*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あちっちっ~~
東京の練馬では38℃を記録したそうで、全国的に相変わらず猛暑ですが皆さまお元気ですか~~!いつになったらこの猛暑、収まるのでしょうね。9月になって秋風が吹いてちょっと寂しくなっても「あの夏の暑さが懐かしい」なんて絶対に言わないと思っているパイ母です。一週間のご無沙汰でした。暑い暑いとばかり叫んでいても鬱陶しいかもしれませんが、やっぱり暑いです。

そんな猛暑の今日、一つのお届け物がありました。8月の始めに14歳で虹の橋を渡っていったシーズーのちゃちゃちゃんへの供花のご返礼でした。たくさんの種類のフルーツゼリーと一緒にお母さんのねねさんのご挨拶状が添えられてました。その中には天使の羽が生えたちゃちゃちゃんが挿絵になってました。その絵とねねさんのご挨拶を読んでいたらなんだか鼻の奥がツンと来てしまいました。長い年月を一緒に暮らした愛犬を亡くすのは本当に辛いことですよね。まだまだその悲しみが癒えないだろうにご丁寧にありがとうございました。

ねねさんよりのお届け物。


* * * * * * * * *

さて、パイさまですが、先週の金曜日、自宅での点滴2回目も無事に終了。おとなしくお利口さんに出来ました。輸液のバッグに圧力をかけて輸液が流れやすいようにする加圧バッグがあるのですが、最初は病院のを借りていたのですが2回目からは新しいのを購入。病院のがかなり古いのだったので少し使いやすくなりました。まあその他細かいことが色々とありますが、それは追々書いていきますね。

夜鳴きは相変わらず続いてますが、少しずつパターン化されているような気がします。本格的に認知症になってきたのか、後ろ足が不自由ながらも旋回をするようになりました。ただ自分一人(一匹?)では中々思うように動けないので私が介助してあげながら動かしています。ある程度動くと気が済むらしくおとなしくなるので、パイが動きたいようにやらせています。病院でもムリに止めさせてもなんとかして動こうとするだろうから、怪我をさせないように動かしてあげてくださいと言われました。人間と同じでいわゆる「まだら呆け」(すいません言葉が悪くて)という状態で、色々なことが分かっている状態とそうでない状態の時があるようで、切ないこともありますが、気長に付き合っていかないといけないと思っています。

昨日、ネットで犬の認知症のことを検索していてヒットしたサイトで「老犬を介護していくのは体力も気力もいることだし、辛くなることもあるかもしれません。そんな時は愛犬との楽しかった時間を思い出して相手をしてあげてください。何よりも飼い主がいつも明るくいることが大事。悲しい顔を見るのはやはり愛犬も辛いのです。」とありました。1週間に一度の通院で看護師さんや先生にグチを言ってしまうことも多くなりました。でも、病院へ行くとなぜか気持ちが「ほっ」とするのです。自分では大変だと思っていることも先生や看護師さんは暗くならずに明るく受け止めてくれます。それと、パイにはちょっと申し訳ないと思うのですが、朝の仕事が気分転換になるのか(仕事はちょっときついのですが)終って家に帰るとまた新たな気分で「今日も頑張ろう」と思えます。

本日のパイさま↓ちょっと写真がボケてますが元気に動いてます。この頃食欲も復活、お薬も抵抗しながらも飲んでくれてます。今日はあの猛暑の中、病院にも行ってきました。

元気だよ~~!




Secret
(非公開コメント受付中)

No title
毎日本当に暑いですね^^;汗かきの私は昨日お風呂上りにふっと鏡を見て見つけちゃいました!!お腹と胸の間に大きなあせも・・・。今日は汗だくだったから仕方ないかと諦め、てんかふパタパタ^^;。
母さんにとってはまだらちゃんはちょっと寂しいかもしれませんが、分かっていない時のパイちゃんは色々ものから解放されて少し楽かもしれませんね。
私は仕事が気分転換になってフレッシュな気分でパイちゃんに接する事ができるなら、良い事だと思います^^
いつも応援しています!!パイちゃ~んひよちゃんも頑張ってるからね~
No title
ちゃちゃちゃんの挿絵のように、Aちゃんも天使の仲間としていると思います。。

