*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院へ。
今日は大寒で文字通りこの冬一番の寒さでした。そんな中、今日も点滴のためにパイを病院に連れていきました。パイさん、相変わらず元気ですが、今日も病院は空いていたので、先生に少し今後のことを相談してみました。まずは来週火曜日に血液検査をして腎臓の数値がどんな具合になっているかを見てみないと分からないのですが、それによって週1度の点滴にできるかどうか、また、今行っている点滴の代わりに飲み薬を使えないのかどうか。


パイは今、腎臓の働きが悪くなっているのですが、まだそれほど悪いという状態ではないようです(もちろん、決して良い状態ではないですが)、そのために今は集中的に点滴をして血液の循環を良くしています。今後、さらに腎臓の働きが悪くなるとCRE、BUNとも数値が上がってくるそうです。CREについては腎臓の3分の1が機能しなくなり始めてから数値が上がってくるそうで、CRE上昇は要注意です。飲み薬については有効だと考えられるのは、フォルテコールという心臓の薬(ACE阻害剤*1)または、ルンブルクスルベルス(食用ミミズ)から出来ているサプリ*2の2つで、どちらも血液の流れをよくするということでは効果があるそうです。ただし、フォルテコールの方はその子によっては逆に腎臓の働きを悪くする場合もあるそうで、投与は慎重にしないといけないそうです。


来週の血液検査の結果が良ければどちらかの飲み薬にして1週間後に血液検査という状態にも出来るかもしれないとのことですが、まずは検査の結果を見てみないことにはなんとも言えないですね。


ため息をつきながら帰途につきましたが、「飼い主さんが不安な顔をすると動物はそれを感じ取るから、いつも笑顔でいるように」との先生の言葉を思い出して、パイにあれこれと話しかけながら(知らない人が見たらヘンなおばさん)帰ってきました。


*1 腎臓に働いて血管を広げると同時に、血圧を低下させる物質(ブラジキニン)が欠乏しないようにする薬で、アンジオテンシン変換酵素阻害剤とも言います。


*2 製剤名 ルンワン粒

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。