*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院に行ってきました。
今日は病院の日。血液検査のためにパイは朝食抜き。昨日は手術の日で一般の診療はお休み。明日から病院は3連休なのでいつもより混むだろうと思い、まず私だけ行って診察券を出して受付を済ませてから一旦家に帰りパイを連れて行きました。

病院に着くと座る場所がないほど混んでいたのですが、先に受付しておいたのですぐに順番がきました。採血してから点滴へ。気になる検査の結果ですが、2週間前よりも下がっていてBUN26.4になっていました\(^o^)/ 2週間前は36.6という高い数値だったので、10くらい下がっていることになるのですが、理由ははっきり分らないそうです。夏場だったら水分摂取が足りない、下痢、嘔吐で脱水状態になったり、検査前日に肉類をたくさん食べると次の日にBUNが上がるなど、色々の要因があるようで、元々変動が激しい数値だそうです。なので、その他の腎臓の状態を表すリンやクレアチニンは前回と変わらずということで今のところはそれほど心配はいらないそうです。ただ、エコーで見たように腎臓の形がもう正常ではないので、やはり機能が落ちていることには変わりはなく、今の点滴は続けていかないといけないそうです。

また、食事についても相談しましたが、腎臓の場合 1.点滴、2.投薬 3.食事 の順で効果があるそうで、今パイは1と2実施しているので、それに3を加えてもあまり効果はないかもしれないとのこと。動物性たんぱく質はなるべく少なくする方がいいけど、たんぱく質を全然摂取しないというのも栄養的には問題とのことでした。また、腎臓用の療法食はたんぱく質、リンが抑えてあるものの、リンに代わるものとして脂質が多くなっているのでカロリーが高めになっているとのこと。パイが食べている缶詰は腸が弱い子用プラスウエイトコントロールにもなっているので、脂質そのものも少なくカロリーが低くなるように作られています。どこのメーカーも大腸炎用のものはウエイトコントロールにもなっているので、長年そういう缶詰を食べてきたパイにとってはここで脂質の多いものに変えると途端にお腹を壊すことにもなるし、嗜好性の問題も出てきます。ということで、今、療法食を変えてもあまりメリットがないかもしれない。予防の意味で早くから療法食を食べさせるというのであればそれなりに効果はあるかもしれないけど、治療をするようになってからでは大きな効果は期待できないとのことでした。そんな訳でここのところ食べることが楽しみになってきたパイにとっては、美味しいと思って食べてくれている今の食事の方がいいということでしょう。ちなみにリンが含まれている食品は卵、魚、肉、海藻類、乳製品、胡麻、などだそうで、骨を形成するのに重要なミネラルで不足するとクル病になったりするそうですが、今は色々な食品に入っているので(コンビニ弁当やポテトチップスなどあらゆるもの)摂取不足よりも摂りすぎの方が問題のようです。

そんなこんなで終わってしまった一日。今日は疲れましたぁ。
Secret
(非公開コメント受付中)

お疲れ様でした!
BUN26.4\(^o^)/

点滴・投薬・食事。
いっぱい気配りして得られた数値。
嬉しいですね(*^_^*)

食事難しいです。
「継続しておいしそうな顔をしてくれる」
それが悪くないなら「よし」なのかなあ。
そう思うこのごろです。

ぶぶ今左腕の中。
食欲はほどほどに安定しつつあったのになあ。
鼻がつまって苦しそう「ふがふが」
2度の投薬効をなさず。朝と晩。
はじめたばかりじゃねーだよね。
こんなになるのは始めての症状なんでちと動揺(^^ゞ
って「ぷーっ」だって。
本日鼻「ぶー」おならちゃんも「ぷー」(^^ゞ

季節の変わり目のデリケートなパイちゃんのお母さんと同じかなあ。

あれ?たまちゃん?前から住んでましたかっ(^_^)?

そうそう里親さん宅でまったり過ごしてる猫さん達「こうのとり」や「良縁」の役割をはたしているそうです(*^_^*)
大事にされて何よりな報告でした\(^o^)/

ではでは~

こちらは日温差が激しくなりました。
まもなく紅葉が市内にも色づきそうです。

                       
ぶべははさま、
BUNが10も下がっていたので、先生もびっくり。
何が原因だったのかは分りませんが、機械の故障とかで
上がったり下がったりではないようなので、とりあえずは
「ほっ」でした。

食事、難しいですよね。メインの疾患プラス嗜好性やら
その他のことを考えてあげないといけないということで
すももママさんではないけれど、ワンコの食事は奥が深いと
改めて思いました。
ぶぶちゃんや以前のパイのように、嗜好が難しい子は、
やはり一番の条件は美味しく食べてくれることですが、
かと言って好きなものばかり与えてはいられないし・・・。
ぶぶちゃんどうしたのかなぁと、このレスを書く前に
ぶべははさんちを覗いてきました。歯茎(?)炎症を
起こしているのですね。でも、腫瘍とかじゃないようで
良かったです。消炎剤が早く効いてくれるといいですね。
でも、なんとかゴハンは食べてくれたようで何よりです。
お大事にしてくださいね。
ぶぶちゃん、ぶーちゃんに、ぷーちゃんですか(^ー^;A
なんと忙しいこと。かぼちゃ食べすぎ?

たまちゃん、ダウンロードしただけのつもりだったのに、
いつの間にか登場してますねぇ?はて?なんでだろう~?

猫さん、里親さんに大事にされて何よりですよ。きっと
とてもお利口な猫さんなんでしょう。どんな子もみんな
幸せになる権利はあるのに、そうじゃない子もいて
胸が痛みます。

もうそちらから紅葉前線発なんですね。
季節の変わり目、ぶべははさん、ぶぶちゃん、ご主人様、
そしてお母さま(この順番、特に意味はないので)
ご自愛くださいね~。


プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。