ママさん、こちらも暑いです(@@;))))~~
パイちゃん、ぐるぐる回るようになりましたか。
うちも同じでした。 夜中も、日中も、グルグル回らないと気が済まないのかと・・・。後ろ足が不自由になっていた頃だったので、ハーネスをつけたり、間に合わない時には、大きめのタオルをお腹にあてて、上から補助したりして。
ぐるぐるに私と母で、付き合ってました。
足が不自由になっても、うんPやおしっこは外でするのが好きだったので、外にでても、ぐるぐる・・・・。
雨の日は、駐車場の屋根の下でグルグル・・・。
ママさんも、頑張って付き合ってあげてください。
自分の家族になってくれたお礼ですよね。。
そんなことを書きながら、泣きそうになっていますが・・・。
パイちゃんがゴハンが食べられて、ママさん、パパさんと穏やかに過ごせることをいつも祈ってます!
あぢぃ~ねぇ
昨夜、今と凄い雷がぁ 

この異常な暑さに負けないで食欲復活のパイちゃんは凄い  
何よりなお知らせにホッとしています。  

母さんが時折、切なくなる思いを察すると胸に込み上げるものが… 

母さんが気分転換をしながらパイちゃんへ接する事でパイちゃんも安心するのではないかなぁ? 

上手く言えないけど母さんのパイちゃんへの思いに感動している私。 
1日も早く秋の匂いが欲しいねぇ。もう少しだと思うから身体をなるべく休ませながら頑張ってね。
ひよママさま、
おや、ひよママさんはあせもができてしまったのですか?ふふふ、ひよママさんの
肌は赤ちゃんのようにデリケートなんですね^_^; この暑さですからね~
あせももありでしょう。しっかし「てんかふん」、懐かしい言葉です。

この頃、パイは我慢をしなくなりました。今までおとなしく出来ていたことが
今は必ずひと言文句。看護師さんが言ってましたが、若いころおとなしかった
コは歳をとると文句が多くなるそうです。パイもやっぱり色々なことを我慢して
いたのでしょう。むしろ今のパイが本当のパイなのかもしれませんね。

ひよちゃん、アンヨの具合が良くないようで専門医に診てもらうそうですね。
原因がはっきり分かるといいですね。
MIKIさま、
後足が不自由なのにそれでもぐるぐると回りたいようです。看護師さんは
「パイちゃんだって動きたいときがあるだろうから動きたいときは動かせて
あげた方がいいですよ」と言ってました。そうですよね、パイだって自分の
意志がありますよね。まあそんなに長い時間動いているわけではないし
パイがやりたいようにやらせてあげてます。

そう楽しい時も悲しい時もいつもそばにいて慰めてくれたり、いやなことも
嫌いなことも我慢して良い子でいてくれたお礼です(って、私もこれを
書いていたら涙が出てきた)。最後までパイに付き合うぞ~~!と、さっき、
トイレの窓から空をながめながらあらためて誓いました。(なぜトイレ?とか
聞かないでくださいね)

今、私の足元でいびきをかきながら気持ち良さそうに寝ています(^o^)
ももママさま、
今日も暑かったですねぇ。もう一体いつまでこの暑さが続くのやら・・・
そちらは昨日は雷雨だったのですね。少しは涼しさを感じることが
出来たでしょうか。

大切な我が子への思いはママさんもきっと同じだと思います。
ママさんがももちゃんのために頑張ってきたように私も今パイのために
出来る限りのことをしてあげようと思っています。常に献身的な気持ちで
いられない自分にちょっと反省。やるならちゃんとやらなければね。

秋の風が恋しいです。でも、今年は残暑も厳しいそうで9月になっても
暑いのかなぁ・・・(@_@)
あぢいね~
毎日クソ暑くて、今年の暑さは異常だよね。
そんな中、通院やお仕事、お疲れさ~ま。

パイちゃんのこと・・・・切なくなっちゃうね。
でも、パイちゃんが長生きして来て証拠だもんね。
我慢強かったパイちゃんが我慢しなくなってきてるって。
今のスリーピーでさえ、我慢しなくなって来ているのに
これ以上・・・と思うと、ちょっと怖い気がする(-_-;)

人の介護もそうだけど、介護は気分転換と気晴らしが必要だよね。
老犬を介護することは心身ともに
大変なことなんだと、つくづく思うよ。
パイ母さん、たまには愚痴や弱音を吐き出しながら
大変だけど頑張ってね。
私もお父ちゃんもパイちゃんとパイ母さん、
パイ父さんをいつも応援しているよ~。
まだまだ暑い日が続くみたいだから、体に気をつけてね。
返事はいらないっす(^_^)v
お疲れ様です
やっと、夜は涼しくなってきた北の大地です。
ずっと通っていた病院で加圧バッグ付きで借りた記憶があります。

