*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の続き・・・
さてさて全て終わって外へ出た時にはもう日が傾き始め空気がひんやりとしてきました。

東京に住んでいる方だとご存知かと思いますが、小岩というのはJR総武線の沿線にあります。総武線というのは千葉に向かって走っている線なので小岩も千葉寄りの東京になります。私が住んでいるのは埼玉寄りの東京ということでやはり遠いはずですよね。

行きは秋葉原で総武線に乗り換えたのですが、秋葉原はJR東日本の中ではトップ10に入るほどの乗降客が多い駅でとにかく人がごちゃごちゃといて乗り換えに手間取ってしまったこともあり、帰りはパイ父のアドバイス通り、飯田橋で地下鉄に乗り換えて帰ることにしました。ちょうど帰りのラッシュ時にあたってしまい電車はどんどんと混んできて秋葉原に着くころには混み具合としては100%に近かったでしょうか。そんな混んだ電車の中でパイを乗せたカートはほんとに迷惑顔をされました。秋葉原では電車を降りる大きなバッグを持ったおじさんからは舌打ちされるし・・・ったく、大きなバッグにカートでお互いさまでしょうがっ!そんな秋葉原を通り過ぎ、やっと飯田橋に到着。飯田橋に着いた途端に失敗したかなと思いました。

最近、JRの駅ではエレベーターを設置し始めた駅が多いのですが、駅の規模や立地条件などで設置できない駅もあるし、エレベーターがとんでもなく不便なところにあったりホームの端っこにあったりして急いでいると見つからないこともあります。飯田橋では夕方のラッシュ時で人が多く探すのも面倒になってしまって仕方ないのでエスカレーターで降りました。ここから地下鉄に乗り換えるのですが、これまた地下へ行くエレベーターの場所が分からない。仕方ないのでカートを抱えて階段を下りました(エスカレーターさえない!)夕方のラッシュ時で人がわんさかいるのに誰一人とし助けてくれる人はいませんでした。地下へ降りたはいいけど乗り換えの地下鉄の線の入り口が分からない(飯田橋はいくつかの路線があるので)。まるでお上りさん状態でした。

案内の表示板を頼りに歩いていたらまた階段。仕方ないのでまたカートを抱えて階段を上っていたら(この時点で私は気付くべきでした)後から「お手伝いしましょうか?」と若いサラリーマン風の男の人が助けてくれました。やっと階段登ってふと見るとJRの飯田橋の駅に戻っているではないの~~!大体、地下鉄に乗るのになんで階段登るのよ!そこで気がつかないといけないのに、もうプチパニック状態だったのでしょうね。へとへとになりながらやっとの思いで地下へ行くエレベーターを発見。東京メトロさん、エレベーターをもっと分かりやすいところに設置してね。その後も地下をあっちへいったりこっちへ行ったり、そのうちに今度はパイがオシ○コをしたくなったらしくカートの中で「クゥ~ン」と鳴きはじめました。

パイをなだめながらやっとの思いで乗った地下鉄の電車。普段だったら12~3分で着くのに、その時はすごく長く感じて、減速して走る区間になると心のなかで「もっと早く走れよ~~!」と叫んでました。駅を降りてホームを歩いていると反対側からどこかで見たことのある人が歩いてくる・・・パイ父でした。心配だったらしく普段は使わない地下鉄に乗って帰ってきたのでしたぁ。

そんなこんなでヘロヘロになってやっとたどり着いた頃にはどっぷりと日も暮れてました。私も疲れましたが、パイは私以上に疲れたと思います。あらためて小岩の病院への通院はムリだと感じました。まあそれにしても東京というところはなんでこんなに人がごちゃごちゃといるのでしょうね。そんなに人がいるのにカートを抱えてえっちらおっちらと階段を上り下りしている私を助けてくれる人はだれもいませんでした。みんな冷たい人たちだわ。

