*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
う~ん・・・
土曜日はかかりつけの病院の日でした。4月1日から7日まで区の狂犬病予防接種の週間となっており予防接種に来るワンちゃんで病院はめちゃ混みでした。

さて、パイの足ですが状況としては良くないと言っていいかなぁ・・・。自分で立ちあがって歩くことをしなくなってしまいました。と言うより多分出来ないのかもしれません。左の後脚に力を入れることができなくて右側だけに力を入れているので右脚で支えている状態で右の関節が硬くなって曲げ伸ばしがうまくいかなくなりました。後脚の片方だけが問題であれば前脚2本と後の右脚を使えばなんとか歩くことはできるのかもしれませんが、元々前脚は右側が軽い麻痺を起して以来、左側だけを頼るような歩き方をしているのでこちらも以前よりもさらに左に負担がかかるようになってしまい曲げ伸ばしが大変になってしまいました。なので今は私が介助しながら立つのがやっとという状態です。ゴハンを食べる時はお腹の辺りに小さな枕のようなもの(高さをパイの脚の長さに合わせて作ってあります)を置いて身体を支えながら一応立っている姿勢で食べています。オシ○コやウ○チは私が支えながら一応トイレでしています。前脚に問題がなければカート(ワンちゃん用の車いす)も使えるのですが、前脚に負担がかなりかかるので難しいかもしれないとのことでした。

ただ、痛みは少しずつなくなっているのではないかと思います。以前痛みがあった時には一日中どよんとしていましたが、今はそんな感じはなくなりました。今後どうすればいいのかを病院で相談したのですが、今パイに効くのはやはりお灸とかレーザーであろうということでした。でも、それらが劇的に効いて軽快に歩けるということではないけれど、今以上に悪化させないこと、なるべく痛みを和らげてあげることはできるのではないでしょうか。また、マッサージやリハビリなどで足を着地する方法を忘れさせないことも大事だと言ってました。

朝一番は身体が硬直していて動きにくいのでマッサージや足の曲げ伸ばしをしてウォームアップをしてから起こしてトイレに連れていくようにしています。パイ自身はこの状況をどう思っているかは分かりませんが、今のところは食欲も普通にあり立てないことを除けば以前と同じように生活しています(でも、立てないことが一番問題なんですけどね)。これからは日々の生活のなかでたくさんの工夫が必要になってくると思いますが、パイが頑張っているうちは私も頑張りますね。皆さま、何かいいアイデアがあったら教えてくださいませ。

そうそう、温灸は気持ちいいらしくやっている間にウトウトしていたりして、終るとすぐにネムネムモードになってます。血液の流れを良くするので今後もこれは必須でしょう。難点は煙がかなり出るので家のなかがいぶされたような状態になってしまうことです。換気扇を回して窓を開けるようにしているので、早く暖かくなるようにと願ってますが、今週も気温の上がり下がりが激しいようですね。

正直なところこんなに短期間で動けなくなってしまうと思ってもみなかったので、私もパイ父もかなりの戸惑いがありますがパイを見ていると相変わらずのほほ~んとして自分の今の状況をすんなりと受け入れているように見えます。小岩の病院の先生が「パイちゃんは今もそうだけど今までたくさんのものを与えてくれたのだから、それを今度は○○さんが恩返しをするようなつもりでね。」というような意味のことを言ってました(正確にはどう言ったのか覚えてないのですが、そんなようなことだったと思います)。そうですね、どんな状況でも文句を言うわけでもなく、それをすんなりと受け入れてきたのですから、私もパイと同じようにしてあげないといけませんよね。

↓昨日、病院の待ち時間に近くの山手線の線路際の桜並木の写真を撮ってみました。お天気が良ければパイをカートに乗せてお花見にでもと思ったのですが、今日は肌寒い上にパイ父は風邪引いて具合がイマイチです。早く本格的な春になりますように。

桜は9分咲き


Secret
(非公開コメント受付中)

パイちゃんっ!!
パイちゃん、痛みがなくなってきてるのかな・・?
痛みがあって辛そうなのは、近くで見ていると「代われるものなら代わってあげたい」ですよね。。
そんななか、パイちゃんはほんとによく頑張ってますね!
ママさんも・・・。 大変だと思います。
どんなに愛しいコでも、ママさんにストレスがたまってしまうのも心配です。
でもパイちゃんがいることが、いてくれる事が、なによりの宝だと思うんです。
だから、長い気持ちで頑張ってくださいね!

パイちゃんの足、、祈ることしかできないけど・・
本気で真心こめてお祈りしてますよ!
Aちゃんは胸部分が大きな布になっているハーネスで歩行を補助していましたが、パイちゃんは前足も負担がかかったらかわいそうなので、なにか良い方法があれば・・・考えてみますね。いいアドバイスが仲間の皆さんから聞けたら良いですね!
マッサージやお灸の効果があらわれますように!
なにか良い案がでて、歩いたり、刺激を受けたりして、ちょっとでも運動したり、脳を活性して、食欲を落とさないように・・。
食欲がなくなったら体力もなくなり、心配なので・・。

パイちゃんもママさんも・・・頑張って~!!
パ、パパさん・・・お風邪ですか? お大事にしてくださいね!
MIKIさま、
いつもありがとうございます。
痛みは和らいでいるようで、毎日の生活でもどよんとしていることなく
普通の状態に戻ってきつつあります。

ハーネスは以前、前足が麻痺を起した時に介助用のハーネスを使って
いたのでそれを今回また使ってみたのですが(前足、後足の両方に
使える構造になってます)気をつけないと前足に負担がかなりかかって
しまうようです。

私も食欲がなくなることを一番心配してます。動かなくなると食欲も
落ちるし、メリハリのある一日を送ってもらうことが大事ですよね。

私は大丈夫ですよ~。パイのためならエンヤコラ~。
パイの元気が私の元気のもとですから。
No title
先生…恩返しするつもりで~・・・・。
そぅですよねぇー良い事言う先生だわ。
今までたくさん&これからもたくさんのものをくれてるんだもんっ!
はぁー!  ・・・・!
受け入れながら~気持ちよく楽しく過ごさせてあげる!ですね。
・・・・でも~パイchan自身・・・痛いのとかがなくなってるよう?!・・・・なのは楽でよかった。
後は~本当に先生も言うように~歩く事を忘れさせないように(筋肉的にも)・・・・無理せずくらいで・・・・マッサージや少しサポートしながら歩いてもらうようにですね。
パイchan・・・・ゆっくり頑張ろうねぇ。
リーchanままさま、
お陰さまで、毎日ほんの少しずつですが良い変化が見られるようになりました。
このまま順調に回復するかどうかは?ですが、痛みが少しでも和らいで
パイ自身が前向きな気持ちになってくれるといいと思ってます。

小岩の先生、ほんとに素敵な方でね、病院がもっと近かったら通いたい
病院です。
そこの病院ね、人間は入り口でスリッパに履き替えるのだけど、ワンコや
ニャンコはそのまま入ってOKなのですよん。なんかユニークなんですぅ。
プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。