夜鳴きは、本当に切ないものです。(=_=)集合住宅なので”音”などの苦情も気掛かりですが、毎日ではないですが、不安などや痴呆の兆候でぐるぐると動き回り、鳴くのから始まって1年強です。病気や老化などから来る脳の発作で大音量で鳴かれてしまう、ぐるぐると動くので隙間を埋めたり、動けなくなったら横にずってしまうし。
脳の発作は心臓の発作を誘発するので薬を飲ませなければならないし、排泄の介助や水分の補給などやシリンジご飯もあり、、何時、寝て起きていたのか?覚えてません。先生から厳しいことしか言われないし、目の前の子が愛しくて仕方なくて失いたくないし、葛藤や動揺を抱えながら本当に精神的にも体力勝負でした。
今、頑張らないと何時頑張るんだろうかって、、。この子が居たから私の今はあるとか、、。十数年という歳月を暮らした特別な思いが今も消えません。
動けなくなり、眼も見えなくなり、双方の角膜も傷付いても君は、ママとずっと一緒で
大切なママの子だよってて頭を撫でて話したらうっとりした顔でにゃ~んって鳴いてました。とうとう、猫化したのかも知れないけど。
パイ君と母さんの太い絆や気持ちは通じてるって感じてならなくて涙がこぼれました。
残暑の厳しい折、どうか、頑張って下さいね。
応援しか出来ず、、。申し訳ないです。レスや更新も気にせずにです。o(^-^)o


No title
パイちゃん、動く元気もあって食欲もあって良かった!!

実家のつくは、狭いところに入り込んで行って出て来れなくなった
ので、隙間を作らないようにしていたなぁ~。
ずーっと立ったままだったりという痴呆も見られました。
ぐるぐるもありましたよ。
徘徊もあったし、トイレのときの介助も必要でした。

パイ母さんのブログを読んでいて あのとき私はつくちゃんに
どれくらい笑顔でいられたのだろうか・・・と 今さら反省しました。。
つくちゃん、ごめんね。。

つくは15歳だったけど、パイちゃんは19歳!!!
本当に すごいことだと思いますe-267

パイ母さんの切ないお気持ち、毎回お察しします。。

話を聞いてくれる病院の先生や看護士さんたちに
どんどん話して 気分転換もしながら どうか無理せずに・・・。
ピノコさま、
そうね、あれもこれも長生きの証拠だよね。
今、感じていることもパイがいなかったら出来ないことだと思っているのよん。

看護師さんが言ってたけど、若い頃に我慢をしてきたコほど歳を取ると
我がままになって我慢ができなくなるのだって。だから今のパイを見ていると
その言葉に頷けるのだわ。

パイの場合今はまだまだらの状態なので、私や旦那のこと自分の日常の
あれこれは分かっているみたいだけど、もっと進んで私や旦那のことが
分からなくなってしまったら切ないよね(T_T) 歳を取っていくスピードが
そんなにも早いものだっていうのを目の当たりにして、私たち自身が
戸惑っているって感じかなぁ、今は。パイの保護者としてもっとデンと
構えていないといけないのだけど、何かあるたびにオロオロしてるし、
パイの早さに着いて行けないのよ~~ん。

いつも応援ありがとうね。訪問してくれる皆さんには温かいメッセージを
いただいて、ほんとに感謝しているだす。皆さんに支えられながら
頑張るわ~(ってあんたは政治家か?のようなコメントだわ。)

また暑い日が来るらしいから、ピノコさんも体調に気をつけてね。
ぶんままさま、
いえいえ、暖かく見守ってくださり、応援してくださってくれてありがとうございます。

ぶんちゃんと同じ道を今、パイも歩んでいます。この先どんな風に進んで
いくのかは分かりませんが、私たちがどっしりと構えていなければと
思っています。

残暑厳しおり、お互いに体調に気をつけて頑張りましょう。
sanaさま、
どのコもみんな辛い思いをして虹の橋をわたって行かなければならないのですよね。

この先のことを考えるとほんとに切ないのですが、まああまり先のことは
考えずに日々を過ごしています。ま、たまにお茶目なことをしてくれるので
それが笑いを誘ってくれて、パイに助けられています。でも、辛い時は
中々笑顔で接するのは大変ですよね。昨日の夜中3時頃に起きて、中々
寝てくれないときには、思わずパイが我が家のコになった時のことを
思い出して自分の気持ちを落ち着けました。

この頃の口癖「ま、19歳なんだからしょうがないよね。」です。
プロフィール

パイの母

Author:パイの母
天使になって旅立って行ったパイ。いつまでも私の心の中で生き続けていきます。
お気が向いたら犬占いやってみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
ブログ内検索
RSSフィード
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。