どうでもいい話を最後まで読んでいただいてありがとうございました。
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
行きも帰りも大変だったんですね。ご苦労さまでした^^。
通勤ラッシュの電車って立ってると言うよりは、人と人の間にぶら下がってるような感じですから、すっごく大変だったと思います。自分一人ならまだしもパイちゃの事が心配で仕方なかったと思います。
やはり棒灸でしたかぁ~私もお灸をして入る時少し熱めのお湯につかっている感じで気持ちが良いので、パイちゃんも気持ちが良いのでしょうね^^。ついでに母さんもしてみては^^気持ちが良いですよ~
総武線
総武線の混雑と秋葉原のあの階段を思い出しただけで相当大変だろうと想像はしていたけど、ほんとにお疲れ様でした。
パイちゃんもがんばったね。
平日でも混雑してる東京・・・・いやぁ~東京から離れて10年。最近混雑したところに行ったことがないもので、ちょっとした混雑(東京の人からみたら空いてると思うけど)でも疲れるのよね。
ひよママさま、
ちょうど夕方のラッシュの時間になってしまって・・・いや~参りました。
それでも朝のラッシュよりはまだ帰りの方が人が分散されるからいいかも
しれないですね。

は~い、その棒灸ですよん。ラベルを見ると棒灸でも細いもののようです。
温灸が終わると気持ち良さそうに寝てしまうパイを見ると、自分にもやって
みようと思ってしまいます。何せ身体あちこちガタガタですから。
クラチさま、
秋葉原の駅はリニューアルしてきれいになったのだけど、エレベーターや
エスカレーターは増えたものの更に複雑になって余計に分かりにくくなった
ような気がするのよん。

東京に住んでいても人混みは苦手。いつも人混みに行くと「なんでこんなに
人がいるんだろう?」って不思議に思うわ。

パイもほんとにお疲れさんだったよん。
改めて・・
やっと、じっくり・ゆっくり読ませてもらいました^^;
私は東京と言う街を知りませんが、TVなどでヒトの多さにはビックリします。
足早で目的以外のものには関心のなさそうなヒトの流れ・・・
独特のものがありますね。

そんな中、本当にお疲れ様でした。
駅の階段をカートを抱えて必死に登り降りする姿が目に浮かぶようで、
全ては「パイちゃんの為」と頑張る母さんの事を思うと、
何だかあったかいもので心がいっぱいになりましたよ。

それと、優しい先生のおっしゃった言葉。
>穏やかに快適に過ごさせてあげながら送り出してあげましょう
長生きして欲しい、寿命を全うして欲しいと願うその先は、
・・・全てはこの一言に尽きるような気がしますね。

ホメオパシーのレメディと温灸が、
どうかパイちゃんに効いてくれますように・・・祈ってます。

たま~に来て長々とすみません(^^ゞ
フックママさま、
コメントありがとうございました。
私こそいつも読み逃げですみませんです。
で、今日も緊張気味のタケちゃんのお顔を拝見してきましたよん。
あの黒い大きなワンちゃんはドーベルマンでしょうか。

東京にいると自分以外のことについて関心がなくなってしまうのかもしれませんね。
でも、その助けてくれた人もカートの中にいるのがワンコだって気がついたら
どうだったでしょうね。

レメディは波長が合えば劇的に効くこともあるし、合わなければ全く効果がないと
いうものだそうで、パイに合ってくれるといいのですが。それでも温灸を始めてから
大分、楽になったように見えます。
ご無沙汰でごめんね
毎日、覗いてはコメントを残そうと思いながらも今日になってしまいました。
先生の優しいお言葉の中の・・・・・
穏やかに快適に過ごさせてあげながら送り出してあげましょう に
是非ともそうで在って欲しい・・・・・

只、只ホメオパシーのレメディと温灸により
パイちゃんの痛みが遠のくように願うばかりです。

母は強しを心から思いました。
お疲れ様でした。
田舎に住む私には東京には住めないなぁと何時も思います。
何せ東京駅で新幹線を降りて大丸デパートに行くまでに何度も聞きながら
辿り着いた私だからなぁ(T_T)
車で行っても首都高速は怖すぎ・・・・だよん

ももママさま、
コメントありがとうございます。
毎日忙しいももママさんなのですからコメントのことなど気になさらないように。
覗いていただいているだけで嬉しいですよん。

小岩の先生、とても穏やかな方で何もかもふわ~っとした優しさで包んで
くれるような方です。
多分、痛みは以前ほどではないと思います。ただ違和感だけはあるようです。

いえいえ私はヘナチョコ母ですから、向こうっ気だけは強いってとこかなぁ。
生まれてからずっと東京に住んでいる私でもあの人混みだけは苦手です。
東京にいる人の半分以上は東京以外の出身だと思うのですが、なんだか
東京にくると変わってしまうのでしょうか?
でも、私は東京出身だけどそれほど自分以外の人に無関心ってこともないのだけどなぁ・・・。
プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。