みたいです。

初めて書き込みするのは勇気が要りますよね。でも、
書き込みしてくれた方がとっても嬉しいものです。
ぜひぜひ、ピノコさんちでも一言残してあげてくださいね。


りーchanままさま、
私も、全然腫瘍のことなんか考えてなくて、先生から
言われて「えっ」って一瞬焦りました。
でも、そういうものじゃないみたいでとりあえずほっと
したけど。そういわれてみれば、この前病院に来ていた
シーズーちゃん、一緒にいるシーちゃんのお供で来て
いただけなのに、耳のところを掻いたら血が出て
毛がごわごわになっちゃったからって、ついでに拭いて
もらっていただけなのに、先生がその部分に腫瘍を発見。
飼い主さん、焦ってました。

パイ、笑えるでしょう?でも、その様子を見ていつもは
我慢してるんだなぁとつくづく思って、またまたいとしさ
100倍の母でしたぁ(^^ゞ
どもにゃん♪
パイちゃん、病院お疲れ様。
診察室でのパイちゃん、エライと思うよ。
うちの坊ちゃんなんて、ひどいもんだす。
診察台の上で、まともに立っていられませんがな(-_-;)
ベタッと伏せの格好でガタガタ震えてるし、もしくは父ちゃんにしがみついて、肩によじ登ろうとするだよ。

パイちゃん、早く治りますよ~に。
それにしてもパイ母さんは、いつもパイちゃんの体をくまなくチェックしてて、尊敬しちゃうよ。
うちは見てるようで見てないかも(^^;)

ぶべははさん、コメントありがとうございます。
遊びに来て頂いてたなんて、嬉しいですぅ。
どうぞお気軽にカキコしてくださいね。
お待ちしておりまする・・・って、プレシャーかけちゃったかしら(汗)
ピノコさま、
パイには笑っちゃったよ~。それまでおとなしくしていたのに、
私が行った途端に、診察台の上で「やだ~、やだ~」状態で
すんごい暴れてるの。すべって危ないから先生が
「お母さんに抱っこしてもらおうね~」って言ったのよん。
いつも我慢してるんだなぁと思ったら愛しさ100倍。
きっとパイがスリーピーちゃんみたいに、ガタガタ震えて
しがみついてきても愛しさ100倍だと思うよ(笑)
写真の傷になっているところは少しずつ良くなって
いるけど、足のパッドの部分をシャンプーしないと
いけないから、その傷のところ大丈夫かなとちと不安。
私もいつもたまたま見つけるんだわ。
先生が気になることは何でも聞いてくださいって言って
くれるから、どんなことでも聞いちゃうよ~。
笑われてるかもね。

「お気軽にどうぞ」って言われると気分も楽になるかも。
プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。