*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜咲く?
あちこちで桜の便りが聞かれますが(なので文字色をピンクにしてみました)なんと真冬並みの寒い一日でした。なかなかすっきりと暖かくなりませんねぇ。我が家の近くには桜の名所と呼ばれるところがいくつかあるのですが満開にはまだもう少し時間がかかりそうです。

さて昨日(土曜日)はパイの通院日。気になる足ですが、どうもあまり良くありません。亜脱臼を起こしている左の後脚に痛みがあるのか足に力が入らずそのために歩くときに身体がふらついてしまうために身体全体が左後ろ方向に傾斜してしまってます。このままだと背骨全体が曲がってしまうそうで後ろ足を支えながら背骨を軽くマッサージするように言われました。それから左後ろ足に力が入らないために足をつくことがうまくできないために足が伸びなくなっているそうで、この状態がずっと続くと足の着地の仕方を忘れてしまうことになるとのことで、パイを支えてあげながら後ろ足での着地の練習をするように言われました。痛みがある(かもしれない)のでこれはパイにとってはかなり辛いリハビリになるかもしれません。消炎鎮痛剤で一時的に痛みを取ることは可能かもしれませんが、元々の亜脱臼が解決しない限りは痛みそのものがなくならないので腎臓に負担のかかる鎮痛剤をずっと飲むわけにはいきません。

ということで足についてはちょっと厳しい状況ですが、なんとか痛みを取る方法を今探しています。足が痛いということもありパイの動きも悪くなっていますが、トイレに行く時やゴハンを食べる時にはなるべく歩かせるようにと言われました。足が痛くて歩くのもままならない状況で、つい可哀そうに思い時間を見てトイレに抱っこして連れて行ってあげたりしていましたが、それをやっていると自分で歩かなくても私たちが連れて行ってくれると思って自分で行かなくなってしまうと更に動きが悪くなり、内臓にも良くないということでした。なのでなるべくトイレには促してパイ自身が歩いていくようにしてくださいと言われました。

嬉しいことに、こんな時でも食欲は衰えていないし、ゴハンの時には自ら起きてゴハンの場所まで歩いてきます。そんな話をしたら、先生は「それだったらトイレにも歩いていけると思いますよ。失敗が続いては困るけど、極力自分の足で歩いていかせるようにしてあげてくださいね。そうしないと一日ぼーっとしてしまうことになります。」一日の限られた行動のなかでメリハリをつけてあげることでパイ自身にもう少し元気になって欲しいと私も思っています。

そうそう、それから極端に歩かなくなってしまったので筋肉があっという間に落ちてしまいました。筋肉が落ちると余計に亜脱臼している箇所を支えることが出来なくなるので余計に痛みが増すことになるだろうということで昨日から1ヶ月に一度だけたんぱく同化ホルモンの注射を打つことになりました。これは筋肉増強剤のようなものですが同じような作用のあるステロイドと違って1ヶ月に1度くらい少量であれば副作用もなく肝臓などの臓器にも影響がないものだそうで、これで筋肉の回復を図るとのことでした。どのくらいの効果があるかは分かりませんがこれで少しでも痛みが軽減できるようにと願っています。

昨日の担当はY先生という女医(この言い方古い?)さんです。お家に11歳になるミックスのワンちゃんがいて、この頃ちょっと衰えてきたかなと感じているそうですが「パイちゃんを目標に頑張ってもらわないと。」と言ってました。私もパイのために頑張らないとだわ。


↓お顔のお手入れ中のパイさま。目と目の間(鼻の上?)のくぼみをカキカキしてます。ここを掻いてもらうと気持ちいいようでウトウトしそうになってます。
お手入れちゆう~


↓ゴハンの時間になるとなぜか目が覚めるパイさま。色々と大変なことも多い日々ですが、そんな中でもおいしくゴハンが食べられるのは何より(^^)v
ゴハンの時間かな?



HP開設当初のワン友、みくさんちの愛娘シーズーのミクちゃん(享年12歳)が3月25日にお星さまになりました。まだまだ元気でお母さん、お父さんのそばにいて欲しかったのですが、急に具合が悪くなりあっという間に逝ってしまったそうです。心の準備もなく突然のことだったそうでみくさんの悲しみを思うと胸が痛みます。ミクちゃん、今までありがとうね。これからはお空の向こうでお母さん、お父さん、そしてお友達を見守ってね。安らかに。
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
シーズーちゃんはみんな仲間だと思ってます。
ミクちゃん、心からご冥福を祈ります・・。
No title
パイちゃん、足、とても心配ですね。
パイちゃんも毎日頑張ってますが、ママさんも一番近くにいて、見ていてつらいでしょう。。
無理しすぎてはいけませんが、やっぱり動いたり、思考を刺激していく事って大事だと、経験上思います。
食欲があって本当なによりですが、食欲がなくなったり、
夜泣きをするようになったらとても辛い状況になります。
だから・・・ママさんご自身のためにも、パイちゃんのためにも
マッサージや、おしっこの失敗もあると思いますが頑張ってくださいね!!

毎日、パイちゃんののんびり生活を見ると、本当にホッとし、
心から応援してます!!
頑張れ~!!おりこうさん!!

暖かくなったら痛みも少しやわらぐかな・・。
MIKIさま、
いつもいつもご心配をおかけしますm(__)m

足は中々厳しい状況ですが、痛みがなくなって自分の足で歩けるように
なるように私が出来ることを頑張らないとと思ってます。体力の衰えと共に
気力も衰えていくのが心配です。
プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。