*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院の日。
昨日は週に1度の通院日。強い南風の中を行ってきました。
お腹も大分落ち着いてきたので、朝晩と飲んでいる抗菌剤を朝1回だけにしてこれから2週間続けることになりました。その後経過が良ければ今まで通り1日おきになるとは思いますが、それまでにはまだ時間がかかりそうです。とにかく油断をするとすぐお腹を壊すコなので、当分は1日1回を続けていた方がいいかもしれないとのことでした。下痢=脱水が腎臓に負担をかけるので下痢はして欲しくないところなのです。

昨日は爪きりやお耳の中の毛を抜いてもらったりしてその後に点滴でした。家へ帰ってきてパイを抱っこして気がついたのですが、点滴の輸液が左の脇の下あたりに溜まっていました。以前も何度かあったのですが、脇の下や足に一時的に溜まってしまうことがあり、それは半日くらいかけて吸収していくので問題はないのですが、熱が出たり痛がったりするコがいるようです。なぜそういう状態になるのか病院で説明してもらったのですが忘れてしまいましたぁ^_^; 皮下点滴なので背中の首のちょっと下あたりから針を刺して輸液を点滴するのですが、大体は背中の部分から吸収して身体の中に拡散されていくのですが、ごくたまにそうやって一箇所に溜まってしまうことがあるそうです。で、ふと気がついたのは、そうなるのは、前に日記にも書いた私がちょっと頼りないなと思っているあの男の先生の時だけなのです。針の刺し方がヘタなのかなぁ(?_?; ま、いずれにしても、もう今日はなんともないのでいいのですけどね。

昨日もジャスミンちゃんと一緒になりました。待っている間にまたお母さんとあれこれと話していたのですが、点滴を始めた最初の頃は終わると輸液が背中にコブのように溜まって、ラクダのようになっていたのですが、この頃、それが目立たなくなってきたのは身体がそれに慣れて吸収が早くなってきたのかしら?なんてことを話してました。最初はあのラクダのようになった背中を見るたびに可哀相で不憫で仕方なかったのですが、いつの間にか気がついたらそんなことも感じなくなっていたのは、単に感情が麻痺したわけではなくて、背中がパンパンに腫れなくなったからだったのですね。

ジャスミンちゃん、胸のあたりにしこりがみつかり昨日は細胞診のために液を胸から抜き取ったようです。お母さんは「悪いものではないようにと祈っているけど、覚悟はしておかないとね。今まで楽観視していて、ことごとく裏切られてきたし、そういう時の落ち込みは激しかったから・・・」と笑いながら言ってました。優しそうなお母さんなんですが、とっても芯の強い人で、私も見習わなければといつも思ってます。ジャスミンちゃんは今10歳。「悪くなり始めてからは10歳まで生きられないと思っていたけど、こうなると欲が出てきて、一日でも長く生きて欲しいと思う。」と昨日しみじみと言ってました。ほんとにね、それは病気のワンコを持つ人みんなが願うことでしょうね。ジャスミンちゃん、頑張ろうね。


Secret
(非公開コメント受付中)

マロンも
皮下点滴マロンも以前かならず脇のしたになっちゃってね。
皮下点滴するときあの空気をシュッシュってするの?あれっどうも怖くてね。皮下点滴は苦手だわ。パイちゃん毎回偉いね。
BUNの件心配してくれてありがとう。
今日もよく食べよく散歩してました。シッコもあの大量からいつもの量に戻ってきました。いったいあの大量はなんだったのかと思うくらい。お水もがぶ飲みしなくなったよ。
最近ご飯食べる速さが早くなったのよ。ご飯たべてるうちに
ちょっと食べちゃおうなんて思っているともうすでに横にスタンバイしてなに食べてるの?ってみるんだよ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

みんなお母さんは強いね。私も見習わなくては。
どの子もみんな穏やかに楽しい毎日をいつまでもと願うばかりです。みんながんばろうね~
そしてお母さん達も自分の体、わが子のためにもがんばろうねと思わずにはいられないです。
皮下点滴は我が家のはなちゃんもよくしますが
確かに背中こぶのようになってしまいますね
何も気にはしていなかったのですが
読んでいると熱が出る子なんかもいるんですね
はなちゃんは病院行きにストレスが溜まるので
輸液は自宅でしています
無謀かしら?なんか怖くなってしまいました
いまの所輸液すると元気になるんですけどね

ジャスミンちゃんのママの事は以前にも
読みましたが心配でしょうね
同じ病気を持つ者としてどうか良い結果で
ありますように
クラチさま、
あれ、マロンちゃんもやっぱり脇の下に溜まってしまうのね。
あれはねぇ、どうも先生の針の刺し方とか針を刺す場所に
クセがあるみたいで、他の先生だとそういうことにならないのよ。
ま、痛がったりしないからいいのだけどどうも気になってね。

マロンちゃん、お水のがぶ飲みもしなくなったようで
良かったわ。一体何だったんだろうね?余計なことを
あれこれとごめんね。今日も美味しくゴハンが食べられて
良かったね。

そうそう、我が子のためにもお母さんたちが元気でいないとね。
ちゃこさま、
パイは時々脇の下がそういう状態になるのですが、毎回
足が腫れたり、熱が出る子は体質的に点滴は合わないということだそうです。

はなちゃんはお家で点滴が出来るのですね。先生によっては
その方がストレスとか費用の面でも負担がかからないので
薦める先生もいるみたいです。お家で問題なく出来るので
あればそれも1つの方法ですよ。

ジャスミンちゃん、病気とは思えないほど毛艶もいいし
元気なんですよ。きっと細胞診の結果も大丈夫だと思います。
点滴かぁ~
スリーピーは4歳の頃、5日間入院したことがあるんだけど、
退院した時、点滴の輸液が肩を中心に腕・背中に溜まって
すごい腫れててビックリした記憶があるよ。
痛いのか、全く歩けなかったっけ。
パイちゃんは痛くなさそうだから、安心かな。

ジャスミンちゃんのお母さんの言葉にうなずいたよ。
楽観視して結果が悪いと、すごく落ち込むんだよね。
けど、悪い方にばかり考えて暗くなるのもイヤだし・・。
ジャスミンちゃん、結果が良いといいね。
ピノコさま、
あれま、スリーピーちゃんはあちこち腫れちゃったのね。
一番最初に点滴をした時に先生からごくたまに皮下点滴に向かない子も
いるって聞いたことがあったのよ。そういう子は点滴した日に
熱が出たりしてかなり辛いから、点滴はあまり頻繁に出来ないって
聞いたよ。

幸い、パイは痛みがあるとか熱が出るって今までなかったから
大丈夫かな?

ちらっと聞こえた話だと細胞診のために針を刺したところから
出た液は脂だったので、それだけだと全然問題ないって
言ってたよ。でも、やっぱり詳しく調べないとということで
外注に出すって言ってた。ほんと良い結果であること祈るわん。
プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。