*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山から降りてきました~。
昨日の夜、山から帰ってきました。朝晩はぐんと冷え込んだ山でしたが、それなりにのんびりと過ごしtきました。「何をしてきたの?」と聞かれたら答えに困るほど、何もしてませんでした。今回は特に行く前日に怪我をした右足の親指が痛くて、靴もまともにはけなかったので、畑仕事もしてません(長靴履くと痛いので(T_T)、それに爪と皮膚の間がぱっくりと開いているのでいつも行っている温泉にも入れず、自分の家のお風呂でシャワーという情けないことになってました(この寒いのに)。

そんな私にパイもお付き合いしてくれて(^^ゞ 相変わらず食っちゃ寝生活満喫でした。

今回、行きも帰りも夜の移動だったのですが、パイさま、車の中で妙に落ち着かず周りをキョロキョロして、結局全然車の中では寝てくれませんでした。ふと帰りの車の中で気がついた(と言うか、やっぱり)と思ったことがありました。

パイの目ですが、ここのところあまり見えてないようですが、それでも家の中では普通に生活出来てます。どの程度見えてないのか私にもはっきりとは分かりませんが、多分、両目とも光を感じる程度ではないかと思います。だから慣れている家の中では普通に生活できてはいても、あまり勝手が分からないところへ行くと、明るい方に向かって歩いていく傾向にあるようで、暗いなかではほとんど見えていないのではないかと思います。

夜の車の中って暗いですよね。高速道路でも灯りはそれほどついていないし、特に山の家の近くの道路なんかは街灯がほとんどないようなところなので、夜は真っ暗。まさに漆黒といった感じです。昨日の夜、高速を走っている時に私が携帯を取り出して見ていたら、急に携帯の画面に向かってこようとしました。やはり真っ暗な中では明るい光るものを見ると安心するようで、携帯の画面が明るいうちはキョロキョロと周りを見回すことはしていませんでした。中央道から首都高に入ると(都内に入ると)、一気に周りも明るくなり、それと同時に車内も明るくなりました。そうすると今まで落ち着きのなかったパイがやっとおとなしくなり、私にぴたっと身体をくっつけてはウトウトしてました。

東京という街は夜中でもほんとに明るくて、どこかで誰かが起きて何かをしている眠らない街です。でも、その明るさが今のパイには落ち着くために必要なのだとちょっと切ないけど、そんなことに気がつきました。

パイさま、18歳。老いはあちこちに容赦なく迫ってきます。でも、日々をつつがなく過ごしていけることが何より。
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
パイちゃん、明りが見えないと不安なんですね。
きっとすりガラスから周りを見ている視力だと思います。
ママさん、一緒に過ごして安心させてあげてくださいね!
きっと今までの記憶と、カンと、お鼻のにおいでパイちゃんは頑張ってくれるでしょうね! 頑張れ~!!

お山では、いっぱい一緒に過ごしてパワー充電できましたか?
足は大丈夫でしょうか。
朝夕は急に冷えるので、ご家族みなさん、体調お気を付けくださいね!
MIKIさま、
耳も遠くなったので、それに見えないことが加わってしまうと
本犬はかなり不安でしょうね。見えない、聞こえないという生活も慣れれば
普通に生活できるとのことですが、パイはどんな風に感じているのでしょうね。
唯一、お鼻が利いてくれるのが幸いです。
私がパイの目になり耳になってあげないと、ですね。

足は大分良くなりましたよん。でもいまだにアザだらけ^_^;
プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。